ママのケア

産後のお腹のたるみの引き締め方法とは?簡単にできるストレッチ方法

赤ちゃんとママ

女性は妊娠や出産を経験すると、以前と体型が変わってしまいやすい物ですよね。

妊娠をして出産をした後お腹が頼んでしまったことや、体型が変わったことなどの話を聞いて不安に思う方も多いと思います。

実際に産後でお腹のたるみについて悩んでいる方も多いことでしょう。

しかしママになっても綺麗でい続けたいと思うのが女性ですよね。

そこで今回は産後にお腹のたるみに悩んでいる方のために、 お腹のたるみを引き締める方法を紹介していきます。

産後のお腹のたるみの引き締め方法とは?

ママと赤ちゃん女性は出産をする時に骨盤が開いてしまうので、妊娠前の時よりも内臓の位置が下がりやすくなってしまいます。

そのため産後にお腹がたるんでしまうのです。

内臓の位置が下がることで体内が内臓を守ろうと働きかけるため、 お腹周りに脂肪がつきやすくなってしまいます。

これはどうしても防ぐことはできない、体が持っているしくみなんですよ。

エクササイズで引き締め可能!

そして妊娠中にはお腹が大きくなりますよね。

出産間近になってくるとお腹周りが100cmほどになることもあります。

そして出産をするといきなりしぼんでしまうので、一度伸びてしまった皮膚が余ってしまいたるんでしまうのです。

お腹が大きくなって皮膚が伸びたことにより頼んでしまったという場合でも、しっかりとエクササイズを取り入れることで引き締めることもできるのです。

Sponserd Link

お腹のたるみを引き締める方法は?

赤ちゃんとママ産後のお腹のたるみを引き締めるためには、産後1ヶ月頃から半年の間にケアすることが大事です。

自分では回復していると思っても、予想以上に体には出産による負担がかかっています。

そしてこの時期は体も回復しようとしている時期なので、産後のお腹のたるみのためにケアをするには最適な時期と考えられます。

ただし、 産後のママの回復には個人差があるので、自身の体の状態と相談しながら無理をしない程度に行うことが大切です。

まずはお腹のたるみを引き締めるためには、骨盤が開いて内臓が下がっている状態を改善しなければいけません。

骨盤を正常の位置に戻すことがお腹のたるみを引き締めることにつながるのです。

これを骨盤矯正といい、ガードルを着用したり骨盤矯正ベルトなどを活用しながら、骨盤矯正をするようにしましょう。

悪露の状態を見ながら、骨盤矯正するのが◎

出産直後は悪露がありますが、産後1ヶ月頃には悪露も治ってきますよね。

悪露の状態がママの回復を知ることができるので、一ヶ月検診などで赤ちゃんだけではなくママの検診もありますよね。

その際に、悪露の状態や子宮の状態などの診察があると思います。

医師の判断で通常の生活に戻っても良い許可が下りてからは、 ガードルや骨盤ベルトだけではなく骨盤矯正になる運動も取り入れるようにしましょう。

SponserdLink

産後のお腹のたるみを骨盤矯正で引き締める方法

赤ちゃんとママ1.お腹に力を入れてお腹をへこませてから、 30秒間その状態をキープしてから力を抜きます。

2.お腹が膨らむように意識しながら鼻から息をゆっくり吸い込み、吸い込んだ空気を数秒間おなかの中にキープするようにします。

3.そして少しずつ長くゆっくりと口から息を吐き出します。

これを繰り返すだけでも腹筋に働きかけてたるんだお腹をしっかりと伝えることができますよ。

骨盤ベルト・ガードルは正しく使おう!

骨盤ベルトや ガードルは着用し続けてしまうと、衰えた筋肉の回復の 妨げになってしまいます。

着用自体は産後すぐからできますが、お腹を締め付けず適度な圧力で骨盤を支えることができるものを選ぶようにしましょう。

そして筋肉の回復の妨げにならないように出産後2ヶ月程度でやめて、簡単にできるストレッチなどを取り入れて筋肉を鍛えてみましょう。

産後、お腹のたるみから筋肉はいつ戻る?

赤ちゃんとママ先ほども紹介しましたが、お腹がたるんでしまうのは妊娠による皮膚が伸びてしまったこと、また出産による骨盤の開きで内臓が下がってしまい内臓守るために脂肪がつきやすくなっているからです。

少しずつ筋肉は戻ってきますが、何もせず放っておくと一度開いた骨盤が正常の位置に戻らずゆがんだ状態になってしまいます。

骨盤が歪んでしまっては元の体型に戻りづらく痩せづらい状況になってしまいます。

まず骨盤の開きを戻すために産後すぐから骨盤ベルトなどを着用して元の位置に戻るように働きかけましょう。

腹筋のストレッチも忘れずに!

そして、 産後1ヶ月頃から半年までがお腹のたるみをケアするベストなタイミングとお話ししました。

この間に骨盤ベルトだけではなく、筋肉が戻るようにストレッチをしたりしてみてください。

筋肉の回復も 個人差があるため、骨盤矯正をしてもすぐに元の状態に戻る方もいれば、 時間がかかる方もいると思います。

そのためいつまでには戻るとはっきりとお伝えすることはできませんが、 筋肉を戻すためにベストなタイミングの時期に是非骨盤矯正やストレッチなどを取り入れてみましょう。

まとめ

今回は産後のお腹のたるみの引き締め方法とは?簡単にできるストレッチ方法と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

産後はなるべく早く元の体型に戻そうと、ダイエットに励む方も多いと思いますが、 産後一か月未満の頃の悪露の状態によっては、さらに回復を遅らせてしまうこともあります。

さらに産後の骨盤は特に歪みやすい状態になっているため、筋肉を伸ばしたりストレッチなどを行うのは特に難しくなります。

デリケートな産後の体に無理をさせないように、焦ることなくまずは体の回復を待ってからゆっくりとケアを始めましょう。

*関連記事*  産後、母乳のマッサージの頻度は?いつするのがいい?やり方と効果
Scroll Up