赤ちゃんのお世話

赤ちゃんが離乳食の時に椅子を嫌がる時の対処法!座ってくれる方法とは?

椅子にすわっている赤ちゃん

赤ちゃんに離乳食をあげる時のために椅子を買ったのに、嫌がることばかりでなかなか座ってくれない・・・と悩んでいるママも多いのではないでしょうか?

椅子に座らせてもじっとしていられないので、食事に集中できずに離乳食もなかなか進まなくて、ついついイライラしてしまう…

離乳食を食べない、ママはイライラしてしまう、と、悪循環に陥ってしまいますよね。

今回は赤ちゃんが離乳食の時に椅子を嫌がる時の対処法!座ってくれる方法とは?と題してお話していきます!

赤ちゃんが離乳食の時に椅子を嫌がる理由とは?

まず、赤ちゃんが椅子を嫌がる理由は何なのか?考えてみましょう。

離乳食を食べることが嫌で椅子を嫌がる赤ちゃんもいますし、椅子に座ることが嫌いだったり、ママに抱っこされたいから椅子に嫌がる赤ちゃんもいます。

きちんと椅子に座って食事をするというマナーを赤ちゃんに教えることも大切ですが、離乳食期は「食事が楽しい!」ということを教える方が大切です。

いくら椅子に座ってくれないからと言って、無理矢理ベルトで椅子に固定したりして座らせることを強制すると椅子を嫌がるだけでなく、食事そのものが嫌いになってしまうので注意が必要なのです。

椅子嫌いにさせないことも大切!

離乳食期の赤ちゃんは、色々なことに興味を持ち、椅子に座るのを嫌がったり、じっとしていられない子がほとんどです。

躾という意味でも、椅子にきちんと座らせて食事をさせたい!という気持ちは十分わかります。

でも、泣いて嫌がっている赤ちゃんを椅子に座らせても、余計に泣いてしまい離乳食どころじゃなくなってしまいますよね。

赤ちゃんの中で「嫌いな椅子に座らされる=離乳食」のようにリンクされてしまうと、椅子だけでなく食事も嫌いになってしまう可能性があります。

今後の事も考え、椅子嫌いにさせないためにも、無理矢理座らせるのはやめましょう。

ママの膝に座るのもOK!

色々な椅子を試したり、試行錯誤しても赤ちゃんが椅子に座るのを嫌がる場合は、ママの膝に座らせて離乳食を与えてみましょう。

膝につけるタイプのチェアベルトを使ってみるのもいいかもしれませんね。

椅子に座るよりママの膝に座る方が安心できるようなら、しばらくの間は椅子に座る練習をお休みして、まずは離乳食が美味しく食べられる環境を作ってあげることも大切です。

時期が来れば、どの赤ちゃんも椅子に嫌がることなく座ってくれるようになるので、焦らなくても大丈夫!

まずは椅子に座ることより、離乳食を食べることが大切なので、ママも一息ついて長い目で見ながら楽しんで離乳食を与えてくださいね☆

おすすめのチェアベルト

矢印アイコンチェアベルトの人気ランキング

Sponserd Link

赤ちゃんが離乳食中に椅子に座らない理由と対策方法

離乳食を食べている赤ちゃん赤ちゃんに離乳食を与えている時にじっと椅子に座らなくて困っているママはとても多く、何とかして座らせたい!!と試行錯誤しているのではないでしょうか。

そんな時は、まずは赤ちゃんが椅子に座らない理由を考えてみてから対策をしていきましょう。

次に、赤ちゃんが離乳食中に椅子に座らない時におすすめの対策と改善方法を紹介します☆

赤ちゃんが椅子に座らない理由とは?

離乳食期の赤ちゃんは自分の近くにある色々な物に興味津々で、まだ1つのことに集中することが難しい月齢でもあります。

赤ちゃんが椅子に座らない…と悩んでいる時は、まずは赤ちゃんに離乳食を与えている環境を見直してみましょう。

おもちゃが近くに合ったりテレビをつけっぱなしにして食事を与えると、離乳食に集中出ずに椅子に座らないのも当然と言えば当然です。

おもちゃも片づけてテレビを消しても赤ちゃんが椅子に座らない場合は、足が床につかず立ち上がることができないテーブルチェアがおすすめです。

テーブルチェアなら必然的に椅子に座らないといけないので、赤ちゃんは離乳食に集中できるようになるだけでなく、ママと目線が合いやすい高さなので食事の楽しさを覚えてくれますよ!

おすすめのテーブルチェア

矢印アイコンテーブルチェアの人気ランキング

まず、食事の楽しさを教えるのが◎

赤ちゃんが椅子に座らない、離乳食を食べてくれない、と悩んでいるママの中には、ベルトで赤ちゃんを椅子に無理矢理座らせて離乳食を与えてしまうケースもあるようです。

でも、椅子に座らないからと言って無理矢理椅子に座らせるのは逆効果で、赤ちゃんは椅子も離乳食も嫌いになってしまう可能性もあります。

まずは、食事に集中できる環境づくりと椅子選びをして、焦らずゆっくり赤ちゃんに離乳食を与えて「食事は楽しい!」ということを教えてあげましょう。

その上で、椅子に座れるように導いてあげてくださいね☆

SponserdLink

まとめ

今回は赤ちゃんが離乳食の時に椅子を嫌がる時の対処法!座ってくれる方法とは?と題してお話してきましたが、いかがでしたでしょうか?

せっかく買ったベビーチェアに赤ちゃんを座らせて離乳食を食べてもらいたいのに、泣いて座るのを嫌がる、なかなか座ってくれないとなると悲しい気持ちになりますよね。

また、躾のために!と嫌がる赤ちゃんを無理矢理椅子に座らせようとしてしまう気持ちもわかりますが、怖い顔をしたママを見て赤ちゃんは更に泣いてしまったり、椅子を嫌いになってしまうことも…

今は離乳食中になかなか椅子に座ってくれなくても、成長に伴ってお行儀よく座ってくれるようになるので、ママも焦らずにゆったりとした気持ちで見守ってあげましょう。

食事が楽しい!と感じるようになってくれればきっと椅子に座れるようになるので、焦らず長い目で捉えて、安心して赤ちゃんと向き合って下さいね!

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆

*関連記事*  バスチェアはいつまで使える?必要な期間はどれくらい?使い方のコツも!
Scroll Up