夏の服装と過ごし方

赤ちゃんは夏の夜は水分補給が必要?熱中症を防ぐ飲み物と与え方も!

ミルクを飲んでいる赤ちゃん

夏は寝苦しい夜が続くので、大人でも寝ていても暑さで目が覚めて喉が渇いて水分補給をすることもありますよね。

そんな夏の夜、赤ちゃんに水分補給は必要なのでしょうか?

わざわざ起こしてまで水分補給をする必要があるのか?疑問に思っているママも多いと思います。

赤ちゃんは大人よりも体温が高くて暑がりで寝汗をたくさんかくので、夏の夜は当然喉が渇くので水分補給が必要になりますが、熱中症を防ぐ飲み物は何なのでしょうか?[/chat]

今回は赤ちゃんは夏の夜は水分補給が必要?熱中症を防ぐ飲み物と与え方も!と題してお話していきます!

赤ちゃんは夏の夜に水分補給が必要?

ミルクを飲んでいる赤ちゃん夏の夜、授乳のタイミングではないのに赤ちゃんが泣くことがあると、もしかすると喉が渇いて泣いているということがあるかもしれません。

赤ちゃんはまだ言葉を話すことができないので、ミルクや母乳の時間でもないのに泣いたら「喉が渇いたのかな?」と考え、水分補給をしてあげるようにしましょう。

赤ちゃんは朝までぐっすり寝ることは少ないですが、例えば夜中に泣いていないのに無理矢理起こしてまで水分補給をする必要はないですよ。

夜中に泣いたタイミングを見計らって水分補給をするようにしましょう!

熱中症を防ぐ飲み物は?何を飲ませたらいいの?

夏の夜赤ちゃんが泣いた時、水分補給のためや熱中症を防ぐために何を飲ませたらいいのかというと、 基本は母乳、ミルクで大丈夫です。

わざわざ湯冷ましやお茶を準備してあげる必要は特にありません。

母乳やミルクは温かいので暑い夏の夜の水分補給には適していないのでは?と思われるかもしれませんが、授乳中は基本的に母乳とミルクだけでOKだと言われています。

母乳の場合は、泣いたら時間でなくても水分補給のためにあげても大丈夫ですよ!

また、夏の夜に赤ちゃんがグッスリ眠れない・・・そんな時は、ひんやり冷たいベビーマットを敷いてあげるのがおすすめですほ☆

おすすめのひんやりマット
矢印アイコンひんやりマットの人気ランキング

わざわざ起こさなくてもOK!

寝ている赤ちゃん暑い夏の夜でも、全く起きずに朝までぐっすり寝る赤ちゃんもいますよねそんな時は、赤ちゃんをわざわざ起こしてまで水分補給する必要はありません。

もし心配ならば、目覚めてから早めに母乳やミルクをあげて水分補給させてあげれば、脱水症状になる心配はないので安心してくださいね!

熱中症や脱水症状に気をつけながら、夏の夜の赤ちゃんの水分補給をしてあげてください☆

まとめ

今回は赤ちゃんは夏の夜は水分補給が必要?熱中症を防ぐ飲み物と与え方も!と題してお話してきましたが、いかがでしたでしょうか?

夏の夜は大人も喉が渇いて目を覚ますことがあるように、赤ちゃんも喉が渇いて頻繁に目を覚ましてしまうことがあります。

そんな時は、いつものように授乳したり、ミルクを飲ませてあげるようにしましょう。

ミルクの回数が多いようなら、湯冷ましや麦茶を飲ませてあげても大丈夫ですよ!

水分補給が足りないと熱中症を引き起こしてしまう可能性もあるので、こまめな水分補給を心がけてくださいね!

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆




ーママと赤ちゃんの成長記録アプリ
ミルケア / 妊娠・出産・子育て情報

ミルケア / 妊娠・出産・子育て情報
無料
posted withアプリーチ
ー子供服、ベビー服の人気ブランドが最大80%オフな通販アプリ
smarby(スマービー) ママのための通販アプリ

smarby(スマービー) ママのための通販アプリ
無料
posted withアプリーチ
おすすめ記事