春の服装と過ごし方

生後8ヶ月│春の服装は何を着せる?お出かけ・寝るときの服装も紹介!

生後8ヶ月

気温が上がり暖かくなる春は、朝晩の寒暖差だけでなく毎日の天気も変わりやすいので、生後8ヶ月の赤ちゃんにどんな服装をさせたらいいのか?頭を悩ませますよね。

この頃の赤ちゃんは、ズリバイやハイハイができるようになって、部屋の中を元気に動き回るようになると暑くなるので、動きやすい薄手の服装をさせてあげましょう。

お散歩などの外出時は急に肌寒くなることもあるので、さっと羽織れる上着やジャケットなどのアウターが必要ですが、どんなものがいいのでしょうか?

また、夜寝る時の布団や服装もどれを選んだらいいのか?など、初めて赤ちゃんと迎える春はわからないことがたくさんありますよね。

そこで今回は、生後8ヶ月の春の服装は何を着せる?お出かけ・寝るときの服装も紹介!と題してお話ししていくので参考にしてくださいね。

生後8ヶ月 春の服装の選び方

生後8ヶ月生後8ヶ月の赤ちゃんが室内で過ごす時の服装は、ズリバイやハイハイのしやすい、柔らかくて伸縮性の高い素材のロンパースや、上下が分かれているセパレートタイプのベビー服がおすめです。

特に元気に体を動かす赤ちゃんは、厚手の服装だと体温が上がりすぎて汗をかいてしまうので、赤ちゃんの様子を見ながら薄手の服装にしてあげてくださいね。

また、生後8ヶ月になると腰もすわり、体が随分しっかりしてくるので、ズボン+トップスのセパレートタイプの服装も着せやすくなります。

でも、腹ばいになり体を動かすとお腹がめくれやすく、冷やしてしまう恐れがあるので注意が必要です。

そんな時はセパレートではなく、ロンパースタイプの服装か、肌着をボディスーツタイプにして、お腹が出ないようにしてあげましょう。

春らしいコーディネートを楽しもう!

春になると、見ているだけでも可愛いベビー服がたくさん販売されるようになり、あれこれ欲しくなってしまいますよね!

生後8ヶ月の赤ちゃんにおすすめのコーディネートは、

男の子

マリンテイスト・ボーダーのベビー服+レッグウォーマー+キャップ

女の子

パステルカラーの花柄・水玉などのベビー服+レッグウォーマー+リボン付きの帽子

など、色々なコーディネートが楽しめますね!

また、生後8ヶ月頃の赤ちゃんは個人差がありますが、70-80センチのベビー服がピッタリのサイズになります。

ズボン+トップスのセパレートタイプの服装も可愛いですが、ロンパース・カバーオールを着られるのもあと少しの期間なので、赤ちゃんらしい服装を楽しむのもおすすめですよ。

春のお出かけ時の服装・アウターの選び方

暖かい春、と言ってもお散歩やお出かけの際に急に風が強くなったり、気温が下がることもありますよね。

お出かけ時には生後8ヶ月の赤ちゃんを寒さから守るために上着やアウターを持って行くと安心ですよ!

上着やアウターには色々ありますが、春はさっと羽織れるカーディガンが最適です。

カーディガンならコンパクトに畳んでバックの中に入れておいても邪魔にならないですし、脱いだり着せたりするのも簡単なので重宝しますよ。

また、風が強い日や雨が心配な日のお出かけには、ウィンドブレーカーが上着・アウターとして活躍してくれるのでおすすめです。

生後8ヶ月 春の肌着の着せ方

生後8ヶ月生後8ヶ月を過ぎると、腹ばいになって移動するズリバイや、ハイハイを始める赤ちゃんが増えてきます。

はいはいを始めると、上下が分かれた服を着ているときはズボンと上着がずれて肌着がめくれてしまい、お腹が出やすくなってしまいます。

春だから多少ズボンとトップスの間からお腹が出ても大丈夫かな、と思っているとお腹が冷えて体調を崩す原因なってしまうこともあるので注意が必要です。

赤ちゃんにセパレートの服装をさせるときは、春物のボディスーツを着せてあげるとお腹が出ても安心ですよ。

肌着のみで過ごしても大丈夫?

