春の服装と過ごし方

生後6ヶ月│春の服装は何を着せる?お出かけ・寝るときの服装も紹介!

生後6ヶ月

だんだん暖かくなってくると、今まで着せていた冬の服装ではちょっと暑そうだし、生後6ヶ月の赤ちゃんにも春らしい服装をさせてあげたくなりますよね!

でも、春はどんな服装をさせたらいいのか?と迷っているママも多いのではないでしょうか?

生後6ヶ月の赤ちゃんの春の服装は、ボディ肌着+カバーオールorロンパースが基本となり、個人差はありますが腰が座ってくる時期でもあるので、頭からかぶるタイプの服装も着せやすくなってきます。

また、春は寒暖差が激しいので赤ちゃんが体調を崩してしまわないように、室温管理や、お布団の掛け方など快適に過ごす為の工夫でより快適に過ごせますよ!

今回は、生後6ヶ月の春の服装は何を着せる?お出かけ・寝るときの服装も紹介!と題してお話ししていくので参考にしてくださいね。

生後6ヶ月 春の服装の選び方

生後6ヶ月赤ちゃんは生後6ヶ月を過ぎると寝返り~ずりばいをする子も多く、とてもよく身体を動かして汗をたくさんかくようになります。

春は肌寒い日もあれば、気温が高く汗ばむ陽気の日もあるので服装選びに迷ってしまいがちですよね。

この頃の赤ちゃんの春の服装選びで一番大切なことは、暑すぎず寒すぎない服装」をさせてあげるということです。

気温が高くて暖かい春の日中は、柔らかく動きやすくて吸湿性の高い、綿素材の薄手の服装をさせてあげましょう。

お出かけのの服装・アウターは何を着せる?

温かくなってくると生後6ヶ月の赤ちゃんと一緒にお散歩やお出かけなど外出の機会が増えてきますが、どんな服装をさせて、アウターは何を選ぶのがいいのでしょうか?

お出かけの際は、その日の気温を見ながら服装を選ぶようにしましょう!

・気温20℃以上:半袖のウェア
・気温20℃以下:長袖のウェア

春のおでかけ時に大活躍してくれるアイテムが、さっと羽織れる薄手のカーディガンです。

肌寒い時にはいつもの服装にカーディガンを1枚プラスすればアウターとして冷えを防げますし、暖かい日にはいつでのさっと脱げるので、体温調節がしやすくとても便利ですよ!

色々な上着やアウターが販売されていますが、コンパクトに折りたためるカーディガンを外出時の寒さ対策として1枚持っておくのがおすすめです☆

サイズの選び方のポイント

春物のベビー服は、男のならマリンテイストの爽やかな服装、女の子なら柔らかいパステルカラーの可愛らしい服装など、春らしくて可愛らしくコーディネートできますね!

また、生後6ヶ月頃の赤ちゃんの服のサイズは、個人差はありますが70cmくらいが平均的です。

70cmになると、カバーオールやロンーパースだけでなく、ズボンと上着のように上下が分かれたセパレートタイプの服装もたくさん販売されています。

色々なベビー服を選べるようになり、着せる楽しみが増えてきますが、伸縮性があって柔らかい素材で、動きやすい服装を選んであげてくださいね。

生後6ヶ月赤ちゃんの春の肌着の着せ方

生後6ヶ月春は暖かいと思っていても急に気温が下がることが多いので、赤ちゃんのお腹が出ないボディスーツ(ボディ肌着)おすすめです。

生後6ヶ月を過ぎると、寝返り~ズリバイをするようになってくる赤ちゃんが多いので、頭からかぶるタイプのボディスーツが着せやすくなります。

腰が座ってくると、上下が分かれた頭からかぶって着るタイプの肌着も着せやすくなってきますが、ハイハイをすると肌着がずり上がってきてしまうのでおすすめできません。

生後6ヶ月頃の赤ちゃんはよく体を動かして汗をたくさんかくので、薄手の春素材の肌着を選んであげましょう。

また、上下が分かれたセパレートタイプの服装をさせるときは、春といってもお腹が冷える心配があるのでボディ肌着を着せてお腹が冷えるのを守ってあげるようにしましょう☆

暖かい日は肌着一枚で過ごしてもいい?

気温が20℃以上になり春本番の暖かさの日は、活発に体を動かす生後6ヶ月の赤ちゃんは肌着+ベビー服だと少し暑そうに感じますよね。

そんな時は、肌着一枚で過ごさせてあげると涼しいですし、動きやすくて快適ですよ!

ただし、寝返りやズリバイでよく動くと肌着のお腹の部分がめくれやすいので、肌着だけで過ごさせるときはボディ肌着を着せるようにしましょう。

 また、暖かい日の日中なら肌着のみでも大丈夫ですが、夕方以降や寝る時の服装として肌着だけでだと体を冷やしてしまうこともあるのでベビー服を着せてあげてくださいね!
SponserdLink

生後6ヶ月 春の寝るときの服装のと布団の選び方

寝ている赤ちゃん生後6ヶ月になると、寝返り→寝返り返りができる子が増え、夜寝ている時もコロコロ寝返りをしてお布団から出てしまう事が増えてきます。

そんな時期の春の赤ちゃんの寝る時の服装は、お腹が出ないボディ肌着を着せた上に、ロンパースなどをパジャマとして着せるのがおすすめです。

寝る時の服装はそろそろズボンと上着に分かれた「パジャマ」を着られるようになってきますが、70cm~のものがほとんどです。

わざわざ買わなくても、少し着古したカバーオールをパジャマの代わりにしてもOKですよ!

寝冷えを防ぐためにもスリーパーが◎

生後6ヶ月の赤ちゃんが春に寝る時の布団を選ぶ時、薄手の掛け布団だけでいいのか?それとももう少し暖かい布団にしたらいいのか?迷いますよね。

春は寝る時には過ごしやすい気温でも、朝方気温が下がることも多いので、寝冷えを防ぐためにもタオルケットや綿布団をかけてあげましょう。

また、寝る時にパジャマを着せて薄手のお布団を掛けても、足で蹴飛ばしてしまい寝冷えが心配…。という時は、寝る時の服装の上に羽織るベストタイプのスリーパーがおすすめです。

柔らかなガーゼ素材を重ねて作られたスリーパーなら、春だけでなく一年中使えるので、1枚持っていると重宝しますよ☆

まとめ

今回は、生後6ヶ月の春の服装は何を着せる?お出かけ・寝るときの服装も紹介!と題してお話ししていきましたが、いかがでしたでしょうか?

「春」と一言で言っても、冬に逆戻りしたように寒い日もあれば、気温が上がってポカポカ陽気の日もあるので、服装選びに毎日頭を抱えてしまいますよね。

春は赤ちゃんの服装に気を配るのはもちろんですが、室温やお布団の選び方にも注意してあげることでより快適に過ごすことができますよ。

赤ちゃんが春の快適に過ごせる室温は、20℃~23℃です。

生後6ヶ月の赤ちゃんの服装選びは毎日大変ですが、気温と室温を見ながら臨機応変に肌着と服装、そして上着などのアウターで体温調節をしてあげてくださいね。

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆

*関連記事*  赤ちゃんの春服はいつから着せる?目安の気温と選び方のポイント
Scroll Up