夏の服装と過ごし方

夏の赤ちゃんとの外出はベビーカーと抱っこ紐のどっちがいい?選び方と注意点

ベビーカーに乗っている赤ちゃん

赤ちゃんと夏のお出かけする時に、ベビーカーにしようか?抱っこひもにしようか??迷うことがありますよね。

夏は地面からの照り返しの熱でベビーカーが暑くなるから避けたほうがいいのか、かと言って赤ちゃんとママが密着する抱っこ紐も暑いですよね。どっちにしようか迷った時は、目的に合わせて選ぶようにしましょう!

ここでは、赤ちゃんと夏にお出かけする時のポイントと注意点を紹介します☆

ベビーカーが最適な場合

ベビーカーに乗っている赤ちゃん赤ちゃんとのお出かけは荷物が多くなるものですが、夏は着替えやタオルなど更に荷物が増えるので、お散歩や公園へ遊びに行く時、お買い物などに出かけるときはベビーカーを使うのが最適です。

地面からの照り返しでベビーカーが暑くなることが気になるなら、保冷剤が入るベビーカー用のシートを付けてあげると赤ちゃんも快適に過ごすことができます。

夏用のシートに使われている保冷剤は冷凍庫で冷やしても硬くならず、冷えすぎないようにできているので赤ちゃんにも安心して使えるのでおすすめです☆

夏のベビーカーの暑さ対策

近年夏の気温は年々上昇していて、熱中症対策が夏の重要な問題となっていますね。大人以上に気をつけたいのが、赤ちゃん、特にベビーカーを使用している時です。

ベビーカーは大人よりも地面に近い位置に赤ちゃんが乗るので、夏場は大人の体感温度よりも高くなると言われています。特にアスファルトの場合放射熱の影響を受けやすく、ベビーカー内は大人の顔の位置よりも3度以上も高いというデータも!!

夏場にベビーカーを使用する場合はなるべく日陰を選び、日向のアスファルト上で停車することは避けましょう。ベビーカー用の冷感シートを使用すると体感温度が下がるのでおすすめです!

Sponserd Link

抱っこ紐が最適な場合

抱っこ紐で抱かれている赤ちゃん電車やバスなどの公共機関を使っての赤ちゃんとのお出かけや、車でそのまま商業施設内に入って外に出ることがない場合は、夏は冷房が効いているので抱っこ紐の方が身軽に動くことができます。

でも、冷房が効いているとは言え、夏は抱っこ紐で赤ちゃんと密着しているとどうしても熱がこもってしまいますよね。そんな時は、抱っこ紐に装着できる冷却パットを準備しておけば、熱がこもらないので赤ちゃんも快適です!

抱っこ紐だけでなくベビーカーに使えるタイプもあるので、夏のお出かけに大活躍してくれますよ!

夏の抱っこ紐の暑さ対策

赤ちゃんとのお出かけのに抱っこ紐はとても便利ですが、夏は赤ちゃんと密着するので暑くなりすぎないか?心配ですよね。夏に抱っこ紐を使うと、ママも赤ちゃんもお互い暑くて汗だくになることも・・・

でも、お出かけの際の抱っこ紐はとても便利なので、夏場はできるだけ抱っこされている赤ちゃんが不快に感じないように暑さ対策をするようにすれば快適に使えます!

手軽にできる暑さ対策方法は、お出かけ時に小さな保冷剤を持ち歩くことです。

赤ちゃんが暑そうなら、タオルで保冷剤を巻いて赤ちゃんの首に当てて体温を少し下げてあげましょう。

夏は紫外線が強く、赤ちゃんの手足が抱っこ紐から出て日焼けしやすいので、UVカット機能付きのケープがおすすめです☆

両方賢く使って、お出かけを楽しもう!

夏の赤ちゃんとのお出かけは、お出かけ先が冷房が効きすぎている事もあるので、オムツなど身の回りのお世話アイテムの他、赤ちゃん用の羽織りものを持っていく必要があるので、どうしても荷物は多くなりがちですよね。

そんな時は、ベビーカーに抱っこ紐を積んで赤ちゃんとお出かけして、臨機応変に使い分けるのが賢い使い方です。

赤ちゃんの荷物は減らさずに、外出先によってベビーカーと抱っこ紐を使い分けて、夏のお出かけを楽しみましょう☆

SponserdLink

赤ちゃんの夏のお出かけに最適な服装とは?

9ヶ月の赤ちゃん赤ちゃんと夏にお出かけする時、ベビーカーでも抱っこ紐でも、どんな服装にしたらいいのか?迷ってしまいますよね。

ジリジリと照りつける太陽光やアスファルトからの反射熱、など夏のお出かけは赤ちゃんにとって危険がいっぱい!赤ちゃんを守りつつ、快適に過ごせる服装を選んであげたいですよね!

赤ちゃんの夏のお出かけ時の服装におすすめなのが、通気性のよい素材を使った肌着と半袖カバーオールの組み合わせです。

夏は天竺素材やドライ素材のものが涼しくてGOOD!暑いと肌着を着せるのは暑そう!と思われるかもしれませんが、肌着は汗を吸収する役目があるため夏でも出来るだけ着せてあげてください。

赤ちゃんは体温調節機能が未発達なので、 お出かけしていて、ふと赤ちゃんを見たら汗びっしょり!なんてことも多々あります。夏は特に汗をかきやすいので着替えも多めに用意して、お出かけにも1組は持っていくようにしましょう☆

夏のお出かけには帽子がマスト!

お出かけするときに気になるのが、夏の強い日差しですよね。赤ちゃんの肌は大人の半分ほどの薄さしかないので、 夏の強い紫外線を浴びてしまうと、たちまち日焼けしてしまい熱を持ってしまうことも。

うっかり日焼け止めを忘れた!なんて時のために、お出かけ時には帽子を必ず着用させた服装を赤ちゃんにさせてあげましょう。

帽子は、ゴム・紐がついているものの方が、風に飛ばされたり、首を動かしても落とす心配がありませんし、 なるべく顔が覆えるよう、出来るだけつばが広いものがおすすめです☆

適切な温度調節と暑さ対策が◎

赤ちゃんとママ赤ちゃんは体の温度調節機能が未熟で、夏の暑さを自分で温度調節できないので、油断するとすぐ熱中症になってしまいます。

夏のベビーカー・抱っこ紐使用時には水分補給を十分に行い、なるべく涼しい場所を選んであげるよう心がけてください。

出来ることなら夏場の炎天下の中でのベビーカー・抱っこ紐の使用は避け、涼しくなってから赤ちゃんとお出かけしましょう。

また、夏に赤ちゃんを連れてお出かけしているときは、こまめに赤ちゃんの様子を確認してあげてください。

汗をいっぱいかいているようなら汗を拭きとってから着替えをしてあげたり、水分補給をしてあげるようにしましょう。

お出かけの時にはとても便利な抱っこ紐なので、夏は暑さ対策や赤ちゃんの体調に気を付けながら使ってくださいね!

*関連記事*  夏の夜に赤ちゃんが起きるのは暑いから?朝までぐっすり寝かせる方法!
Scroll Up