お部屋の中を活発に移動する生後8ヶ月の赤ちゃんは、春の暖かい日に肌着を触るとじんわりと汗をかいていることがあります。

そんな時は、肌着のみで過ごさせてあげると赤ちゃんも快適ですよ!

ただし、赤ちゃんは体温調節が難しいこともあるので、

  1. 気温が20℃前後
  2. 春の温かい日中の室内限定
  3. ボディスーツタイプの肌着を着る

この3つの条件が揃っている時のみ、生後8ヶ月の赤ちゃんを肌着だけで過ごさせても大丈夫ですよ。

ただし、赤ちゃんの肌が冷たくなっていたり、くしゃみをするようになら体が冷えている証拠なので、すぐにベビー服を着せてあげるようにしてくださいね!

生後8ヶ月 春の寝るときの服装と布団の選び方

生後8ヶ月春は朝晩の寒暖差が激しく、寝る時は快適な気温でも、朝方気温が下がってしまうことも多くいですよね。

うっかり生後8ヶ月の赤ちゃんに寝冷えをさせて風邪をひかせてしまった!ということがないように、春も布団と寝る時の服装に気を配ってあげましょう。

まず、お布団はその日の気温に応じて臨機応変に変えてあげるのがおすすめです。

例えば…

  • 気温25℃前後
    →タオルケット1枚
  • 気温20度前後
    →タオルケット+バスタオル
  • 気温15度前後
    →中綿入りのお布団
  • 気温10度前後
    →中綿入りのお布団+タオルケット

一例ですが、このように気温によって生後8ヶ月の赤ちゃんの掛け布団を調節してあげると、より快適に眠ることができますよ!

寝るときの服装はスリーパーをプラスするのが◎

生後8ヶ月の赤ちゃんが夜寝るときの服装は、カバーオールを着せるのもいいですが、そろそろ一般的な上下が分かれた「パジャマ」が着れるようになるので、パジャマを購入して着せてみるのもおすすめです。

春用のパジャマは薄手のスムースニットや綿素材のものが多いですが、ズボンに腹巻がついているタイプのものだと、お腹を冷えから守ってくれるので安心ですよ。

また、いくら気温に合わせて布団を選んだり、寝る時の服装に気を配っても、生後8ヶ月の赤ちゃんが夜中に布団を蹴飛ばしたり、寝返りでお布団から出てしまうこともありますよね。

春の朝方は気温が下がるので掛け布団をかけていないと寝冷えが心配…そんな時は、寝る時の服装にスリーパーをプラスしてあげるのがおすすめです。

スリーパーを着ていれば、お布団から体が出てしまってもお腹を冷えから守り、寝冷えを防いでくれますよ!

まとめ

今回は、生後8ヶ月の春の服装は何を着せる?お出かけ・寝るときの服装も紹介!と題してお話ししてきましたが、いかがでしたか?

春は天気・気温がよく変わり、春本番のポカポカ陽気の日や風が強くて肌寒い日もあり、体調管理が難しいので、服装選びには慎重になってしまいますよね。

でも、気温に応じて服の厚さを変えたり、上着やレッグウォーマーなどの小物を使って体温調節をしてあげるのがおすすめです。

春服は可愛らしいものが多いので、春らしいコーディネートを楽しみながら生後8ヶ月の赤ちゃんと元気で楽しく過ごしてくださいね!

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆




ーママと赤ちゃんの成長記録アプリ
ミルケア / 妊娠・出産・子育て情報

ミルケア / 妊娠・出産・子育て情報

無料

ー子供服、ベビー服の人気ブランドが最大80%オフな通販アプリ

smarby(スマービー) ママのための通販アプリ

smarby(スマービー) ママのための通販アプリ

無料

★★★★★★★★★★

おすすめ記事