夏の服装と過ごし方

生後4ヶ月の服装│夏服の選び方!お出かけ・寝るときの服装も紹介!

生後4ヶ月を過ぎると首がすわる赤ちゃんが増えてくるので、夏の服装と肌着選びもぐんと幅が広がってきますね!

頭からかぶせるボディスーツや、肩にボタンが付いたTシャツなど、新生時期には着せられなかった服装ができるので選ぶ楽しみも増えてくる時期です。

また、エアコンを使う場合は体を冷やさず快適な服装をさせてあげることが大切ですが、どんな服装がいいのでしょうか?

ここでは、生後4ヶ月の夏の服装は何を着せる?お出かけ・寝るときの服装も紹介!と題してお話ししていくので参考にしてくださいね☆

生後4ヶ月 夏の服装の選び方

生後4ヶ月首がすわって体の動きが増えてくる生後4ヶ月頃の赤ちゃんは、夏は少し動いただけでびっしょり汗をかいてしまうことがあります。

そんな夏こそ、吸湿性が高くて涼しい綿素材の服装を選んであげるのが大切です。

ナイロン素材の可愛いベビー服もたくさん販売されていますが、吸湿性が悪く汗疹ができやすいので注意が必要です。

汗をたくさんかく夏の服装は吸湿性・通気性に優れた綿・ガーゼ・フライス素材のものを選ぶと夏の肌トラブルを回避することができますよ!

室内で過ごす時の服装の選び方

まず、生後ヶ月の赤ちゃんが室内で過ごす場合は、お腹がすっぽりかくれるボディ肌着一枚の服装が快適に過ごすことができますよ!

肌着で過ごすなんて可哀想と思うかもしれませんが、気温が25℃前後あると赤ちゃんは暑くてグズグズしてしまうので、そんな時はベビー服を脱がせて肌着だけにしてあげましょう。

そうすると、涼しくなってグズグズがおさまることもありますよ!

ボディ肌着は別名ボディスーツとも呼ばれていて、頭からかぶせて股下をスナップボタンで留めるタイプの肌着で、前にボタンが付いている前開きタイプと、頭からかぶるタイプがあります。

首がしっかりすわった生後4ヶ月の子ならかぶるタイプも着られますが、着替えやすさを考えると腰がすわるまでは前開きタイプのボディ肌着の方がおすすめです☆
おすすめのツーウェイオール

矢印アイコンツーウェイオールの人気ランキング(楽天)

外出時の服装の選び方

生後4ヶ月の赤ちゃんの外出時の服装は、肌着の上に夏用のカバーオールやロンパースを着せてあげるのが基本です。

ただし、生後4ヶ月頃の赤ちゃんはとても暑がりで汗かきなので、肌着+ベビー服の重ね着を暑がる場合もあります。

赤ちゃんが汗をかいたりグズグズして暑がっている様子の時は肌着は着せず、ベビー服の下に汗取り用のガーゼを挟むようにして汗対策をするようにしましょう!

生後4ヶ月頃の赤ちゃんの夏の服装は可愛い物を選ぶことより、涼しく快適に過ごせてお肌を守ってくれる素材の肌着やカバーオール・ロンパースを選んであげてくださいね☆

寝るときの服装の選び方

生後4ヶ月の赤ちゃんが夏に寝るときの服装を選ぶ時は、暑くなりすぎない服装を選ぶことも大切ですが、寝冷えを防ぐことも頭に入れて選ぶようにしたいところです。

この頃になると、赤ちゃんも足の力が強くなり、布団を何度かけなおしても足で蹴る→体が出てしまうことが多くなり、寝冷えをしてしまうことも…

そんな生後4ヶ月の赤ちゃんの寝るときの服装は、肌着+半袖ロンパースを基本として、寝冷えが心配なようならその上に夏用スリーパーを着せて寝かせるようにしましょう。

おすすめのスリーパー

矢印アイコンスリーパーの人気ランキング(楽天)

Sponserd Link

エアコンを使う時の服装と注意点

生後4ヶ月の赤ちゃん暑くなってくるとエアコンを使う頻度が増えますが、生後4ヶ月の赤ちゃんがエアコンで過ごす時の服装は、大前提として体を冷やさない服装をさせることが大切です。

体をひねるようなしぐさも見られるようになり、肌着がめくれてお腹が出てしまわないように、つなぎタイプのボディ肌着を着せてあげるのがおすすめです。

また、エアコンを付けているから冷えないように…と何枚も重ね着をさせてしまうと暑くなりすぎてしまい汗をたくさんかくこともあるので注意が必要です。

エアコンを使う場合は、赤ちゃんの様子を見ながら臨機応変に服装を調節してあげましょう。

外出先のエアコン対策も忘れずに!

夏は外出先の商業施設やお店が冷房が効きすぎて寒い場合も多く、冷えすぎていて驚いてしまうこともあるので、体温調節用にベストやカーディガンなどさっと羽織れる物を持って行くようにしましょう。

また、生後4ヶ月頃の赤ちゃんの夏の肌着・服装は足が出たままのものが多いので、特にエアコンを使う時は足元の冷えが心配ですよね。

そんな時は、ふくらはぎを温めてくれるレッグウォーマーがおすすめです。

冷え対策として靴下を履かせるという方も多いですが、赤ちゃんは足の裏からも熱を放出して体温調節をしていることから、靴下ではなくふくらはぎ全体をガードしてくれるレッグウォーマーが◎

赤ちゃん用の物はとてもコンパクトなので、外出時に冷房が効いていて寒かった場合にもバックに入れて持って行くとさっと使うことができて便利ですよ!
おすすめのレッグウォーマー

矢印アイコンレッグウォーマーの人気ランキング

SponserdLink>

まとめ

今回は生後4ヶ月の夏の服装は何を着せる?お出かけ・寝るときの服装も紹介!と題してお話ししてきましたが、いかがでしたか?

生後4ヶ月の赤ちゃんは首がすわっている子が多くなり、服装を選ぶ幅が広がってくるので楽しみですね!

早い子は寝返りをはじめる時期なので、夏はなるべく動きやすくて涼しい服装をさせてあげましょう。また、エアコンを使う場合は、カーディガンやスリーパーで上半身を冷気から守り、足元はレッグウォーマーを活用することで、体を冷やすことなく安心ですよ。

はじめて過ごす生後4ヶ月の赤ちゃんの夏が元気に過ごせるように、肌着・服装はもちろん、過ごしやすい生活環境を整えてあげるようにしてくださいね☆

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました!

Scroll Up