夏の服装と過ごし方

夏、赤ちゃんにエアコンを使う時の布団の選び方!夜の寝冷え防止対策

寝ている赤ちゃん

夏になると暑くてエアコンを使った環境で赤ちゃんを寝かせることが増えてきますが、そんな時はお布団は何をかけてあげたらいいのか?悩みますよね。

夜寝ている時にエアコンが効いているから厚手の布団にした方がいいのか、それとも夏用の布団にしたらいいのか?または、布団はかけなくてもいいのでしょうか?

また、寝ている時に何度お布団をかけても蹴る子も多く、いつも布団をかけていない状態で寝ている赤ちゃんもいると思います。

エアコンを使っている場合は寝冷えの心配がありますが、どんな対策をしてあげたらいいでしょうか?

今回は夏、赤ちゃんにエアコンを使う時の布団の選び方!夜の寝冷え防止対策と題してお話していくので参考にしてくださいね。

夏、赤ちゃんにエアコンを使う時の布団の選び方

寝ている赤ちゃん夏の夜にエアコンが効いている部屋で赤ちゃんが寝る時の布団は、設定によって変わってきます。

一般的に赤ちゃんが快適に過ごせる室温は26℃~28℃なので、それくらいの設定温度であれば夏用の薄手の布団か、タオルケットなどが最適ですよ。

エアコンの設定温度が25℃以下で大人も肌寒いと感じる場合はエアコンの温度を上げるのが一番ですが、上げられない場合は少し厚手の綿布団やタオルケットを2枚重ねにしてかけてあげましょう。

また、いくらエアコンを使っているからと言って、厚手のお布団をかけてしまうと暑くなりすぎて寝汗をたくさんかいて、あせもの原因になってしまう恐れもあります。

このことからも夏の夜、エアコンを使っている場合も、薄手の夏掛けを選ぶようにしてくださいね!

夏におすすめ!赤ちゃんの布団にも使えるひんやりマット

暑い夏の時期、夜寝るときにエアコンをかけて赤ちゃんを寝かせると体によくないのでは?と心配になることもありますよね。

また、推奨されているエアコンの設定温度の26~28℃では赤ちゃんが寝汗をかいてしまう…とお困りのママもいると思います。

そこでおすすめなのが、敷き布団の上に敷くだけのベビー用のひんやりマットです。

特殊な素材で作られていて、赤ちゃんが快適に眠れる肌温度にしてくれるので、ひんやりしていてとても気持ちがいい夏の必需品ですよ~

ベビー用が◎

寝苦しい夜が続く夏の夜、布団の上に敷くタイプのひんやりマットが人気ですが、赤ちゃんも使っていいのでしょうか?

赤ちゃんは大人の2倍の汗をかくと言われていて、夏は上手に体温調節ができずに寝苦しそうで可哀想ですよね。

吸湿性も高く汗をかいたら吸い取ってくれて洗うことができるので、夏の時期の赤ちゃんの布団に敷いてあげると快適ですよ。

ただし、大人用のひんやりマットは冷却力が強く、赤ちゃんの体を冷やしすぎてしまう恐れがあるので使用は避けるようにしましょう!
おすすめのひんやりマット
矢印アイコンひんやりマットの人気ランキング

夏の夜、エアコンを使う場合の寝冷え対策はスリーパーが◎

スリーパーを着ている赤ちゃん夏の夜、エアコンが効いている環境で布団をかけても赤ちゃんが蹴り飛ばしてしまい、気づいたら布団をかけてなくて驚いた!ということもありますよね。

そんな時はベストタイプのスリーパーを着せてあげると汗を吸い取りながら、寝冷えを防いでくれるのでおすすめです。

スリーパーは上半身~太ももくらいまですっぽり覆ってくれるので、どんなに寝相の悪い赤ちゃんでもお腹が出る心配がないので、例え夜中に布団から体が出てしまっても安心!

上質なガーゼ素材のスリーパーなら、夏はもちろん、冬の寒い時期の寝冷え防止アイテムとして大活躍してくれるので1枚持っていると重宝しますよ☆[夏スリー]

環境に合わせて布団を選びましょう!

体温が大人より高い赤ちゃんは夏は布団なしでもすやすや眠ることができますが、エアコンをつけている場合は体が冷えやすいので注意が必要です。

赤ちゃんが暑がっても、必ず夏用のタオルケットやスリーパーで寝冷えを防止してあげるようにしてくださいね!

夏に赤ちゃんが布団なしで眠ってしまうのは暑いからなので、寝る時の服装・室温・湿度を見ながら快適に眠れるための環境を作ってあげるようにしましょう。

また、エアコンを使って26~28℃設定にしていても、体温が高い赤ちゃんは寝汗をかいてしまうこともあります。

もし、寝ている時に汗だくになっているようなら設定温度を少し下げたり、パジャマを脱がせて肌着で寝かせるなど布団意外にも工夫するようにしてみてくださいね!
SponserdLink

まとめ

今回は夏、赤ちゃんにエアコンを使う時の布団の選び方!夜の寝冷え防止対策と題してお話してきましたが、いかがでしたでしょうか?

夏の夜は暑くてついついエアコンをつけてしまいますが、赤ちゃんは体温調節が難しいので温度設定は26~28℃にしましょう。

また、エアコンは1日中つけっぱなしにはせず、朝晩の涼しい時間帯は窓を開けて外気を部屋に取り込むようにしたり、扇風機を使って風を循環させて涼しくするのもおすすめですよ。

赤ちゃんは夏エアコンの効いたお部屋で寝かせても汗はたくさんかくので、布団のシーツもこまめに洗濯し、カビの発生を防ぐためにもお布団を天日干しするようにしてくださいね!

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆

*関連記事*  夏赤ちゃんが布団を蹴る時の対策はこれ!寝冷えを防ぐ方法も紹介!
Scroll Up