夏の服装とケア

新生児は夏に短肌着一枚でも大丈夫?何枚準備しておけばいい?

新生児の赤ちゃんの基本の肌着といえば短肌着+コンビ肌着ですが、夏の暑い時期に短肌着の上にコンビ肌着を重ね着させるのは暑くてかわいそうですよね。

それでは、短肌着一枚だけでも大丈夫なのかな?と思うかもしれませんが、実は短肌着だけでは体を冷やしてしまう恐れがあるので注意が必要です。

体温調節が苦手な新生児の赤ちゃんは、お腹が出やすい短肌着一枚で過ごさせると夏でも冷えて体調を崩してしまうので、短肌着のみで過ごさせるのはおすすめできません。

ここでは、夏の新生児の赤ちゃんの短肌着の着せ方のポイントと注意点を紹介します☆

新生児は夏に短肌着一枚はダメ?

短肌着暑い夏は、新生児の赤ちゃんに短肌着一枚が快適なような気がしてしまいますよね。

短肌着はその名の通り丈が短い肌着なので、夏に一枚で着せると赤ちゃんが動くことによってお腹の部分がめくれやすくなってしまうので注意が必要です。

新生児の赤ちゃんはまだ体温調節機能が未熟なので、夏で暑いからと言ってお腹が出たままにしておくと、体温が下がって風邪を引いてしまう恐れがあるので、短肌着一枚で過ごさせるのはやめましょう。

でも、夏の暑さの中で短肌着とコンビ肌着の重ね着は可愛そうですよね。

そんな時は、短肌着ではなく股下にスナップボタンがついているコンビ肌着を一枚で着せてあげるようにするのがおすすめです。

コンビ肌着なら1枚でOK!

コンビ肌着は短肌着・長肌着と同じ前で打ちかけて着せる肌着で、太ももにかかる位の長さで股下にスナップボタンが付いているのが特徴です。

赤ちゃんの足をスナップボタンで留めた部分に通してあげれば、赤ちゃんがどんなに足を元気に動かしてもお腹が出る心配がなくて安心ですよ。

新生時期~生後3・4ヶ月頃迄着せてあげることができ、短肌着・長肌着より可愛いデザインのコンビ肌着がたくさん販売されいます。

一見肌着っぽく見えないので、夏の新生児の赤ちゃんのルームウェアとしてもおすすめですよ~

ただし、エアコンを使っている場合は、体温調節が苦手な新生児の赤ちゃんは体を冷やしてしまうので短肌着を重ね着させるようにしてくださいね!
おすすめのコンビ肌着

矢印アイコンコンビ肌着の人気ランキング

夏に新生児の過ごす環境の整え方

肌着新生児の赤ちゃんが夏に快適に過ごせる温度は26~28℃と言われていますが、近年の夏は暑いので、あっという間にその温度は超えてしまいますよね。

エアコンを新生児の赤ちゃんに使うのは良くない、と思い込んでいる方もいるかもしれませんが、実は新生児が快適に過ごすためにはエアコンを使う方がいいのです。

26~28℃設定であれば夏は大いに活用した方が赤ちゃんの脱水症状や熱中症を防ぐことができるのでおすすめです。

新生児の赤ちゃんがエアコンが効いた部屋で過ごすときは短肌着+コンビ肌着。

エアコンなしの場合は短肌着+コンビ肌着など、臨機応変に夏の肌着の着せ方を変えるようにしていきましょう☆

レッグウォーマーで足元を守ろう!

夏に新生児の赤ちゃんを短肌着やコンビ肌着で過ごさせる時に気になるのは、足元の冷えですよね。

厚いお布団をかけるのも暑くて可哀想だし、薄手のタオルケットをかけてもすぐに足で蹴飛ばしてしまうこともありますよね。

そんな時は、レッグウォーマーを履かせてふくらはぎを温めてあげましょう。

夏なのにレッグウォーマー?と思うかもしれませんが、夏は冷房の冷え対策にレッグウォーマーは大活躍してくれるアイテムなのです。

新生児サイズのものも販売されているので、赤ちゃんの足元の冷え対策におすすめです☆
おすすめのレッグウォーマー

矢印アイコンレッグウォーマーの人気ランキング

まとめ

今回は新生児は夏に短肌着一枚でも大丈夫?何枚準備しておけばいい?と題してお話してきましたが、いかがでしたでしょうか?

暑い夏野時期は、短肌着一枚の方が新生児の赤ちゃんも快適なような気がしますが、まだ体温調節機能が未熟なので体を冷やしてしまいやすい状態です。

短肌着一枚ではなく短肌着+コンビ肌着、短肌着+ツーウェイオールなどを着せるようにして冷えから守ってあげるようにしてくださいね。

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆

Scroll Up