赤ちゃんのお世話

生後4ヶ月の椅子の選び方!おすわりができなくても座れる椅子は?

生後4ヶ月頃の赤ちゃんはほぼ首が座ってくるので、そろそろ椅子に座らせても大丈夫かな?まだおすわりができないから早いかな?と感じる時期ですね。

バンボやカリブなどのベビーチェアは首がすわった3.4ヶ月頃の赤ちゃんが使える椅子として大人気ですが、まだおすわりできない赤ちゃんを椅子に座らせる時には注意点があります。

今回は生後4ヶ月の椅子の選び方!おすわりができなくても座れる椅子は?と題してお話していきます!

生後4ヶ月の赤ちゃんの椅子の選び方

椅子にすわっている赤ちゃん赤ちゃんは生後3~4ヶ月で首が座るので、首が座ったら赤ちゃんを座らせることができる椅子の代表格のバンボやカリブなどのソフトチェアがおすすめです。

生後4ヶ月の赤ちゃんはほとんど首が座っているので、椅子に座らせてあげると視野が広がりご機嫌になってくれます。

バンボとカリブの違いは、足回りの広さがカリブの方が広いだけで素材などはほとんど同じです。

生後4ヶ月の赤ちゃんの椅子としては、足回りの狭いバンボの方が安定して座れるのでおすすめです☆

世界中で愛されているBUMBOのベビーソファ

まだおすわりが上手にできない、生後4ヶ月~の赤ちゃんでも安心して使える椅子の中でも、絶大の人気を誇るのが「バンボ」のベビーソファです。

柔らかな素材で作られているため、赤ちゃんがすわると体重でシートが沈み、腰回りをぴったり包み込んでくれますよ。

試用期間は、首が座ってから生後14ヶ月ごろまでととても長く、また揺らしても倒れにくく、お手入れも持ち運びも簡単なので、離乳食を食べさせる際など様々な場面で活躍してくれますよ!

カラーバリエーションもとても豊富で、付属品として腰ベルトもついているので、成長してからも、赤ちゃんが勝手に抜け出すのを防止してくれる優れた赤ちゃん用の椅子です。

足まわりゆったり!カリブソフトチェアー

離乳食を食べている赤ちゃんカリブのソフトチェアーは、見た目はバンボと変わりませんが、こちらはバンボよりも少し大きめに作られています。

おすわりがまだできない生後4ヶ月頃~の赤ちゃんでも使える、足まわりがゆったりしているタイプの椅子ですよ。

着脱可能なトレイもついており、何よりもバンボより安価で購入できるのも魅力の一つです。

使用期間は、生後3~4ヶ月(首が座ってから)~14ヶ月ごろまでとバンボと同じですが、足周りがゆったりとしているので、座らせやすく、少し大きめの赤ちゃんでも、窮屈に感じることもありません。

素材もバンボと同じウレタンフォームを使用しているので、汚れてもさっと拭き取るだけでキレイになりますよ!

便利なベビーチェアで赤ちゃんもご機嫌!

バンボもカリブも、首がすわったら使用できるため、おすわりがまだ上手にできない離乳食期にも最適の椅子です。

水にも強いため、家庭に一つあるととても便利ですよ!

腰をすっぽりと包み込んでくれるので、まだおすわりが上手にできない赤ちゃんでも安心して座らせてあげられます。

また、赤ちゃんの視野が広がりご機嫌になってくれるのでおすすめです☆

離乳食を与える時の椅子はどうする?

離乳食を食べている赤ちゃん赤ちゃんが離乳食を始めるのが生後5ヶ月頃~になりますので、離乳食を椅子に座らせて食べさせたい!と生後4ヶ月頃の赤ちゃんの椅子を探しているご家庭も多いのではないでしょうか。

一般的なベビーチェアは腰が完全にすわっておすわりができるようになる生後7ヶ月頃から使えるようになるので、離乳食を始める頃の赤ちゃんにはまだ使うことができません。

でも、バンボに代表されるソフトベビーチェアなら、首が据われば使うことができますよ。

ハイローチェアで離乳食を与えると、食べこぼしで汚してしまうのも困りものなので、万が一汚してもさっと拭き取るだけで清潔を保てるバンボ・カリブなどのウレタン素材のベビーチェアがおすすめです。

この他にも、ママの膝に付けて座らせることが出来るチェアベルトも便利ですよ~

おすわりができない赤ちゃんを椅子に座らせる時の注意点

生後4ヶ月の赤ちゃんは首が座って体がしっかりしてきたとは言え、まだ腰が座っていないのでおすわりができない状態です。

まだ自力で座ることができない赤ちゃんを椅子に長時間座らせてしまうと、腰と背骨に負担がかかり発育に良くないとも言われています。

一般的なベビーチェアと呼ばれる椅子は、腰がしっかりとすわった生後7ヶ月頃~使用することができますが、まだおすわりが不安定な赤ちゃんには腰への負担が大きいので使用することができません。

生後4ヶ月頃~おすわりができない赤ちゃんを椅子に座らせるときは、必ず目を離さないようにして短時間座らせるようにしてくださいね。

そして、成長に合わせて座らせる時間を少しずつ長くするようにしてあげましょう☆

まとめ

今回は生後4ヶ月の椅子の選び方!おすわりができなくても座れる椅子は?と題してお話してきましたがいかがでしたでしょか?

まだお座りが上手にできない時期の赤ちゃんにば、バンボやカリブなどのソフトチェアがおすすめです!

ちょこんと椅子に座って得意げな表情をしている赤ちゃんは、とても可愛らしいので写真に収めておきたいシーンの1つです。

また、離乳食を与える時にも役立ち便利な椅子ですよ~

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆

Scroll Up