春の服装とケア

生後7ヶ月│春の服装は何を着せる?お出かけ・寝るときの服装も紹介!

春になり暖かい日が増えてくると、生後7ヶ月の赤ちゃんにどんな服装をさせたらいいのか?アウターは何を着せたらいいのか?迷ってしまいますよね。

毎日の寒暖差が激しい春は、肌寒い日もあれば、ポカポカ陽気の日もあるので、気温に応じた服装をさせてあげることが大切です。

この時期の赤ちゃんは、体を活発に動かすようになり、気づいたら汗をたくさんかいていた!なんてこともあるので、肌着を春夏用の吸湿性の高い素材にすることも大切です。

 また、春の夜寝る時の服装や布団選びも、快適に過ごすためには重要ですよ!

今回は、生後7ヶ月の春の服装は何を着せる?お出かけ・寝るときの服装も紹介!と題してお話ししていくので参考にしてくださいね。。

生後7ヶ月 春の服装の選び方

生後7ヶ月生後7ヶ月頃の赤ちゃんの成長には個人差がありますが、ズリバイをしたり、寝返りをしながらお部屋の中を活発に移動するようになります。

そんな赤ちゃんにおすすめの春の服装は、柔らかくて動きやすい素材のロンパースor上下別のセパレートのベビー服です。

ロンパースは胸の部分にボタンがないので、赤ちゃんがずりばいをしてもボタンが当たって痛くなることがないので安心ですよ。

体がしっかりしてくるので、上下別のセパレートタイプのベビー服も着せやすくなってきますが、ズリバイをするとズボンが脱げたり、お腹周りがめくれやすくなるので注意が必要です。

春はまだまだ冷える日も多く、生後7ヶ月の赤ちゃんがお腹を冷やさないためにも上下別の服を着せるときにはボディ肌着を着せてあげましょう☆

春のおでかけ時の服装・アウターの選び方

温かい春は、家族で生後7ヶ月の赤ちゃんを連れてお出かけする機会も多くなりますが、どんな服装をさせたらいいのでしょうか?

また、気になるのは赤ちゃんにどんなアウター・上着を着せてあげたらいいのか?ということではないでしょうか。

春は日中暖かくて肌着+ベビー服の服装でも大丈夫でも、夕方になると急に風が冷たくなり肌寒くなることもあるので、お出かけ時にはアウター・上着を持って行くようにしたいですよね。

また、お散歩に出かけた時も同じで、急に風が強くなったり雨が降ってきたり…。と天気が変わりやすい春は、お出かけ時にアウターとしてカーディガンや、ウィンドブレーカーを持って行くのがおすすめです。

カーディガンやウインドブレーカーはコンパクトに折りたためてバックに入れておけるので、急に肌寒くなって上着が必要な時にさっと取り出して着せてあげられるので便利ですよ!

春らしいコーディネートを楽しもう!

春になるとお店には薄手の「春物」と呼ばれるベビー服がたくさん販売されるようになり、見てるだけでも楽しいですよね!

生後7ヶ月の女の子には、パステルカラーやお花や水玉模様の可愛らしいベビー服、男の子にはボーダーやマリンテイストのカッコいいベビー服でコーディネートしてあげましょう。

生後7ヶ月頃になると体格に個人差が大きく出てくるので、ベビー服のサイズが70-80cmの間くらいが標準的です。

春物のベビー服を購入する時は、大きめサイズを買ってもほとんど1シーズンしか着ることができないので、体の大きさにあった動きやすい服装を選んであげてくださいね。

生後7ヶ月 春の肌着の着せ方

生後7ヶ月赤ちゃんは生後7ヶ月を過ぎるとほとんどの子が腰が座るので、股下をスナップボタンで留めるボディ肌着以外にも、一般的な肌着も着せてあげられるようになります。

ただ、この頃になると、ずりばいを始める赤ちゃんが多いので、春暖かくなってきてもお腹を冷やさないためにも、引き続きボディスーツがおすすめです。

生後7ヶ月の赤ちゃんの春用の肌着は、吸湿性・通気性に優れたフライス生地が最適!

また、ずりばいを始めると汗をたくさんかくので、春の暖かい日は肌着をこまめにチェックして汗をかいていたらすぐに交換するようにしてあげましょう☆

肌着だけで過ごさせてもいい?

温かい春の日は、お部屋の中で体をめいいぱい動かしている生後7ヶ月の赤ちゃんは汗をたくさんかき、ベビー服は暑そうかも?と感じることもあると思います。

そんな時は、ベビー服を脱がせて肌着だけで過ごさせてあげても大丈夫ですよ!

ただし、ズリバイや寝返りで移動すると、お腹がめくれて冷えてしまうので、肌着だけで過ごす時はボディスーツタイプの肌着を着せるようにしてくださいね。

そして、赤ちゃんの様子をよく観察し、お肌を触って冷たくなっていたらベビー服を着せてあげるようにしましょう。

生後7ヶ月 春の寝るときの服装と布団の選び方

寝ている赤ちゃん春は夜寝る時は快適な温度でも朝方冷え込む日も多いので、生後7ヶ月の赤ちゃんが寝る時の服装は何を着せて寝かせてあげたらいいのか?迷ってしまうこと多いですよね。

基本的には、ボディ肌着+上下が分かれたパジャマ、またはボディ肌着+ロンパースなどのベビー服を着せて寝かせてあげましょう。

また、毎日の気温差が激しい春は、その日の気温に応じてお布団を臨機応変に変えてあげるのがおすすめですよ~

  • 気温25℃前後
    →タオルケット1枚
  • 気温20度前後
    →タオルケット+バスタオル
  • 気温15度前後
    →中綿入りのお布団
  • 気温10度前後
    →中綿入りのお布団+タオルケット

また、生後7ヶ月頃の赤ちゃんは寝相が悪い子が多く、夜中に何度もお布団をかけても足で蹴飛ばしてしまったり、寝返りをしてお布団から出てしまい、寝冷えが心配…。という事もありますよね。

そんな時は、ねる時の服装の上に羽織る、ベストタイプの「スリーパー」を着せて寝かせてあげるのがおすすめですよ。

スリーパーで寝冷えの心配なし!?

スリーパーはベストタイプになっている物が多く、ひざ丈くらいの長さがあるので、お腹・背中を冷えから守ってくれますよ。

生後7ヶ月の赤ちゃんがどんなに寝返りしても、お腹が出ることがないので寝冷えから守ってくれるので、朝方冷え込む朝も安心です。

色々な素材のスリーパーが販売されていますが、春だけでなく一年中使えるのは綿100%の上質なガーゼを重ねて作られたスリーパーです。

スリーパーは「着る毛布」とも呼ばれていて、お布団1枚としてカウントすることもできるので、年間を通して重宝するねんねアイテムですよ!

まとめ

今回は、生後7ヶ月の春の服装は何を着せる?お出かけ・寝るときの服装も紹介!と題してお話ししてきましたが、いかがでしたか?

毎日天気・気温の変動が大きい春は、赤ちゃんも体調を崩してしまいがちなので、服装や肌着で体温調節をするのはもちろん、掛け布団や寝る時の服装にも注意を払ってあげてくださいね。

また、赤ちゃんは大人より体温が高く暑がりなので、ズリバイや寝返りでお部屋の中を移動している赤ちゃんは、意外とたくさんの汗をかいています。

春からの時期はあせもができやすいので、汗をかいていたらすぐに肌着を交換して、肌トラブルを未然に防ぐように心がけましょう。

春は可愛らしいベビー服がたくさん販売されるので、生後7ヶ月の赤ちゃんを春らしく可愛くコーディネートしてあげてくださいね☆

Scroll Up