夏の服装と過ごし方

生後8ヶ月の服装│夏服の選び方!お出かけ・寝るときの服装も紹介!

8ヶ月

生後8ヶ月を過ぎると赤ちゃんはずりばい~はいはいが上手にできるようになり、部屋中を元気に動き回って満足げな笑顔が見られる可愛い時期ですね。

そんな赤ちゃんに、夏はどんな服装をさせたらいいのか?迷ってしまいますよね。

活発に動き回るので夏は特に汗をたくさんかいてしまうので、吸湿性・通気性に優れた素材の肌着と、伸縮性が高くて動きやすく、涼しい服装を選んであげることが大切ですよ。

今回は生後8ヶ月の夏の服装は何を着せる?お出かけ・寝るときの服装も紹介!と題してお話していくので、参考にしてくださいね!

生後8ヶ月 夏の服装の選び方

8ヶ月お部屋の中をハイハイで元気に動き回る生後8ヶ月頃の赤ちゃんはの服装は、夏に室内で過ごすときは基本的に肌着1枚や薄手のロンパースやカバーオールが動きやすくて◎

そろそろ上下にわかれたセパレートタイプの服装も着せやすくなってくる時期です。

でも、室内でハイハイやズリバイをすると、ズボンが脱げやすくてお腹を冷やしてしまいがちなので注意しましょう。

生後8ヶ月頃の赤ちゃんは動き回ることで体がしっかりしてくるものの、まだ体が弱く体調を崩しやすいので夏の冷房対策ができる服装を準備しておくことも大切です☆

室内の服装の選び方

夏の室内で過ごすときの服装は、8ヶ月頃の赤ちゃんは肌着1枚やロンパースが一番快適に過ごせます。

ただし、ハイハイする赤ちゃんは丈の短いタイプの肌着だとお腹がめくれてしまうので、お腹が出ないタイプのものを着せてあげましょう。

お部屋で思いっきりハイハイさせるならカバーオール、お出かけにはセパレートの洋服を着せるのがおすすめですよ![夏カバー]

Sponserd Link

生後8ヶ月 夏のお出かけ時の服装の選び方

生後8ヶ月の赤ちゃんが夏にお出かけする時の服装は、半ズボン+トップス、ショートパンツ+トップスなどセパレートタイプの服装が可愛く着こなせるようになってきますね!

もちろん、ローンパースタイプの服装も可愛いものがたくさんありますし、動きやすいので夏の服装におすすめです。

おでかけ着にはしっかりとした素材のものも多いのですが、夏は熱がこもりやすく暑くなりすぎてしまうこともあるので、通気性に優れた素材を選ぶことも大切です。

お出かけ時にはなかなか着替えができない事もありますが、そんな時は背中に汗取りガーゼを挟んでおくとあせも予防になりますよ!
おすすめの汗取りパット

矢印アイコン汗取りパッドの人気ランキング

寝るときの服装の選び方

生後8ヶ月の赤ちゃんの夏に寝るときの服装を選ぶときは、寝室にエアコンをつけるか?つけないか?で着せる服が変わってきます。

・エアコンをつける場合
→肌着+ロンパースなどのベビー服

・エアコンをつけない場合
→お腹が出ないタイプの肌着のみでOK!

寝室にエアコンをつけて26~28℃に設定している場合は、肌着だけだと冷えすぎてしまうこともあるので、ロンパースなどの涼しいベビー服を着せてあげましょう。

エアコンをつけない環境で寝る場合は、熱がこもらないようにお腹が出ないボディ肌着やグレコなどの服装が快適です。

暑くて寝つきが悪い場合は、ベビー用のひんやりマットやアイスノンを使うのもおすすめですよ!

おすすめの汗取りパット

矢印アイコン汗取りパッドの人気ランキング

服装で汗疹が予防できる!?

夏の時期に一番できやすく、治りにくい汗疹は、肌着に汗がついたまま放置することで肌に雑菌が繁殖してできてしまいます。

少しでも汗をかいたらこまめに肌着を着替えさせて、関節や首・背中をタオルでさっと拭いてあげるだけで汗疹の予防にもなりますよ。

また、ガーゼ素材の汗取りパッドを背中に挟み込んであげると汗疹予防になりますし、汗をかいたら引き抜けばいいだけなのでお着替えの手間も減らせるのでおすすめです!

生後8ヶ月の赤ちゃんが快適に過ごせるように、吸湿性・通気性に優れた綿素材の服装を選んであげるようにして下さいね☆
SponserdLink

生後8ヶ月 エアコンを使う時の服装の選び方

8ヶ月お部屋の中をあちこち動き回る生後8ヶ月の赤ちゃんは、体を動かすとすぐに体温が上がって汗を沢山かいてしまいますよね。

夏はエアコンを26℃~28℃設定にして過ごしやすい環境を整えてあげるのが推奨されていますが、気になるのは体が冷えてしまわないか?ということではないでしょうか。

エアコンを使うからと言って厚手のベビー服を着せたり、重ね着をさせるとかえって熱がこもってしまうので、エアコンの冷え対策としておすすめなのはスリーパーを羽織らせてあげることです。

カーディガンだと袖が暑くて嫌がってしまう赤ちゃんが多いのですが、ベストタイプのスリーパーなら嫌がらずに着てくれますよ!

日中の室内での冷房対策はもちろん、夜寝るときの寝冷え対策としてもマルチに使えますし、年間を通して使えるアイテムなので1枚持っていると重宝しますよ![夏スリー]

足元の冷え対策はどうする?

冷気は低い位置にたまりたすい性質があるので、エアコンを使う時は赤ちゃんの足元の冷えにも気を配ってあげたいですよね。

特に生後8ヶ月の赤ちゃんはズリバイやハイハイをしたり、冷えた床に触れる機会が多いので、レッグウォーマーで足元をしっかり覆って冷えから守ってあげましょう。

特に短い丈のカバーオールや、半ズボン・スカートを履かせているときは、足が向き出しになっている状態なので冷えてしまいやすくなっています。

そんな時は、レッグウォーマーを上手に使って生後8ヶ月の赤ちゃんの足元の冷え対策をしてくださいね!

まとめ

今回は生後8ヶ月の夏の服装は何を着せる?お出かけ・寝るときの服装も紹介!と題してお話してきましたが、いかがでしたか?

生後8ヶ月の赤ちゃんは、夏は特に汗をかきやすく汗疹ができやすい時期でもあるので、吸湿性・通気性に優れて動きや薄い服装をさせてくださいね。

また、夏はお出かけの機会も多いと思いますが、外出先で冷房が効きすぎていて寒くて赤ちゃんが風邪を引いてしまった!という事がないように、荷物の中にカーディガンやレッグウォーマーを入れていくようにしましょう。

生後8ヶ月の赤ちゃんが楽しく夏を過ごせるように、肌着とベビー服を選ぶのはもちろん、エアコンを使う時の寒さ対策もしっかりして、元気に夏を乗り切って下さいね!

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆

*関連記事*  生後2ヶ月の服装│夏服の選び方!お出かけ・寝るときの服装も紹介!
Scroll Up