春の服装と過ごし方

生後11ヶ月│春の服装は何を着せる?お出かけ・寝るときの服装も紹介!

生後11ヶ月

暖かい春になると、ハイハイや伝い歩きが上達したお部屋を元気に動き回る生後11ヶ月の赤ちゃんにどんな服装をさせたらいいのか?迷いますよね。

春はお散歩やお出かけする機会が増えますが、時に急に肌寒くなることもあるので、上着やアウターが必要になりますが、どんな物がいいのでしょうか?

 また、朝晩の寒暖の差も大きいので、寝るときの布団や服装もどうしたらいいのか?わからないことがたくさんありますよね。

そこで今回は、生後11ヶ月の春の服装は何を着せる?お出かけ・寝るときの服装も紹介!と題してお話ししていくので参考にしてくださいね。

生後11ヶ月 春の服装の選び方

生後11ヶ月赤ちゃんは生後11ヶ月を過ぎると、ハイハイや伝い歩きでより一層活発に動くようになります。

暖かい春の日は体温が上がって暑くなってしまうので、気温に合わせて服装を選ぶのが最適ですよ。

例えば…

  • 気温15℃前後
    →春物の服装+カーディガンなどの上着
    気温20℃前後
    →春物の服装(カバーオールorセパレート)
  • 気温25℃前後
    →七分袖・半袖の薄手の服装

このように、春の生後11ヶ月の赤ちゃんの服装は、気温に合わせて臨機応変に服装を変えてあげるとより快適に過ごせますよ。

春らしいコーディネートを楽しもう!

春は可愛いベビー服がたくさん販売されるので、生後11ヶ月の赤ちゃんにどんな春らしいコーディネートをしようかな?と楽しみにしているママも多いと思います。

コーディネートの一例としては、

女の子

パステルカラーの花柄・水玉などのベビー服+レッグウォーマー+リボン付きの帽子

男の子

マリンテイスト・ボーダーのベビー服+レッグウォーマー+キャップ

このように、春らしいデザイン・カラーの組み合わせのコーディネートを楽しんでくださいね!

Sponserd Link

生後11ヶ月 お出かけ時の服装・アウターの選び方

生後11ヶ月暖かい春は生後11ヶ月の赤ちゃんを連れてお散歩やお出かけをするのに最適な気候なので、積極的に外へ連れ出してあげたいですよね。

でも、春はお出かけしている時は暖かくても、外にいる時に急に風が吹いてきて肌寒くなることもあるので、さっと羽織れる上着やアウターを持って行くと安心ですよ。

上着は気温を見ながら、カーディガンやパーカーを着せて、赤ちゃんの様子を見て暑そうであれば汗をたくさんかいてしまうので、脱がせてあげてくださいね。

アウターとしては、急な雨風からも守れるウインドブレーカーがおすすめです。

カーディガン・ウインドブレーカーはコンパクトに折りたためるので、生後11ヶ月の赤ちゃんとのお散歩やお出かけ時にはバックの中に入れておくようにしてくださいね。

また、春は紫外線が強いので赤ちゃんの頭皮を守るためにも、お出かけの際は帽子をかぶせてあげるようにしましょう。

春の服装は通気性・吸湿性・伸縮性を重視しよう

生後11ヶ月頃の赤ちゃんは、ハイハイや伝い歩きをする時期なので、春服を選ぶ時は薄手の柔らかい生地で、伸縮性が高い素材のロンパースやセパレートタイプのベビー服がおすすめです。

つかまり立ち~伝い歩きを始めた赤ちゃんの服装で気をつけたいポイントは、ズボンの裾の長さが長すぎないか?ということです。

裾が長くて踏んでしまって転倒、という事故が多いのも生後11ヶ月の時期なので十分注意するようにしてくださいね。

春の暖かい日は、ハーフパンツやスカートにスパッツを合わせた服装が転倒防止にもなりおすすめですよ。
SponserdLink

生後11ヶ月 春の肌着の選び方

生後11ヶ月生後11ヶ月を過ぎると、赤ちゃんはハイハイやつかまり立ち~伝い歩きが上手にできるようになり、汗をたくさんかくので吸湿性・通気性に優れたフライス生地の肌着が最適です。

伝い歩きで転びやすかったり、ハイハイでお腹がめくれやすい時期でもあるので、お腹を冷してしまわないようにするためにも、頭からかぶるタイプのボディ肌着がおすすめですよ~

春の暖かい日はボディ肌着・ロンパース1枚など肌着だけで過ごしても大丈夫かな?と思うこともあると思いますが、以下の条件を満たす時に肌着だけで過ごさせてくださいね。

  • 気温が20℃前後
  • 春の温かい日中の室内限定
  • ボディスーツタイプの肌着を着る

また、肌着だけで過ごさせる時は赤ちゃんの様子をよく確認することが大切です。

もし、肌が冷たくなっていたり、鼻水が出ているようなら体が冷えている場合があるので、すぐにベビー服を着せてくださいいね!

春の寝る時の服装と布団の選び方

春は寝るときの気温は快適な気温でも、朝方冷え込む日も多いので生後11ヶ月の赤ちゃんの布団選びに迷ってしまいがちですが、気温に合わせて服装や掛け布団を選ぶのがおすすめ。

例えば…

  • 気温25℃前後
    →タオルケット1枚
  • 気温20度前後
    →タオルケット+バスタオル
  • 気温15度前後
    →中綿入りのお布団
  • 気温10度前後
    →中綿入りのお布団+タオルケット

このように、気温と赤ちゃんの様子を見ながら掛け布団を調節してあげてくださいね。

また、寝る時の服装はカバーオールや上下が分かれたパジャマがおすすめですが、寝冷えが心配な場合は、スリーパーを羽織らせて寝かせてあげましょう。

綿素材のスリーパーを着せて寝かせれば、万が一お布団を蹴飛ばして掛けていない状態でも寝冷えを防げて安心ですよ。

まとめ

今回は、生後11ヶ月の春の服装は何を着せる?お出かけ・寝るときの服装も紹介!と題してお話ししてきましたが、いかがでしたか?

毎日天気・気温が変わりやすい春は体調を崩してしまいがちなので、赤ちゃんにも服装選びを慎重にしてあげる必要があります。

でも、体を元気に動かす赤ちゃんは大人よりも体温が高いので基本的に薄手の春服を着せて、汗をかいている時はこまめに肌着を着替えさせたり、肌寒い時は上着を着せて体温調節をするようにしてくださいね。

もうすぐ1歳、赤ちゃんらしい服装ができるのもあと少しなので、生後11ヶ月の赤ちゃんを可愛い服装で春らしいコーディネートを楽しんでください。

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆

*関連記事*  赤ちゃんにコンビ肌着だけ着せるのもあり?春夏に肌着一枚で過ごす時の注意点
Scroll Up