夏の服装と過ごし方

    赤ちゃんの虫刺されでしこり・腫れ・水ぶくれができた時の対処法

    虫刺され

    春~夏にかけて、外で遊ぶ機会が増えていくと、赤ちゃんがに虫に刺される機会も多くなり心配ですよね。

    虫刺されはいくら気をつけていても避けては通れないことですが、症状によっては、しこり・腫れ・水ぶくれになったり、激しい痒みが現れたりする場合もあるため適切な処置が必要です。

    特に、まだ小さな赤ちゃんは、痒みを伴うため、我慢できずにかきむしってしまい、炎症が悪化してしまうこともあるので早く対処してあげたいですよね

    また、虫さされで、患部にしこりや水ぶくれができてしまうと、完治するまでに時間がかかってしまうため、虫にさされたら早めに対処することが最も大切です。

    ここでは、虫さされが原因で、赤ちゃんに腫れ・しこり、水ぶくれができてしまった時の対処法と、病院に行く目安についてお話しします。

     赤ちゃんに虫さされが原因で、腫れ・しこり・かゆみが出た時の対処法

    虫刺されママやパパが虫に刺されても、少し赤くなるだけで市販薬を塗ればすぐに治るのに、赤ちゃんが虫さされで腫れたりmしこりや水ぶくれになってしまうと驚いてしまいますよね。

    虫にさされた時の反応は人それぞれで、赤くなるだけの子もいれば、アレルギー反応をおこし、大きく腫れて皮膚が固くなり、しこりになってしまうこともあります。

    また、大きな水ぶくれができてしまう子もいます。

    とくに、赤く腫れたり、しこり・水ぶくれができてしまうと、痒みがよりひどくなってしまうため、そうなる前に虫刺されに効果のある軟膏やかゆみ止めを塗り対処するのが適切です。

    保冷材で冷やして掻かせないように工夫しよう!

    虫刺されによる腫れ・しこり・水ぶくれの最もよい治療法は、とにかく掻かないことです。

    ですが、それが赤ちゃんとなると、どうしても掻いてしまいますし、四六時中見張っておくわけにもいかないのが悩みどころですよね。

    虫刺さされの厄介な点は、やはり痒みです。

    もしも、赤ちゃんが虫に刺されたのなら、早めに薬を塗って、かゆみがある時には患部を保冷剤で冷やすようにして、かゆさの不快感を取り除いてあげるのがおすすめです。

    また、虫刺されによる腫れなどの症状がひどくなってきたらすぐに病院(小児科・皮膚科)を受診するようにしましょう。

    赤ちゃんの虫さされで病院に行ってもいいの?

    病院を受診している赤ちゃん「虫さされぐらいでで、病院に行ってもいいの?」と、ためらう方もいますが、皮膚科または小児科を受診して大丈夫です。

    赤ちゃんの皮膚に虫さされによる腫れ・しこり・水ぶくれができてしまったなら、病院の診察を受けて適切な処置をしてもらうのが得策ですよ。

    虫刺されによる腫れ・しこり・水ぶくれを放置すると、患部が更に大きくなって痒さが増し、掻きむしって血が出たり、別の炎症を起こしてしまいます。

    赤ちゃんなら尚更掻いてしまったりするので、完治するまでに時間がかかってしまうこともあることおも考えられます。

    虫刺されで赤ちゃんに腫れ・しこり・水ぶくれができたなら、たかが虫さされと思わず、早めに病院を受診するようにしましょう。

    病院に行く目安は?

    一例ですが、赤ちゃんが虫に刺されて病院を受診する目安を紹介します。

    • 腫れ・水ぶくれ・しこりが治らない。
    • 市販の薬を塗ってもなかなか赤みや、痒み・痛みが取れない。
    • ハチや毛虫など、毒性のある虫に刺された。

    このような場合には、例え腫れ・しこり・水ぶくれができていなくても、直ちに医者の診察を受けるようにしましょう。

    また、激しい痒みがあるにも関わらず、その状態を放置していると、赤ちゃんが掻きすぎて、とびびを起こす危険性もあります。

    病院に行って診察を受ければ、症状によって適切な処置をしてくれますので、治りも早くなりますよ。

    虫さされの患部の症状には個人差がある!?!

    薬を塗っている赤ちゃん柔らかくて産毛のような細い毛しか生えていない赤ちゃんのお肌は、蚊などの害虫に狙われやすく、うっかり虫除けをするのを忘れるとすぐに虫にさされてしまいますよね。

    しかし、赤ちゃんは新陳代謝が活発なので、軽い虫さされ程度なら薬を塗らなくても治ってしまうこともあります。

    また、赤ちゃんの体質によっては、虫さされの患部がしこりになったり、ぷっくり赤く腫れて熱を持ってしまいしこりになるということもあります。

    そうなると、市販の虫さされ軟膏では対処しきれないので、再病院を受診して適切なお薬を処方してもらうようにしてくださいね!

     患部に触らないようにして衛生に!

    また、赤ちゃんの虫刺されを早く治そうとして、しこりや水ぶくれをつぶそうとするのは、絶対にやめましょう!

    しこり・水ぶくれをつぶし、その汁が他の部位につくと、水ぶくれがその部位にまで感染してしまいまう可能性もあります。

    衛生的にも良くないので、出来るだけつぶさないように細心の注意を払っておくことが大切です。

    赤ちゃんは、大人よりも汗をかきやすいため、蚊などの虫をとても引き寄せやすいので、虫にさされてしまうのはある程度は仕方ないことかもしれません。

    でも、外にでかける際には、虫除けなどを上手に使って虫さされを防止できるようにしてお出掛けするようにしましょう!

    まとめ

    いかがでしたか?赤ちゃんの皮膚は柔らかく、蚊などの害虫に刺されやすいので、お出かけの前に虫さされ対策をしましょう!

    色々な虫除けグッズが販売されていますが、お肌に塗るタイプの虫除けは赤ちゃんが使っても大丈夫なものか?必ず確認することも大切ですよ。

    以外と塗り忘れてさされてしまいがちな足の指や、耳~うなじにかけての部分にもしっかり塗って上げるようにしましょう。

    また、キンダベートなど処方されたお薬をお持ちなら、万が一外出先で虫さされになってしまった時にさっと塗ることができるので、忘れずに持って行くようにしてくださいね☆






    ー子供服、ベビー服の人気ブランドが最大80%オフな通販アプリ

    smarby(スマービー) ママのための通販アプリ

    smarby(スマービー) ママのための通販アプリ

    無料

    ★★★★★★★★★★

    おすすめ記事