夏生まれ

夏生まれに布団セットは必要?掛け布団は何枚?寝冷えを防ぐ対策も!

寝ている新生児

夏生まれの赤ちゃんは、暑い季節でも一日の大半をお布団で寝て過ごすので、どんな布団を用意したらいいのか悩むママが多いのではないでしょうか。

また、出産準備として布団を準備する時に便利な「布団セット」は、夏生まれの赤ちゃんには必要なのか?迷ってしまいますよね。

布団セットがなくても、夏はタオルケットやバスタオルを掛け布団の代わりにすればいいいのでは?と思うのも頷けますが、敷布団やシーツなどが入った布団セットは一年中使えるので便利なアイテムですよ!

また、夏生まれの赤ちゃんは冷房が効いたお部屋で過ごすことが多いと思いますが、寝冷えが心配ですよね。

そこで今回は夏生まれに布団セットは必要?何を何枚準備する?寝冷えを防ぐ対策も!と題してお話していくので参考にしてくださいね。

夏生まれ 布団はセットは必要?

寝ている新生児夏生まれの赤ちゃんには、とりあえずタオルケットなどの薄手の掛け布団があれば大丈夫ですが、敷布団や防水シーツは必要になってきますよね。

また、夏以降のお布団選びについて考えると、はじめから年間を通して使える布団セットを購入しておくのが便利なのでおすすめです。

色々な布団セットがありますが、人気が高いのはお肌に優しいオーガニックコットン製のものや、いつでもお布団を清潔に保つ事ができる丸洗いできるタイプのお布団セットです。

必要なものがあらかじめセットされているので、個別にあれこれ買わなくても済むので、夏生まれ赤ちゃんのお布団選びに迷ったら布団セットの購入が便利ですよ!

布団の素材の選び方のポイント

ベビー布団セットに入っている布団や、個別に販売されている布団には色々な素材で作られたものがあり、どんな素材の物を選んだらいいのか?迷いますよね。

夏生まれの赤ちゃんのお肌はとてもデリケートなので、天然コットンやオーガニック素材のものなど、肌に刺激の少ない素材の布団を選ぶのがおすすめですよ!

また、赤ちゃんは体温調節がうまくできず熱が体にこもりやすいので、夏生まれの赤ちゃんに一般的なベビー用の綿の掛け布団をかけると暑くて汗をたくさんかいてしまいます。

新生児期はお肌がとてもデリケートで、寝汗をかいたままにしておくとすぐに汗疹ができやすいので、夏生まれの赤ちゃんの上にかける布団は、通気性がよくて素早く汗を吸収してくれるタオルケットやガーゼケットが適しています。

ただし、体の小さな赤ちゃんに大人用のタオルケットは大きくて重いので、ベビーサイズのものを選んであげましょう!

敷き布団の上にはバスタオルを敷くのがおすすめ!

また、夏生まれの赤ちゃんは布団の上でほとんど寝て過ごしますが、それでも汗をたくさんかきます。

かけ布団はタオルケットでOKですが、敷き布団の上に防水シートを敷いてからシーツを敷き、バスタオルを敷きましょう。

汗をかいてもバスタオルだとすぐに洗濯することもできて、すぐに乾きますしとても便利ですよ~

また、生まれたばかりの赤ちゃんのお肌はとてもデリケートなので、寝具もあらかじめ水通しをし、柔軟剤など刺激のあるものは使用しないようにしてくださいね。

ひんやりマットは夏生まれの赤ちゃんに使える?

寝ている寝苦しい夏に大活躍してくれるひんやりマットですが、夏生まれの赤ちゃんにも使うことができるのでしょうか?

新生児の赤ちゃんは体温調節機能がまだ未熟なので、大人用のひんやりマットでは体を冷やしすぎてしまう恐れがあるので使うのは避けましょう。

ただし、優しいひんやり感の赤ちゃん用の冷感マットなら、安心して使用することができますよ!

それでも赤ちゃんが寝汗をたくさんかいてしまうような場合は、エアコンを28℃程度に設定してあげて快適な環境を作ってあげるのが◎

赤ちゃんにエアコンは使いたくない!という考えのご家庭もあるかもしれませんが、近年赤ちゃんの熱中症も増えているので、臨機応変にエアコンを使うのがおすすめです。

布団を蹴飛ばしてしまう場合はスリーパーが◎

夏生まれの赤ちゃんに薄手のタオルケットやガーゼケットを掛けてあげても、気づいたら足で蹴飛ばしてしまい、何もかけていなかった!!と驚いてしまうこともありますよね。

赤ちゃんは体温調節機能が未熟なので、お腹が冷えてしまうと体調を崩しやすいので、そんな時はスリーパーを着せてあげましょう。

スリーパーはいつもの服装の上にさっと羽織るベストタイプのもので、赤ちゃんを冷えから守ってくれる人気のねんねアイテムです。

ガーゼ素材のものなら、年間を通して使えるので1枚持っていると重宝しますよ!

シーツやカバーはこまめに交換して清潔に!

夏生まれの赤ちゃんは体温が高いのに加え、まだ寝返りが打てないため、背中を布団にずっとくっついたままで蒸れて汗で湿ってしまいやすく、汗疹ができやすい状態です。

敷布団カバーや汗取りの役割があるキルティングマットは洗い替え用に替えを用意しておき、こまめに交換してあげることで夏の肌トラブルをげますよ!

また、布団を敷いたままにしておくと裏に黒カビが生えてしまうことから、晴れた日の午前中は天日干しをするようにしてくださいね。

ベビー布団は毎日使うものなんオで、お手入れがしやすさなども夏生まれの赤ちゃんの布団選びのポイントの1つです。

まとめ

今回は夏生まれに布団セットは必要?何を何枚準備する?寝冷えを防ぐ対策も!と題してお話してきましたが、いかがでしたか?

夏生まれの赤ちゃんの布団のを選ぶときは、ベビー布団セットは必ず必要ではないですが、オールシーズン使える布団が入っていてとても便利なのでおすすめですよ~

また、夏生まれの赤ちゃんは暑い時期に生まれるので、エアコンで部屋の温度を低くしすぎない限り、寒くて風邪を引くという心配をしなくていい季節なので、布団も比較的選びやすい時期です。

しかし夏は外と室内の温度差が激しい季節なので体調を崩しやすい季節なので、体温調節機能がまだ未熟な夏生まれの赤ちゃんの体調管理に注意してあげましょう。

一日の大半を布団で過ごす夏生まれの赤ちゃんのために、気持ちよく眠れるような布団を選んであげてくださいね☆

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