夏の服装と過ごし方

生後1ヶ月の服装│夏服の選び方!お出かけ・寝るときの服装も紹介!

生後1ヶ月

暑い夏が始まりましたね!

大人でも暑さで参ってしまう時期ですが、まだ体温調節機能が未熟な生後1ヶ月の赤ちゃんの夏の服装は、何を着せたらいいのか?迷ってしまいますよね。

この頃の赤ちゃんはまだ体温調節機能が未熟なので、環境や室温によって臨機応変に調節してあげる必要があります。

例えば、夏の暑い日にエアコンをつけない室内で過ごす場合は短肌着1枚でもOKですが、エアコンをつけたり肌寒い時は上に長肌着かコンビ肌着を着せてあげましょう。

今回は生後1ヶ月の夏の服装は何を着せる?お出かけ・寝るときの服装も紹介と題してお話ししていくので、参考にしてくださいね。

生後1ヶ月の服装│夏服の選び方

生後1ヶ月新生時期の赤ちゃんは基礎代謝が活発な上、生後1ヶ月を過ぎると手足が元気に動く赤ちゃんが増えてくるので、夏は更に体温が上がりやすくなってきます。

体温調節が難しいから…と言って肌着+ベビー服の重ね着をさせると暑くて汗をたくさんかいたり、グズグズしてしまう原因にもなってしまうので、様子を見ながら服装を調節していきましょう。

また、肌がデリケートで汗疹ができやすいので、綿素材の肌着を用意してこまめに着替えをさせてあげるように心がけることで、肌トラブルを未然に防ぐこともできますよ!

室内で過ごす時の服装の選び方

気温が高い夏に生後ヶ月の赤ちゃんが室内で過ごす時の服装は、肌着1枚の方が快適に過ごすことができます。

ただし、丈の短い短肌着を着せていると、体の動きでお腹がめくれてきてしまい、お腹が冷えてしまうことがあるので注意が必要です。

そんな時は、短肌着ではなく股下をスナップボタンで留めることができるコンビ肌着を着せてあげると、お腹が出て冷える心配がないので安心ですよ。

また、背中に汗をかきやすいので、ガーゼタイプの汗取りパッドを背中に挟んであげると、汗疹の予防になるのでおすすめですよ。

夏の外出時の服装の選び方

生後1ヶ月の赤ちゃん生後1ヶ月を過ぎるとお散歩など外出が可能になるので、外出するときは肌着+夏物のツーウェイオールを着せてあげましょう。

お肌がデリケートなので、肌着・ベビー服共に通気性に優れた綿素材のものを選び、気温に合わせて肌着1枚、または肌着+ツーウェイオールを重ねた服装にするようにしてくださいね。

ツーウェイオールは、夏用の可愛いデザインのものも沢山販売されているのでチェックしてみて下さいね![夏ツー]

寝るときの服装の選び方

生後1ヶ月の赤ちゃんが寝るときの夏の服装は、基本的に短肌着+ツーウェイオールのいつもの服装で寝かせてあげれば大丈夫です。

ただし、エアコンをつけずに寝かせる場合は、この服装+掛け布団では暑くて汗をたくさんかいてしまうので、短肌着+コンビ肌着にしてあげましょう。

この時期は体温調節機能が未熟で、室温とともに体温も上下してしまうので冷えすぎないように注意が必要です。

寝ている時も赤ちゃんの様子を見たり、肌(お腹の部分)を触って冷たくなっていないか?を確認して、臨機応変に服装を選ぶようにしてくださいね。

1ヶ月検診の服装の選び方

1ヶ月検診や、短時間のお散歩ができるようになりますが、外出する時の赤ちゃんの服装は肌着の上に夏用の薄手のツーウェイオールが◎

直射日光や冷房の冷えから守るために、おくるみも持参するようにして下さいね。

夏の暑い時間帯の外出は生後1ヶ月の赤ちゃんにはとても疲れることなので、なるべく暑くない時間帯を選んで涼しい服装をさせるようにしましょう。

また、日差しが強い時に外出する場合は日焼けが心配ですよね。そんな時は赤ちゃんのお肌に優しいベビー用の日焼け止めを使用するようにしてくださいね!

生後1ヶ月の赤ちゃん
【生後1ヶ月】服装とお世話のまとめ気記事ランキング生後1ヶ月の赤ちゃんの服装の選び方・着せ方や、お世話の方法や悩みのまとめ記事ランキングを紹介します☆ ...

エアコンを使う時の服装の選び方

生後1ヶ月暑い夏でも、生まれたばかりの生後1ヶ月の赤ちゃんになるべくエアコンは使いたくない!と思うママもいるかもしれませんね。

新生時期は新陳代謝が活発で汗を沢山かくので、気温が高い夏はすぐにあせもなどの肌トラブルを起こしやすいのでエアコンで室内を適温にするのが◎ですよ~

エアコンを使う時は、赤ちゃんに直接冷風が当たらない風向きにして、室温は26~28℃設定にしましょう。

また、エアコンを使う時は、体温調節が苦手な生後1ヶ月の赤ちゃんがエアコンで体を冷やしたら可哀想!と、重ね着をさせたくなりますがよね。

でも、着せすぎると熱がこもって暑くなりすぎてしまうので、さっと羽織れる新生児用のベストを着せて体温調節をしてあげるのがおすすめですよ☆

レッグウォーマーで冷え対策

生後1ヶ月の赤ちゃんはまだ1日のほとんどをお布団で寝て過ごしますが、エアコンを付ける時に気になるのは足元の冷えですよね。

足が元気に動くようになると布団がズレて足が出てしまう…そんな時は、レッグウォーマーを履かせてふくらはぎから温めてあげましょう!

靴下の方がいいのでは?と思うかもしれませんが、赤ちゃんは足の裏からも熱を放出して体温調節しているので、靴下よりレッグウォーマーの方が赤ちゃんも快適です。

新生児用のレッグウォーマーも可愛いデザインのものもたくさん販売されていますし、お肌に優しいオーガニックコットン製の物も人気があるのでチェックしてみて下さいね☆
おすすめのレッグウォーマー

矢印アイコンレッグウォーマーの人気ランキング

まとめと注意点

今回は生後1ヶ月の夏の服装は何を着せる?お出かけ・寝るときの服装も紹介!と題してお話ししてきましたが、いかがでしたか?

生後1ヶ月の赤ちゃんの夏の服装は、室内ではお腹が出ないコンビ肌着、外出時にはツーウェイオールがおすすめです。

また、生後1ヶ月から外出できるようになりますが、外出先で冷房が効いていて寒いことも多いので、冷え対策としてべストやレッグウォーマーを持って行くようにするのがおすすめです。

生後1ヶ月の赤ちゃんが元気に夏を過ごせるよう、服装選びはもちろん、過ごしやすい環境を整えて楽しい夏を過ごして下さいね☆

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました!




おすすめ記事