生後2ヶ月

生後2ヶ月湿疹を繰り返す原因は?乳児湿疹と乾燥との関係と治し方も!

生後2ヶ月

赤ちゃんの肌はもちもちして、綺麗な肌が羨ましい位ですが、まだお肌が薄くてバリア機能も低く、とてもデリケートです。

新生時期~生後2ヶ月頃までに「赤ち ゃんに乳児湿疹が出てしまった!」という経験をされたママは実はとても多いんですよ。

乳児湿疹は多くの赤ちゃんが経験するものですが、赤味を伴った湿疹がたくさんできてしまうと「綺麗に治るのかな?」と心配になることがありますよね。

でも、乳児湿疹はほとんどが綺麗に治るものなので安心してくださいね!

今回は、新生児~生後2ヶ月頃の赤ちゃんに乳児湿疹ができる原因や対処方法を紹介します。

生後2ヶ月湿疹を繰り返す原因は?

湿疹ができている赤ちゃん乳児湿疹は、生後すぐ~生後2ヶ月頃の赤ちゃんにできやすい湿疹のことを指しますが、乳児湿疹の原因は特定することが難しいのが現状です。

産まれてすぐから頬など顔に、ポツポツと赤い湿疹が出来ることもありますが、大体が生後1週間から2週間程から出始めます。

顔だけに出ることが多く、生後1~2ヶ月をピークに段々と落ち着いてくるものなので安心してくださいね。

新生児~生後2ヶ月頃の乳児湿疹の原因は?

生後2ヶ月頃までの赤ちゃんは、皮脂の分泌量が多いことが原因で乳児湿疹が出ていることが多くあります。

人間の皮膚からは皮脂が分泌されており、肌の表面から有害物質の侵入を防いだり、水分の蒸発を防ぐなどの役割があります。

その皮脂は、ママのお腹の中にいた時のホルモンの分泌が盛んになっているため、毛穴に皮脂が詰まりやすく、皮脂腺に溜まってしまい湿疹が出来てしまうのです。

湿疹は主に頬やおでこなどの顔だけに出来ることがほとんどで、稀に体にも出来ることがありますが、悪化しているという訳ではないので心配しなくても大丈夫ですよ。
Sponserd Link

新生児~生後2ヶ月頃の乳児湿疹と乾燥は関係ある?

保湿をしている赤ちゃん新生児~生後2ヶ月頃に出来やすい乳児湿疹は、乾燥が原因だから保湿をしっかりしている!というママも多いかもしれませんね。

でも、赤ちゃんの月齢によって、乳児湿疹の原因が異なるので、乾燥が乳児性湿疹の原因であるともハッキリ言えないのです。

この時期に出来やすい湿疹の一つの原因を突き止めることは難しいですが、湿疹の原因の多くは生後2ヶ月頃までは皮脂の分泌量が多いことが挙げられます。

そして、乾燥が原因の乳児湿疹は、主に生後3ヶ月頃からになっています。

月齢や湿疹の種類によって状態も違う?

また、湿疹ができてしまう原因は1つだけでなく、いくつかの原因が合わさっている場合もあります。

そして、月齢や湿疹の種類によっても、湿疹が出来る部位や状態も多少異なります。

乳児湿疹の原因特定は難しく、月齢や湿疹の種類で判断されるとお話しましたが、この時期に出る湿疹もまだ月齢や湿疹の種類で診断されます。

まず、生後2ヶ月の赤ちゃんに出来てしまった湿疹の原因を知るためには、病院で診察してもらうのが一番早く原因や対処方法が見つかるかもしれませんね。

生後3ヶ月~は乾燥が原因の乳児湿疹に注意!

新生時期~生後2ヶ月頃の赤ちゃんは皮脂の分泌量が多いことが原因で乳児湿疹になっていましたが、生後3ヶ月頃には皮脂の分泌量が急激に減少して乾燥してきます。

すると今度は、肌が乾燥してしまいカサカサになってしまうのです。

人間の皮膚は、汚れやウイルスの侵入を防いだり、体内の水分が出て行かない「バリア機能」を持っています。

しかし、赤ちゃんの皮膚はまだ未熟なため、肌に刺激があり更に乾燥が加わってしまい、肌が炎症を起こして湿疹が出来てしまう恐れもあります。

そして、生後3ヶ月以降はしっかりとした保湿が必要なので、お肌に合った保湿剤を選んであげてくださいね。
SponserdLink

新生児~生後2ヶ月の乳児湿疹の対処方法

保湿をしている赤ちゃんお肌が柔らかくデリケートな新生時期~生後2ヶ月頃までの皮脂が多いことが原因の乳児湿疹は、症状が軽いうちからしっかり対処してあげれば段々とよくなってくれることがほとんどです。

でも、なるべく早く乳児湿疹を治してあげたいですよね。

次に、自宅で出来る乳児性湿疹の対処法を紹介します。

低刺激の石鹸でガーゼか手で優しく洗おう

お風呂に入った時は、赤ちゃん用の低刺激の石鹸を使って、しっかり泡を立てて手やガーゼで優しく洗ってあげましょう。

新生児~生後2ヶ月頃の赤ちゃんのお肌をゴシゴシ洗ってしまうと、刺激を与えすぎて湿疹が悪化してしまったり、炎症を起こしてしまうこともあります。

石鹸を泡立てたら、ガーゼや手に取り、優しく円を描くように洗ってあげましょう。

そして石鹸が残らないようにしっかり洗い流してあげることで、残った石鹸がまた皮膚に刺激を与えてしまうのを防ぐことができますよ。

保湿をしっかりする

そして、赤ちゃんがお風呂から上がったあとは、早めにベビー用のローションやクリームで保湿してあげてください。

保湿のタイミングは、お風呂から上がってから10分以内がベストなので、お風呂から上がって、服を着せたりした流れで保湿してあげるといいですね。

赤ちゃん用の保湿剤などを使って、お風呂上がりにはもちろん、外出後や寝起きなども肌が乾燥していますので、保湿を心がけましょう。

まとめ

ママと赤ちゃんいかがでしたか?新生児~生後2ヶ月頃にできやすい赤ちゃんの乳児湿疹は、早めのケアをすればひどくならずに済みなます。

湿疹が出ないようにする、悪化するのを不セウタ目には、日頃からお肌を清潔に保ち保湿をすることが大切です。

湿疹が酷くなってしまうと、チュグチュになってしまって痛そうだったり、痒そうで見ていられないくらいの状態になってしまうこともあります。

酷くなる前に自宅で出来ることはしてあげて、酷い場合は医師に相談しながら、適切な対処を行ってあげてくださいね。

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆

*関連記事*  生後2ヶ月指しゃぶりをする理由は空腹?それとも愛情不足??
Scroll Up