春の服装とケア

生後5ヶ月│春の服装は何を着せる?お出かけ・寝るときの服装も紹介!

寒い冬から暖かい春へと季節が変わるとき、生後5ヶ月頃の赤ちゃんにどんな服装をさせてあげたらいいのか?迷ってしまいますよね。

春は毎日の気温の変化が大きいので、赤ちゃんが体調を崩してしまわないように寒すぎないように、その日の天候や気温を見ながら服装を調節してあげましょう!

 さっと羽織れる暖かいカーディガンなどの上着を用意しておくとアウターとして使えますし、肌寒い日にも重宝しますよ!

また、暖かい春の日でも夕方以降は肌寒くなってくることも多いので、お出かけの際にも体温調節用に上着を持って行くようにしましょう。

今回は、生後5ヶ月の春の服装は何を着せる?お出かけ・寝るときの服装も紹介!と題してお話ししていくので参考にしてくださいね。

生後5ヶ月 春の服装の選び方のポイント

生後5ヶ月生後5ヶ月頃の赤ちゃんは寝返りを始める子が多いので、春におすすめの服装は、柔らかい素材の動きやすいロンパースやカバーオールです。

ロンパースはカバーオールのように前にボタンがついていなくて、頭からかぶって着て股下をスナップボタンで留めベビー服です。

また、この頃になると体がだいぶしっかりしてくるので、上下が分かれたセパレードタイプのベビー服も着せやすくなってきます。

女の子なら春らしいパステルカラーのベビー服、男の子なら爽やかなマリンテイストのベビー服など物など色々なデザインがあって、コーディネートするのも楽しいですよね!

また、春の暖かい日には七分丈や半ズボンのロンパースを着せてあげると、春らしい服装になりますよ☆

春のお出かけの服装とアウターの選び方

春になり気温が高くなってくると薄手の服装をさせることが多くなりますが、春は気候が変わりやすく急に気温が下がることもありますよね。

特にお散歩やお出かけの時は、急に風が強くなったり肌寒くなったりする時に対応できるように、上着やアウターを持って行くと安心ですが、どんな物がいいのでしょうか?

生後5ヶ月の赤ちゃんはまだ体温調節機能が発達段階にあるので、さっと羽織れるカーディガンやパーカーなどの上着を春用のアウターとして準備しておくのがおすすめです。

薄手のカーディガンが1枚あるだけで、お出かけ中の急な冷えから守ってあげることができるので、お出かけの時は例え暖かくてもバックの中に1枚上着を持って行くようにすると安心ですよ。

また、春は紫外線が強いので、デリケートな赤ちゃんのお肌を守るために、お散歩やお出かけの際は帽子を忘れずにかぶせてあげるようにしてくださいね!

生後5ヶ月 春の肌着の選び方

生後5ヶ月を迎えると赤ちゃんはゴロゴロ横に転がったり、寝返りをうち始める時期でもありますよね。

そんな時、短肌着やコンビ肌着だといつの間にかお腹が出てしまい、体を冷やして風をひいてしまう原因になってしまうことも…。

そんな春におすすめの肌着は、吸湿性の高い素材のお腹をすっぽり覆ってくれるボディ肌着です。

ボディ肌着には前にボタンがある前開きタイプと、頭からかぶるタイプのものがありますが、前開きタイプだと寝返りをした時にボタンが当たって痛がることもあるので注意が必要になります。

赤ちゃんが寝返りを始めたら、胸にボタンのついていない、頭からかぶるタイプのボディ肌着がおすすめですよ。

暖かい日は肌着のみで過ごさせてもいい?

春と言ってもまるで初夏のようなポカポカ陽気で汗ばむような日は、生後5ヶ月の赤ちゃんを肌着のみで過ごさせた方が快適かも?と思うこともありますよね。

室温が20℃以上あって赤ちゃんの体調に問題がなく元気なようなら、日中に限って肌着だけで過ごさせても大丈夫ですよ。

ただし、春に肌着のみで過ごす時は、お腹が隠れるボディ肌着を着せて、暖かい日中のみ限定にするようにして、赤ちゃんの様子をこまめに確認するようにしてくださいね。

また、生後5ヶ月頃の赤ちゃんは体を捻ったり寝返りをして体が暑くなるので、様子を見ながら服装と肌着を交換してあげましょう。

半袖の肌着を着せて、肌が冷たくなってきたらすぐにベビー服を着せて温度調節をしてあげてくださいね。

生後5ヶ月 春の布団と寝る時の服装の選び方

生後5ヶ月春は日中の気温だけでなく朝晩の寒暖差も大きいので、生後5ヶ月の赤ちゃんが寝る時の布団や服装は何を選んだらいいんだろう?と迷ってしまいますよね。

温かい掛け布団をかけると夜中に足で蹴飛ばしてしまうし、寝るときの服装を薄手のものにすると寝冷えをしそうで心配だし…

悩みは尽きないですよね。

そんな春の夜に生後5ヶ月の赤ちゃんが寝るときの布団は、気温を見ながら臨機応変に変えるのがおすすめです。

  • 気温25℃前後
    →タオルケット1枚
  • 気温20度前後
    →タオルケット+バスタオル
  • 気温15度前後
    →中綿入りのお布団
  • 気温10度前後
    →中綿入りのお布団+タオルケット

また、春の夜寝る時の布団選びが難しい、寝冷えが心配な場合は、寝る時の服装の上に羽織らせる「スリーパー」が体温調整に役立ちますよ!

寝る時の服装+スリーパーで寝冷えを防止!

生後5ヶ月の赤ちゃんが春の夜に寝る時の布団を、の気温に合わせて選んでも、赤ちゃんによっては暑くて布団を足で蹴飛ばしてしまい、気づいたらお布団をかけていなかった!なんてこともありますよね。

また、寝返りを始めた赤ちゃんは、寝ている時も構わず転がり、いつの間にかお布団から出ていて寝冷えをしてしまった…。なんてことも。

そんな時は、春用の薄手のパジャマの上に、ベストタイプのスリーパーを着せて寝かせてあげるのがおすすめです。

スリーパーはどんなに寝相が悪い赤ちゃんでも脱げることがないので、万が一お布団から体が出てしまってもお腹が冷えることがないので安心ですよ。

また、6重ガーゼなど上質な綿素材のスリーパーなら、春だけでなく一年中使うことができるので重宝しますよ!

まとめ

今回は、生後5ヶ月の春の服装は何を着せる?お出かけ・寝るときの服装も紹介!と題してお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか?

過ごしやすくて快適なイメージの春ですが、毎日気温がコロコロ変わるので体温調節が苦手な赤ちゃんは体調をくずしやすい季節でもあるので、大人が肌着と服装で体温調節をしっかりとしてあげることが大切です。

肌着は春物または通年素材の通気性・吸湿性の高い素材のものを選び、汗をかいたらこまめに着替えさせてあげることで汗疹を予防することができますよ!

春らしいベビー服がたくさん販売されるので、生後5ヶ月の赤ちゃんの服装選び、コーディネートを楽しんでくださいね!

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆

Scroll Up