夏の服装と過ごし方

夏、赤ちゃんにエアコンを一日中つけっぱなしは悪影響?温度は何度?

赤ちゃんの足

昔は、夏に赤ちゃんの過ごすお部屋でエアコンを一日中つけっぱなしはよくない、と言われていましたよね。

でも、今は逆にエアコンを使わずに暑い部屋で過ごす方が熱中症や脱水症状になる場合があるので危険だと言われています。

夏はエアコンを上手に使って快適に過ごさせてあげるのがおすすめですが、温度設定は何度が適温なのでしょうか?

また、エアコンを一日中つけっぱなしにして冷えすぎてしまうのは困るけど、何とか快適な環境を作りたい!という場合は、エアコンのドライ機能を使って湿度を下げて環境を整える方法がおすすめです。

今回は夏、赤ちゃんにエアコンを一日中つけっぱなしは悪影響?温度は何度?と題してお話していくので参考にしてくださいね。

夏、赤ちゃんにエアコンを一日中つけっぱなしにしてもいい?

赤ちゃんの足近年の夏は毎日猛暑が続き、エアコンなしでは過ごせない…とついついエアコンのリモコンに手が伸びてしまいますよね。

そして、一日に何度もON・OFFを繰り返すより、一日中つけっぱなしで運転しておいたほうが省エネにもなるし、電気代も安く済むと言われています。

でも、いくら暑い夏でも赤ちゃんの過ごす部屋を一日中エアコンをつけっぱなしにするのは、何か悪影響があるのでは?と気になっているママも多いと思います。

もちろん、冷やしすぎは赤ちゃんに悪影響を及ぼしますが、適温で室内の温度を一日中一定に保つことは赤ちゃんにとってもメリットはたくさんあるので、つけっぱなしにしても大丈夫ですよ。

エアコンの設定温度は何度がいい?

エアコンを1日中つけっぱなしにする場合、エアコンの設定温度は何度にしたらいいのか?気になりますよね。

赤ちゃんが夏に快適に過ごせる温度は26~28度なので、エアコンを使う時の温度設定も26~28度にするのが最適です。

でも、暑がりな赤ちゃんは設定温度が28度設定だと暑すぎることもあるので、エアコンを付けてしばらく赤ちゃんの様子を見て、暑すぎず、寒すぎない快適な温度設定をするように心がけましょう。

エアコンをつけっぱなしにする場合も、26~28℃設定ならエコ運転で電気代も安く済みます。

もしも、赤ちゃんが暑そうにしているなら1~2時間だけ24~25℃に下げて、しばらくしてからもう1度26~28℃設定にするのがおすすめですよ。

エアコンの上手な使い方のポイント

生後6ヶ月とても暑い夏、エアコンを使わないと室内の温度は30度を余裕で超えてしまうので、体温調節が苦手な赤ちゃんは脱水症状を起こし、熱中症になってしまう危険性もあります。

かと言って、赤ちゃんが過ごすお部屋をエアコンをつけっぱなしにすると、空気が乾燥したり部屋が冷えすぎたりして風邪をひく原因にもなりえる事も…。

エアコンを1日中つけっぱなしにするのはちょっと…と思っている場合は、朝晩の涼しい時間帯はエアコンは切って外気に触れさせてあげましょう。

また、エアコンの冷気による冷えが心配な場合は、エアコンの温度を28度に設定して、吸湿性・通気性に優れたスリーパーを着せてあげると、冷えすぎずに快適に過ごせるのでおすすめです☆[夏スリー]

熱帯夜の時はどうする?

夏でも朝晩が涼しい時はエアコンをつけっぱなしにせずに赤ちゃんを過ごさせてあげることができますが、夜になっても気温が25度を下回らない熱帯夜の日が続くこともありますよね。

そんな時は、タイマーを上手に使いながら寝かせてあげることがおすすめです。

24時を過ぎる頃には気温が下がってくるので、それくらいの時間までタイマーでエアコンをつけっぱなしにするのが夏の熱帯夜を快適に乗り切るポイントです。

エアコンを使う夏の夜の赤ちゃんが寝る時の服装は、吸湿性の高い素材の肌着の上にスリーパーを着せてあげると汗をしっかり吸い取りながら寝冷えを防げますよ!

夏のエアコンはドライが最適!上手な使い方のポイント

エアコン暑がりで汗かきな赤ちゃんが快適に過ごすため、夏は一日中エアコンをつけっぱなしにしても問題ないですし、適度にエアコンを使うことが推奨されています。

でも、なるべく赤ちゃんに冷房を使いたくない…。というご家庭もありますよね。

猛暑の中エアコンを付けずに暑い部屋で赤ちゃんを過ごさせると熱中症になる恐れもあり危険ですが、エアコンのドライ機能を使って夏の暑さを乗り切る方法もありますよ!

ドライ機能は、除湿+冷房の合わせ技の機能のことで、お部屋の湿気を取り除きつつ室温も下げてくれるので、湿気のないカラッとした環境を作ってくれます。

エアコンのドライ機能と冷房の違いとは?

一般的なエアコンには暖房・冷房・ドライ機能がついていますが、ドライ機能とは部屋の湿度を下げて快適に過ごせるようにしてくれる機能です。

夏に赤ちゃんが過ごすお部屋にエアコンのドライ機能を使うと、冷えすぎることがなく湿度を下げてくれるので快適に過ごせますよ!

ドライ機能は全く冷えないのか?と言うとそういう訳でもなく、エアコンの弱冷房と除湿を繰り返しながら部屋の湿度を下げていくので、真夏でも適度な温度と湿度を保てる優れた機能です。

とは言え、夏の暑い時間帯にドライ運転だけだと部屋の温度があまり下がらず、赤ちゃんは不快に感じてぐずってしまうことも。

お昼寝など寝るときには、触れると冷たく感じるひんやりマットに寝かせてあげるのがおすすめです☆

おすすめのひんやりマット
矢印アイコンひんやりマットの人気ランキング

エアコンの設定温度に気をつけよう!

エアコンにはドライ機能もありますが、冷房と除湿の組み合わせの運転方式なので湿度だけでなく温度も多少下がるので、ドライ運転を使う時は温度設定も注意しましょう。

夏はエアコンを使わないと室内の温度は30度以上になってしまい、赤ちゃんにとって不快で過ごしにくい環境になってぐずるだけでなく、脱水症状や熱中症の危険もあります。

大人は多少の暑さなら我慢ができますが、赤ちゃんは体温調節機能がまだ未熟で気温の上昇とともに体温まで上昇してしまいます。

エアコンの温度設定を26~28度にして赤ちゃんの様子を見ながら、夏を快適に乗り切れるように工夫をしてあげましょう☆

まとめ

今回は夏、赤ちゃんにエアコンを一日中つけっぱなしは悪影響?温度は何度?と題してお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか?

猛暑が続く暑い夏、赤ちゃんが快適に過ごすためにもエアコンを1日中つけっぱなしにしても特に悪影響はないので、ご家庭の環境に合わせて上手に使って行くようにしましょう。

また、夏は熱中症だけでなく、脱水症状にならないように水分補給にも気を配るようにしてくださいね。

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました!




ーママと赤ちゃんの成長記録アプリ
ミルケア / 妊娠・出産・子育て情報

ミルケア / 妊娠・出産・子育て情報
無料
posted withアプリーチ
ー子供服、ベビー服の人気ブランドが最大80%オフな通販アプリ
smarby(スマービー) ママのための通販アプリ

smarby(スマービー) ママのための通販アプリ
無料
posted withアプリーチ
おすすめ記事