夏生まれ

夏生まれの赤ちゃんの服装の選び方!サイズは何センチがいいの?

新生児

年々暑くなっていると感じる夏。大人でさえ辛い暑さなのに、夏生まれの赤ちゃんの服装はどんなものを準備してあげると快適に過ごせるのでしょうか?

新生児の赤ちゃんは、まだ体温調節が上手にできないので服装選びに気を使いますよね。

また、夏生まれの赤ちゃんの服装のサイズは、何センチのものを選ぶのがいいのか迷ってしまいますよね。

「少しでも長く着せたいから」と、大きめのサイズでもいいのでしょうか?

今回は夏生まれの赤ちゃんの服装は何を着せる?サイズは何センチがいいの?と題してお話していくので、参考にしてくださいね。

夏生まれの赤ちゃんの服装の選び方

新生児ベビー服とひとことで言っても、ツーウェイオール・カバーオール・ロンパースなど色々な種類があり、夏生まれの赤ちゃんの服装は何を準備したらいいのか?わからないですよね。

生まれたばかりの新生児の赤ちゃんは体温調節が苦手で、室温と共に体温が上下してしまうので、涼しすぎない服装を選ぶことも大切なポイントです。

夏、赤ちゃんが過ごすお部屋でエアコンを使っている場合は、赤ちゃんの体温も下がっている状態です。

そんな時に薄着をさせてしまうと、体を冷やして体調を崩してしまう可能性があるので注意が必要しましょう。

基本的に、夏生まれの赤ちゃの服装は、短肌着+ツーウェイオールを着せ、短肌着が汗で濡れたらこまめに着替えをさせてお肌を清潔に保つようにしてくださいね。

ツーウェイオールがおすすめ!

夏生まれの赤ちゃんの服装は、暑い時期はほぼねんね状態なので、前開きタイプのベビー服が着せやすくておすすめです。

特にねんね時期は背中に熱がこもりがちなので、夏は通気性のいい半袖のツーウェイオールを着せてあげましょう。

ツーウェイオールとは、ボタンの付け替えによって通りの着せ方ができるベビー服で、2wayallとも書きます。

生後3~4ヶ月頃までしか着られないベビー服ですが、夏生まれの赤ちゃんにはカバーオールより重宝するベビー服ですよ!

夏らしい服装をさせてあげよう

ツーウェイオールは新生児の赤ちゃんの基本のベビー服で、股下のスナップボタンを留めないとドレスオールタイプとして、ボタンを留めるとカバーオールタイプとして着せてあげることができます。

夏生まれの赤ちゃんの服装は、まだオムツ替えが頻繁な新生時期にはボタンを留めず、ドレスオールタイプにしておくとオムツ交換が楽にできるというメリットがあります。

また、赤ちゃんの退院時の服装として着られるシンプルなデザインのものもありますよ。

また、夏らしいマリンテイストのものや花柄のものなど色々なデザインのツーウェイオールが販売されているので、チェックしてみてくださいね!
Sponserd Link

ベビー服のサイズは何センチがいい?

新生児夏生まれの赤ちゃんの服装のサイズを選ぶときは、肌着・ベビー服ともに「新生児用」と書かれている50~60センチのものを出産準備として用意しておくのがおすすめです。

せっかく用意したベビー服ですが、新生児用の50cmのサイズは、早ければ生後1ヶ月過ぎにサイズアウトしてしまうこともあります…。

でも、すぐに着られなくなってしまうからもったいない!と大き目のベビー服を選んでしまうと熱がこもったり、手足を動かしにくくなってしまい可哀想です。

赤ちゃんはあっという間に大きくなってしまうので、短期間しか使えないから…と勿体がらずに、生まれたばかりの赤ちゃんの大きさに合ったものを着せてあげるようにしましょう。

ベビー服のサイズアップの目安

赤ちゃんの成長には個人差が大きく、出生時の体重も影響してくることから、生後〇ヶ月のサイズが何センチ、とは明確には言えませんがおおよその目安はこのようになっています。

  • 50cm:新生児期~生後1ヶ月
  • 60cm:生後2~4ヶ月
  • 70cm:生後4~6ヶ月
  • 80cm:生後6ヶ月~
小さい着ないサイズの服をたくさん買ってもすぐに着れなくなるので、サイズ選びには気を付けて必要な枚数を考えながら夏生まれの赤ちゃんの服を購入してくださいね☆
SponserdLink

夏生まれ 肌着は何枚準備しておく?

1ヶ月の赤ちゃん夏生まれの赤ちゃんは暑がりなので、1日に何回も着替えをする必要がありますが、肌着は何枚準備しておけばいいのでしょうか?

赤ちゃんの肌着には色々な種類の物がありますが、基本的に生まれたばかりの新生児の赤ちゃんに必要な肌着は短肌着とコンビ肌着の2種類です。

この2種類の肌着にはそれぞれ役割と着せ方があり、生後3ヶ月頃までしか使わない肌着です。

とは言え、暑い時期に生まれてくる夏生まれの赤ちゃんは汗疹を防ぐためにこまめな着替えが必要になってくるので、6~10枚程度準備しておくと安心ですよ。

肌着の基本は短肌着

短肌着はお腹までの短い肌着のことで、夏生まれの赤ちゃんの基本の肌着です。

赤ちゃんはすぐに大きくなるので、大きめのサイズを買いたい!と思いがちですが、肌着は服の下に着せるものなので、大きすぎないものの方が赤ちゃんは動きやすいですよ。

夏生まれの赤ちゃんには、袖のないノースリーブタイプの短肌着もおすすめです。

短肌着のサイズは、新生児用の50-60を選ぶようにしましょう。

お腹が出ないコンビ肌着も大活躍!

短肌着はサイズが小さいと、赤ちゃんが動く際にお腹が出てしまいがちですが、そんな時には、短肌着ではなく、コンビ肌着を着せてあげるのがおすすめです。

コンビ肌着は短肌着より裾が長く、股下をスナップで止めることが出来るので、お腹が出ることもなく安心ですよ。

また、夏生まれの赤ちゃんは、家ではエアコンを使っていない時はコンビ肌着1枚だけで過ごすこともできますよ。

かわいい柄のコンビ肌着だと、赤ちゃんもかわいいし、ママの気分も上がりますよ♪

まとめ

今回は夏生まれの赤ちゃんの服装は何を着せる?サイズは何センチがいいの?と題してお話してきましたが、いかがでしたか?

新生児の赤ちゃんの服・肌着は通気性がよく、汗をよく吸い取る綿100%の素材でできたものを選んであげると、汗疹ができにくいのでおすすめです。

ただ、肌着を着ていても夏は汗をたくさんかくので、背中に手を入れて汗をかいているか確認し、こまめに着替えをさせてあげてくださいね。

夏は汗をかいたり、おっぱいを吐いたりと着替えをすることが多い新生児の赤ちゃんですので、 肌着は最低8枚ぐらいは持っているといいでしょう。

新生児は外出することはあまりないと思いますが、もし外出する場合の服装は肌着の上に薄夏用のツーウェイオールを着せてあげましょう☆

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆

*関連記事*  夏生まれの赤ちゃんに準備するものは?プレゼントするなら何がいい?
Scroll Up