夏の服装と過ごし方

赤ちゃんの夏のパジャマは肌着でもいい?半袖と長袖はどっちがいい?

赤ちゃんの肌着

暑くて寝苦しい夜が続く夏には、赤ちゃんはどんなパジャマを着せて寝かせればいいのか?迷ってしまいますよね。

寝汗をたくさんかくので、パジャマではなく肌着だけの方が快適なのかも?と思うこともありますよね。

また、パジャマには半袖と長袖のものがありますが、赤ちゃんは体温調節機能が未熟で、夏でもうっかり冷やしてしまうと風邪をひいてしまう恐れがあります。

エアコンを使っている時・使っていない時、気温が高い時・低い時で臨機応変にパジャマの袖丈を変えてあげるようにしましょう!

今回は赤ちゃんの夏用パジャマは肌着でもいい?半袖と長袖はどっちがいい?と題してお話していくので参考にしてくださいね!

赤ちゃんの夏のパジャマは肌着でもいい?

赤ちゃんの肌着暑い夏、赤ちゃんにパジャマを着せると暑そうで可哀想・・・そんな時は、パジャマは着せずに肌着で寝かせた方が快適じゃないかな?と思うこともありますよね。

基本的に赤ちゃんの服は大人より1枚少なくすると言われているので、 寝苦しい夏の夜にはパジャマを着せずに肌着1枚で寝かせても大丈夫ですよ!

その際は、コンビ肌着や半袖ボディースーツなど寝返りしてもお腹が出ない肌着をパジャマ代わりに着せてあげると冷え防止になりますよ。

肌着には半袖・長袖のものがありますが、ノースリーブだと脇の下の汗が吸収できないので、肌着のみで寝かせる場合は袖ありの半袖の物にするのがおすすめです。

エアコンを使っているお部屋でパジャマを着せずに肌着だけで寝かせる場合は、室温を高めに設定するようにしてください。

また、寝冷えが心配な場合は、通気性・吸湿性に優れた夏用スリーパーを着せて体温調節をするようにしてあげてくださいね。[夏スリー]

夏の肌着の重要な役割とは?

夏は暑いから・・・とパジャマの下に肌着を着せていない、というご家庭もあるかもしれませんが、半袖・長袖に関わらず肌着は汗取りの役目もあるので着せてあげることをおすすめします。

赤ちゃんが寝汗をかいたら肌着だけを交換してあげればいいですし、お腹をカバーしてくれるロンパースタイプの肌着なら寝相が悪くてもお腹が出ないので安心ですよ。

夏は暑くても、エアコンで冷やしすぎても赤ちゃんは体調を崩しやすいので、赤ちゃんの様子を見ながらパジャマと肌着を調節してあげるようにしてくださいね!

また、赤ちゃんは大人よりも体温が高いので、パジャマを着せていても、肌着だけで寝かせていても、寝汗をたくさんかいてしまいます。

汗をかいたままにしておくと、汗が冷えて体を冷やしてしまいますし、肌に付いた汗から雑菌が繁殖して汗疹の原因にもなりかねないので、汗をかいたらすぐに肌着を着替えさせてあげてくださいね。

赤ちゃんの状態や室内環境に応じて肌着とパジャマの着せ方を工夫して、暑い夏の夜を快適に過ごしましょう!
Sponserd Link

パジャマは半袖?それとも長袖??

寝ている赤ちゃん暑い夜の赤ちゃんのパジャマは、基本的に半袖・半ズボンが涼しくて快適です。

月齢の小さな赤ちゃんは半袖・半ズボンのロンパースをパジャマ代わりにしてもいいですし、涼しい夏生地で作られた甚平も夏の寝るときの服装におすすめですよ。

上下に分かれたセパレートタイプのパジャマを着せると、寝返りの際におなかが出てしまい寝冷えする可能性もあるため、腹巻付きズボンや、肌着をつなぎタイプのものを選ぶようにすると安心です。

エアコンをつけて寝かせる場合や少し肌寒い日には、夏用のスリーパーを着せてあげると汗をしっかり吸収しながら寝冷えを防いでくれます。

また、日中も冷房対策として使えるので、夏用のスリーパを1枚持っていると重宝しますよ!

長袖・長ズボンで寝冷え対策!

夏の夜は、寝るときは暑くても朝け方になると冷えたり、雨が続いて気温が上がらずに肌寒い日もありますよね。

そんな涼しい夏の夜に備えて、冷え対策に長袖・長ズボンの赤ちゃん用のパジャマをを1組用意しておくといいでしょう。

赤ちゃんは寝ているときでも寝返りをし激しく動き回るので、ゆったりしていて締め付けがないパジャマを着せてあげてくださいね!

夏はその日の気温や赤ちゃんの過ごす環境に応じて、半そで・長袖のパジャマを上手に使い分けて、スリーパーを活用しながら上手に温度調節をするようにしましょう。

また、冷房を使って寝かせている場合、足元が冷えが気になる・・・そんな時はレッグウォーマーを履かせてあげるのがおすすめです
おすすめのレッグウォーマー

矢印アイコンレッグウォーマーの人気ランキング

肌着+パジャマで冷えを防ごう!

エアコンをつけていたり肌着1枚では寒そうなときは、上に夏物の半袖カバーオールや、ツーウェイオールをパジャマとして着せてあげるのがおすすめです。

夏の夜は寝返りをたくさんしてお腹が出やすいので、お腹が冷えないような腹巻付のものパジャマを肌着の上に着せてあげると安心ですね。

寝る時にパジャマを着る習慣づけをすると 「パジャマを着たらねんねの時間」というように、昼夜の区別をがつき、生活リズムが整いやすくなるメリットもありますよ!

また、赤ちゃんは体温が高くて暑がりなので、夏の夜は布団をかけても蹴飛ばしてしまい、お腹を冷やしてしまうのでは?と心配な時もありますよね。

そんな時は、肌着+パジャマの上にガーゼタイプの夏用スリーパーを着せてあげるのがおすすめです☆

SponserdLink

まとめ

今回は赤ちゃんの夏用パジャマは肌着でもいい?半袖と長袖はどっちがいい?と題してお話してきましたが、いかがでしたでしょうか?

寝苦しい夏の夜は、赤ちゃんの寝るときの服装は肌着だけでいいのかな?パジャマは半袖・長袖のどちらがいいのか?など悩んでしまいますが、基本的には涼しい服装で寝かせてあげましょう。

ただし、エアコンを使ったり、窓を開けたまま寝かせていると、寝相の悪い赤ちゃんはお腹を冷やしてしまう恐れがあるのでスリーパーを着せて寝かせてあげると安心です。

夏を楽しく健康に乗り切るためにも、赤ちゃんの寝る時の服装・パジャマはその日の天候・気温を見ながら臨機応変に対応してあげて下さいね☆

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆

*関連記事*  ベビーカーの夏の温度はどれくらい?効果的な暑さ対策と注意点
Scroll Up