赤ちゃんのお世話

おすわりできない赤ちゃんに離乳食を与える方法!便利なアイテムも!

離乳食を食べている赤ちゃん

赤ちゃんは生後5~6ヶ月ごろになると、離乳食を始めるご家庭が多くなりますが、ここで問題なのがこの頃の赤ちゃんは、まだしっかりとおすわりできないことですよね。

おすわりの体勢をさせてもすぐに前にグニャンと倒れこんでしまうし、ママの膝の上に座らせて食べさせようとしてもなかなかうまく行かなくて、離乳食を与える時はどうしたらいいんだろう??と悩んでいるママも多いのではないでしょうか?

そんなときには、低月齢から使用できる赤ちゃん用のベビーチェアなどに座らせて、離乳食を食べさせてあげるのがおすすめです!

ここでは、おすわりできない赤ちゃんに離乳食を与える方法!便利なアイテムも紹介します☆

おすわりできない赤ちゃんに離乳食を与える方法とは?

離乳食を食べている赤ちゃん赤ちゃんがおすわりできるようになる時期は、個人差があるものの生後7~9ヶ月頃に完成すると言われています。

それまでは、例えおすわりができたとしてもまだ不安定で、1人でおすわりできない時期でもあるので、ふとした瞬間後ろや前に倒れたりするのを防ぐために、椅子やクッションなど支えになるものが必要です。

また、ママの膝に座らせて、おすわりできない赤ちゃんを支えながら食べさせることもできますが、それだと赤ちゃんの顔を見ながら離乳食を与えることができませんし、何よりも不便ですよね。

そんなときには、低月齢から使用できるベビーチェアなどを使って、上手におすわりができない不安定な時期の離乳食を乗り切るようにしましょう!

離乳食期に便利なアイテム

一般的なベビーチェアが使えるのは、しっかり腰がすわった生後7ヶ月頃~の製品が多く、おすわりできない赤ちゃんに離乳食を与える時にまだ使うことはできません。

そんな場合には、バンボなどのベビーソファや、テーブルに固定して使うチェアベルトなどがおすすめです。

バンボ

バンボは耐水性に優れたベビーソファで、首が据わった生後3ヶ月頃から使用することができる大人気のアイテムです。

柔らかな素材を使っているため、腰回りを優しく包み込んで安定感があるので、まだおすわりができない赤ちゃんでも安心して座らせてあげることができます。

水にも強いので、離乳食の際に汚してしまっても、簡単なに拭き取ることができるのも便利です!

まだ、上手におすわりができない不安定な時期だからこそ、チェアベルトやバンボなどの便利なグッズを使用して、楽しく離乳食を楽しめるようにしましょう!

チェアベルト

チェアベルトとは、大人用の椅子などに取り付けできる、赤ちゃん用のおすわり用補助ベルトのことです。

首が据わったら使用でき、ママの腰に装着することもできるので、両手を空けて楽に離乳食を与えることができます。

コンパクトに折りたたんで持ち運びもできるので、まだおすわりができない赤ちゃんとの外出や帰省時に大活躍してくれます。次に、チェアベルトの便利な使い方について詳しく紹介するので参考にしてみてくださいね!

おすわりがまだ不安定な赤ちゃんに!人気のチェアベルト

チェアベルトに座っている赤ちゃんおすわりは赤ちゃんの大切な成長過程の一つなので、離乳食を始める5~6ヶ月頃には「早くおすわりができるようになて欲しい!」と思うママが増えてくるのではないでしょうか。

しかし、おすわりは突然できるようになるわけではなく、日々の生活中で少しずつ筋肉や体力をつけ、 生後7~9ヶ月ごろに、支えなさしで一人で座れるようになります。

しかし、それまでの赤ちゃんのおすわりが不安定な時期は急に倒れたりして、何かと気が気じゃありませんが、「チェアベルト」があれば、ママも赤ちゃんも安心です!

「チェアベルト」はおすわりができなくてもOK!

「チェアベルト」とは、大人用の椅子に取り付けるこができる、おすわり用補助ベルトのことです。

赤ちゃんの胸から下を包むように支え、ベルトで固定するため、前や後ろに倒れたりすることなく、まだおすわりが不安定な赤ちゃんに、安心して使用することができるので大人気のおすわり補助アイテムです。

一般的なベビーチェアは、「一人座りができるようになってから」を使用条件としといるものが多くあり、離乳食がはじまる時期にはまだ、一人でおすわりができない赤ちゃんが多いので、購入を迷っているご家庭も多いのではないでしょうか?

チェアベルトが人気の理由は、首が据わったら使用できることにもあり、まだおすわりが上手にできない赤ちゃんでも椅子に装着すれば座らせてあげることができることにあります。

大人用の椅子だけでなく、ベビーチェアに取り付ければ、離乳食期にも安心して使えますよ!

まとめ

今回はおすわりできない赤ちゃんに離乳食を与える方法!便利なアイテムも!と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

まだおすわりができない赤ちゃんに離乳食を与える時は、バンボなおのソフトチェア、あたはチェアベルトがおすすめです!

チェアベルトは、椅子だけでなく、ママの腰に装着して赤ちゃんをすわらせてあげることもできます。

外出先や野外で食べる際など椅子を持ち出せないときには、ママの腰に装着して食事をすることもできますし、赤ちゃんが椅子に取付けたチェアベルトを不安がって座らない時にもママのひざの上のすわらせてあげることができます。

チェアベルトは柔らかい布でできていて、とてもコンパクトで軽量なため、ベビーバッグに入れて持ち運ぶこともできますので、一つあると、自宅でも外出先でも使えてとてもおすすめです!

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました!