夏の服装と過ごし方

夏、赤ちゃんに布団をかけないで寝かせて平気?布団 蹴る時の対処法

寝ている赤ちゃん

赤ちゃんは大人よりも暑がりなので、夏の夜に布団をかけて寝かせていると気付くと汗だくになっていることもありますよね。

そんな時、暑くて可哀想だから夏は布団をかけない方がいいのかな?でも、寝冷えが心配だからやっぱりかけるべきかな?と悩みますよね。

また、夜中に何度も布団をかけても蹴る…の繰り返しで、寝冷えが心配なママも多いと思います。

そこで今回は夏、赤ちゃんに布団をかけないで寝かせて平気?布団 蹴る時の対処法と題してお話ししていきます☆

夏に赤ちゃんに布団をかけないで寝かせても大丈夫?

夏の夜、薄手の布団を赤ちゃんにかけて寝かせても、気付いたら足で蹴る、腕ではいでしまい、布団をかけないで寝ていることもありますよね。

布団をかけないで寝かせると寝冷えをしてしまうのでは?と心配になり、何度もかけなおしているママも多いのではないでしょうか?

そうなると、寝不足になってしまい大変ですよね…。

結論から言うと、夏に赤ちゃんに布団をかけないで寝かせても、しっかり寝冷え対策さえしておけば大丈夫です!

夏の夜の寝冷え対策は、寝る時の環境「エアコンなし」「エアコンあり」でも変わってくるので、次にそれぞれについて詳しく紹介していきますね!

エアコンなしで寝る場合の寝冷え対策

夏にエアコンを使わない環境で赤ちゃんが寝る時は、布団はかけない方が涼しくて快適に寝かせることができますが、全く何もかけないのも心配ですよね。

赤ちゃんは大人よりも暑がりなので、布団をかけられたら暑くて汗をたくさんかくだけでなく、布団を蹴ることが多くなってしまうので、お腹にバスタオルをかけてあげるくらいで大丈夫です。

それでも暑くて寝苦しくて、布団をかけない状態になってしまうこともあるので、赤ちゃん用の冷感ひんやりマットを敷いてあげるのもおすすめです。

ただし、大人用のジェルが入ったひんやりマットは冷感が強く、赤ちゃんを必要以上に冷やしてしまうので、赤ちゃん用のひんやりマットを選ぶようにしてくださいね!

おすすめのひんやりマット
矢印アイコンひんやりマットの人気ランキング

エアコンをつけて寝る場合の寝冷え対策

エアコンのついている室内では、赤ちゃんに布団をかけないとお腹が冷えてしまうことがあるので、布団をかけてあげてくださいね。

部屋の涼しさに応じて夏用の布団やタオルケットなど薄手の布団でかまわないので、お腹にお布団をかけるようにしましょう。

赤ちゃんが快適に過ごすための夏のエアコンの設定温度は26~28℃が推奨されていますが、その温度だと寝ている時は暑くて薄手のお布団でも蹴ることがあります。

そんな時に、ベストタイプの夏用のスリーパーがあれば、どんなに動いてもはだけることがないので寝冷えを防げるのでおすすめです☆
おすすめのスリーパー

矢印アイコンスリーパーの人気ランキング

夏の夜、布団を蹴るときの対策方法

寝ている赤ちゃん寝苦しい夏の夜、大人の私たちも気付いたら布団をかけていなかった…という事もあるように、赤ちゃんも布団を蹴る、はいでしまうことが多々ありますよね。

それは、赤ちゃんは大人より体温が高く、寝る時は更に体温が上昇するので暑くなってしまっていることが原因です。

かと言って、薄着で寝かせると寝冷えをしてしまいそうですし、長袖のパジャマを着せると汗だくになってしまうし…どうしたらいいのでしょうか?

夏の夜、布団を蹴る赤ちゃんにおすすめなのは、先ほども紹介しましたがスリーパーを着せて寝かせてあげることです。

ガーゼタイプのスリーパーなら吸湿性・通気性に優れているので、布団を蹴る赤ちゃんが布団をかけないで寝てしまっても寝冷えを防いでくれて安心ですよ!

エアコンを使っている時は「冷え」に要注意!

夏の暑い夜にエアコンなしで寝かせる場合に赤ちゃんが布団を蹴ると、冷気でお腹を冷やしてしまう恐れがあるので、必ずスリーパーを着せて寝かせることをおすすめします!

もし、エアコンを28℃設定にして暑がっているようでしたら、25℃程度に下げて様子を見るのも1つの方法ですよ!

夏の暑い時期はエアコンをつける機会が多いですが、赤ちゃんが寝ている時は、消すか温度を上げて布団をかけないで寝かせてあげる方が快適に寝てくれることも。

赤ちゃんは体温調節がまだうまくできないので、大人が布団の調節をしながら体調管理をしっかりしてあげてくださいね!

まとめ

今回は夏、赤ちゃんに布団をかけないで寝かせて平気?布団 蹴る時の対処法と題してお話してきましたがいかがでしたでしょうか?

暑くて寝苦しい夏の夜は、大人以上に赤ちゃんは暑くて寝汗をたくさんかいてしまい、その汗が冷えて体を冷やしてしまうと夏風邪をひいてしまいます

布団をかけない方が涼しく眠らせてあげられるような気もしてしまいますが、朝方ぐっと気温が下がって体を冷やしてしまう恐れがあるので、ひんやりマットやスリーパーを活用して冷えから守ってあげましょう。

夏は楽しい予定が盛りだくさん!赤ちゃんに夏風邪を引かせてしまうと長引いてしまい予定崩れになってしまうこともありえるので、体調管理には十分注意して楽しい夏を過ごしてくださいね☆

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆




ー子供服、ベビー服の人気ブランドが最大80%オフな通販アプリ

smarby(スマービー) ママのための通販アプリ

smarby(スマービー) ママのための通販アプリ

無料

★★★★★★★★★★

ーママと赤ちゃんの成長記録アプリ

ミルケア / 妊娠・出産・子育て情報

ミルケア / 妊娠・出産・子育て情報

無料



おすすめ記事