春の服装と過ごし方

生後10ヶ月│春の服装は何を着せる?お出かけ・寝るときの服装も紹介!

生後10ヶ月

春になると暖かい日も増えますが、まだまだ肌寒い日もあるように寒暖の差が激しく、生後10ヶ月の赤ちゃんにどんな服装をさせたらいいのか?迷いがちですよね。

お散歩やお出かけの時も、急に風が強くなったり、肌寒くなることもあるので上着やアウターが必要になりますが、どんなものを選んだらいいのでしょうか?

また、朝晩の気温差も大きいので、寝る時の布団や服装選びも難しいですよね。

そこで今回は、生後10ヶ月の春の服装は何を着せる?お出かけ・寝るときの服装も紹介!と題してお話ししていくので参考にしてくださいね。

生後10ヶ月 春の服装の選び方

生後10ヶ月生後10ヶ月を過ぎるとハイハイも上達してたくさん動けるようになったり、つかまり立ち~伝い歩きを始める子もいますよね。

 活発に体を動かす赤ちゃんの動きを妨げない、柔らかくて伸縮性の高い素材のロンパースや上下が分かれたセパレートのベビー服がおすすめですよ。

春の暖かい日にお部屋の中で元気に動いていると、体温が上がって暑くなって汗をたくさんかいてしまうので、気温に合わせた服装を選んであげるようにしましょう。

一例を紹介すると、

  • 気温15℃前後
    →春物の服装+カーディガンなどの上着
  • 気温20℃前後
    →春物の服装(カバーオールorセパレート)
  • 気温25℃前後
    →七分袖・半袖の薄手の服装

このように、毎日の気温と赤ちゃんの様子を見ながら、春服の生地の厚さや袖丈を臨機応変に変えてあげることで、生後10ヶ月の赤ちゃんもより快適に過ごせますよ!

また、ハイハイの動きが激しくなるとお腹が出やすくなってしまうので、どんなに動いてもはだけることのないボディ肌着・ロンパースがおすすめです。

春らしいコーディネートを楽しもう!

お店に行くと春らしいベビー服がたくさん並んでいるので、生後10ヶ月の赤ちゃんにどんなコーディネートをしようかな!と楽しくなりますよね。

春らしいコーディネートと言えば…

男の子

マリンテイスト・ボーダーのベビー服+レッグウォーマー+キャップ

女の子

パステルカラーの花柄・水玉などのベビー服+レッグウォーマー+リボン付きの帽子

この他にも、ショートパンツやレギンス・レッグウォーマーなど可愛い小物を使って、春らしいコーディネートを楽しんでくださいね!

お出かけ時に服装・アウターの選び方

ひとことで「春」と言っても、外出時に肌寒く上着が必要な日もあれば、ポカポカ陽気でアウターはいらない日もありますが、春は1日の中でも気温の差が大きいのも特徴ですよね。

生後10ヶ月の赤ちゃんとお散歩やお出かけの時に例え肌寒くなくても、急に寒くなったときに対応できるよう上着やアウターを持って行くようにしましょう!

色々な上着やアウターがありますが、春はさっと着れるカーディガンが上着として、雨風から守れるウィンドブレーカーがアウターとしておすすめです。

どちらも折りたたむとコンパクトになるので、バックの中に入れておいても邪魔にならず、脱ぎ着も簡単なので外出の際に重宝しますよ!

生後10ヶ月 春の肌着の着せ方

生後10ヶ月生後10ヶ月の赤ちゃんは、ハイハイしたりつかまり立ち、伝い歩きをしたりするようになり、屈伸の動きをする時に服がめくれてお腹が出やすくなってしまいますよね。

お腹が出たままだと冷えて体調を崩してしまうこともあるので、ボディスーツ型の肌着を着せてあげましょう。

また、春の肌着の素材は吸湿性・通気性に優れたさらりとした感触の「フライス生地」がおすすめです。

 春は気温の上昇とともに赤ちゃんの体温も上昇し、体温調節のために汗をたくさんかくようになるのでこまめに肌着を交換してあげてくださいね。

肌着のみで過ごしてもいい?

気温が高く暖かい春は、室内で生後10ヶ月の赤ちゃんが元気いっぱいに体を動かしていると、気づいたらじんわり汗をかいていることもありますよね。

そんな時は、ベビー服は脱がせて肌着だけの方が快適に過ごすことができますよ!

ただし、赤ちゃんは体温調節が難しいので、春に肌着で過ごす時はこの3つの条件が揃う時にするようにしてください。

  1. 気温が20℃前後
  2. 春の温かい日中の室内限定
  3. ボディスーツタイプの肌着を着る

また、体が冷えてくるとくしゃみが出やすいので、もし体が冷たくなっていたり、くしゃみ・鼻水が出るようならすぐにベビー服を着せるようにしてくださいね!

生後10ヶ月 春の寝る時の服装と布団の選び方

生後10ヶ月春の夜は快適な気温の日もあれば、肌寒く感じる日もあるので、生後10ヶ月の赤ちゃんの寝るときの布団と服装は何を着せたらいいのか?迷うことも多いですよね。

また、春は朝方の気温がぐっと冷え込む日も多いので、薄手の服装のまま寝かせてしまうと寝冷えが心配になるママも多いと思います。

まず、寝るときのお布団は気温に合わせて選ぶのがおすすめです。

  • 気温25℃前後
    →タオルケット1枚
  • 気温20度前後
    →タオルケット+バスタオル
  • 気温15度前後
    →中綿入りのお布団
  • 気温10度前後
    →中綿入りのお布団+タオルケット

このように、1つの種類のお布団だけでなく、薄手の掛け布団を組み合わせて快適に眠れるようにしてくださいね。

パジャマ+スリーパーで寝冷えを防ごう

寝るときの服装は、カバーオールやロンパースでもいいですし、上下が分かれたパジャマも着せやすくなってくるので、春物の薄手の素材のものがおすすめです。

また、寝相が悪い生後10ヶ月の赤ちゃんは、お布団を蹴ったり寝返りで布団から出たりして春の夜も寝冷えが心配ですよね。

そんな時は、寝る時の服装にスリーパーをプラスしてあげることで、万が一掛け布団を掛けていなくても寝冷えの心配がなく安心ですよ!

6重ガーゼなど上質な綿素材のスリーパーなら、春はもちろん夏の冷房の冷え防止として、秋冬の寒さ対策としても使えることができるので重宝しますよ。

まとめ

今回は、生後10ヶ月の春の服装は何を着せる?お出かけ・寝るときの服装も紹介!と題してお話ししてきましたが、いかがでしたか?

肌寒い日もあれば、ポカポカ陽気で暖かい日もある春は、服装選びに迷ってしまいますが、気温に合わせて基本的に薄手の服装をさせて、上着やアウターで体温調節をしましょう。

また、元気に体を動かす赤ちゃんは汗をかきやすいので、こまめに肌着をチェックして汗ばんでいるようならすぐに着替えさせてあげることで、あせもを予防できますよ!

可愛い服がたくさん販売されている春は、生後10ヶ月の赤ちゃんに春らしいコーディネートをさせてあげて、お出かけを楽しんでくださいね!

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆




ーママと赤ちゃんの成長記録アプリ
ミルケア / 妊娠・出産・子育て情報

ミルケア / 妊娠・出産・子育て情報
無料
posted withアプリーチ
ー子供服、ベビー服の人気ブランドが最大80%オフな通販アプリ
smarby(スマービー) ママのための通販アプリ

smarby(スマービー) ママのための通販アプリ
無料
posted withアプリーチ
おすすめ記事