夏の服装と過ごし方

夏の抱っこ紐の暑さ対策はどうする?おすすめの夏用抱っこ紐の選び方

ちゃんとお出かけに抱っこ紐を使っているママも多いと思いますが、暑い夏の日に抱っこ紐でお出かけすると赤ちゃんが暑くないのかな?と心配になりますよね。

ただでさえママと密着する抱っこ紐の中は熱がこもりやすく、更に夏の暑さも加えるとまさに蒸し風呂状態で汗だくになってしまいます。

それでも、お出かけに抱っこ紐を使わないといけない・・・そんな時は、保冷材やメッシュ素材の抱っこ紐を使って、赤ちゃんのための暑さ対策をして快適に過ごせるようにしましょう!

また、夏のお出かけは抱っこ紐とベビーカーのどっちがいいのか?迷ってしまいますよね。

今回は夏の抱っこ紐の暑さ対策はどうする?ベビーカー とどっちがいい?と題してお話していくので参考にしてくださいね!

夏の抱っこ紐の暑さ対策はどうする?

抱っこされている赤ちゃん赤ちゃんとの夏のお出かけに抱っこ紐を使う際におすすめの暑さ対策として、色々な抱っこ紐だけでなくベビーカーにも使える保冷・保温シートがおすすめです。

冷凍庫で冷やしても固まらないジェルパックは、赤ちゃんの体に優しくフィットして、背中付近を夏は25℃前後に3時間保ってくれます。

そして、パイル生地が汗を素早く吸収してくれるので、お肌もさらりと快適ですよ~

装着方法は紐で結んで固定するだけなので、エルゴをはじめ色々なメーカーの抱っこ紐だけでなく、ベビーカーにも使うことができてとても便利ですよ!

UV加工&撥水加工のケープが夏の抱っこ紐でのお出かけに大活躍!

夏の抱っこひもでのお出かけは、暑さ対策と紫外線対策だけでなく、急な雨に見舞われることも多いので、UV加工と撥水加工が施されているベビーケープがおすすめです。

ベビーケープと言えば秋冬用の厚手のもののイメージが強いですが、春夏用のケープは赤ちゃんのお肌に触れる面は通気性の良いメッシュ素材でできているので蒸れることなくさらりと快適!

抱っこひもけでなくベビーカーにも簡単に取り付けられるので、春夏の色々なお出かけシーンに使えるので、1枚持っているととても便利ですよ~

夏の暑い時期に抱っこひもを使うと、密着して暑くなってしまうのにケープを付けるのは抵抗がある…。というママもいると思います。

確かにケープを付けると暑くなりそうな感じがしますが、ケープを選ぶときに「春夏用」と記載があるものを選べば赤ちゃんが暑くなりすぎることなく快適に過ごせますよ。

それでも暑そうな時は抱っこひもで外出する時は薄手の服装を選び、ケープを使って赤ちゃんのお肌を紫外線から守るようにしてくださいね!
Sponserd Link

夏におすすめの抱っこ紐の選び方

抱っこ紐抱っこ紐はママと赤ちゃんが密着してしまうので、もともと大人よりも体温が高い赤ちゃんは、 ママと抱っこ紐の間に挟まれてどんどん蒸れて夏は特に暑くなってしまいます。

抱っこ紐から赤ちゃんを下ろしたら、ママの胸元が汗でびっしょり!なんてことも。。。

そんな暑い夏には、メッシュ素材の抱っこ紐がおすすめです。

メッシュ素材の抱っこ紐なら通気性が良くて、夏のお出かけでも赤ちゃんもママも快適に過ごせますよ☆

丸洗いができる抱っこ紐が◎

赤ちゃんは体温調節機能がまだ発達していないため、夏の暑さの中で抱っこ紐でお出かけすると汗をたくさんかいてしまいます。

通気性のいい抱っこ紐を使用していてもやはり汗や汚れは気になるので、丸洗いできるタイプがおすすめです。

通気性の良い抱っこ紐は乾くのも早いため、毎日洗って清潔な状態にして赤ちゃんとお出かけすると汗疹を防げまますよ。

夏の赤ちゃんとのお出かけには、通気性のいい抱っこ紐を使って快適な時間を過ごせるようにしましょう♪
SponserdLink>

夏生まれの赤ちゃんの抱っこ紐の選び方

抱っこ紐夏生まれの新生児の赤ちゃんが抱っこ紐を使えるようになるのは、専用の新生児用パット(インサート)を使うと生後すぐから、新生児用パットを使わない場合は首がすわってから(4ヶ月頃から)になります。

横抱き用の抱っこ紐も販売されていますが、横抱きをするのは新生児の頃だけでその後は縦抱きがメインになるので勿体ないですよね。

夏生まれの赤ちゃん用に抱っこ紐を準備する時は新生児用パットがセットになったものがおすすめです。

次に、夏生まれの新生児の赤ちゃん用の抱っこひもの選び方のポイントと、あると便利なおすすめアイテムを紹介します☆

新生児用パット付きの抱っこ紐が◎

夏生まれの新生児の赤ちゃんに抱っこ紐を使うときは、首がすわるまでは新生児用パット(インサート)が必ず必要になります。

新生児用パットは全身を包んで赤ちゃんをサポートしてくれますが、通気性・吸湿性に優れているので夏生まれの赤ちゃんにも安心して使うことができますよ。

また、夏生まれの新生児の赤ちゃんに抱っこ紐を使って外出できるのは、生後1ヶ月を過ぎてからになりますが、その頃はまだ暑くて紫外線が強い時期です。

お肌の弱い新生児の赤ちゃんにとって紫外線から受けるダメージはとても大きく、熱を持って赤く腫れてしまうことがあるので注意が必要になります。

抱っこ紐で赤ちゃんを抱っこした上にクリップで取り付けるだけで紫外線から守ってくれ、ベビーカーにも使うことができるので1枚持っていると重宝しますよ!

まとめ

今回は夏の抱っこ紐の暑さ対策はどうする?おすすめの夏用抱っこ紐の選び方と題してお話してきましたが、いかがでしたでしょうか?

暑い夏、抱っこ紐の中の赤ちゃんは体温が上がって暑くなりすぎてしまうこともあるので、アイスノンを使ったり、メッシュタイプの抱っこ紐を使うのがおすすめです。

また、UVカット・撥水加工がされているケープを一枚持っていると、夏の暑さ対策・紫外線対策・雨対策などマルチに使えて便利ですよ!

夏も暑さ対策をしっかりして、赤ちゃんと抱っこ紐でのお出かけを楽しんでくださいね。

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆

Scroll Up