秋の服装と過ごし方

【生後10ヶ月】秋の服装の選び方│お出かけ・部屋着・寝る時の服装も!

生後10ヶ月

生後10ヶ月を過ぎると赤ちゃんは、ハイハイがとても上手になりお部屋の中を動き回ったり、伝い歩きをするようになって可愛さいっぱいの時期ですね。

この頃の赤ちゃんの秋の服装選びのポイントは、活発に動く赤ちゃんの動きを妨げない伸縮性の高い素材を選ぶことと、気温に合わせて臨機応変に服装を選ぶことが大切ですが、どんなものを選んだらいいのでしょうか?

また、秋は夜の寒暖差も激しいので、寝る時のパジャマは何を着せたらいいのか?お布団は何を何枚かけたらいいのか?迷っているママも多いと思います。

ここでは、生後10ヶ月頃の赤ちゃんの秋の服装の選び方│お出かけ・部屋着・寝る時の服装も!について紹介していきます☆

生後10ヶ月│秋の服装の選び方

生後10ヶ月秋になると涼しくなり過ごしやすくなりますが、生後10ヶ月頃の赤ちゃんは、お部屋の中を元気に動き回って暑くて汗だくになってしまうこともあります。

部屋着はなるべく薄手のものを選び、厚着のさせすぎには注意が必要です。

室内で過ごすときの秋の服装は、部屋着として動きやすいロンパースを気温に合わせて半袖・長袖を上手に使い分けるのがおすすめです☆

ここにボックスタイトルを入力

・ボディ肌着+カバーオール
・ボディ肌着+ズボン+カーディガン
・ボディ肌着+ズボン+カットソー

お出かけの服装には羽織物がマスト!

秋は日中過ごしやすい気温でも、お出かけをしていると急に冷えてくることもあるので、亜ちゃんの体を冷やしてしまわないように羽織物を持って行くようにしましょう。

さっと羽織れるカーディガンが1枚あるだけで、赤ちゃんを冷えから守ってあげることができますよ!

また、秋のお出かけ時には靴下を履かせるべきか?迷ってしまう事もありますが、秋は足元から冷えてしまう事もあるので、靴下を履かせてあげるようにしてくださいね。

ここにボックスタイトルを入力

・基本スタイル+カーディガン
・基本スタイル+ウィンドブレーカー

伸縮性の高い素材が◎

ハイハイやつかまり立ちをする時に伸縮性の低いデニムなどの素材だと動きを妨げてしまうので、ストレッチが効いている柔らかい素材のものを選ぶようにしましょう。

また、秋は日中は過ごしやすくても、夕方になるとぐっと気温が下がるので、お出かけの際はカーディガンなど羽織物を忘れずに持って行くようにすると安心ですよ☆

また、ベビー服と言えばカバーオールやロンパースがメインでしたが、生後10ヶ月頃の赤ちゃんは体もしっかりしてくるので、上下が分かれたセットアップの服装なども可愛く着こなせるようになってきます。

秋に上下が分かれた服装をさせる時は、インナーに上下が繋がったロンパースを着せてあげるとお腹が冷えるのを防げるので安心です。

生後10ヶ月頃の赤ちゃんはハイハイ~つかまり立ちを始める頃なので、ズボンの丈が長いと自分で踏んで転倒してしまう恐れがあるので、丈が短めの服装をさせてあげるようにしましょう☆

生後10ヶ月│秋の寝るときの服装の選び方

寝ている赤ちゃん秋は毎日気温が大きく変動しますし、夜中~明け方にかけて気温がぐっと下がり肌寒くなる日も増えてきます。

そんな時期、生後10ヶ月の赤ちゃんにどんなパジャマを着せてあげたらいいのか?迷ってしまいますよね。

また、冬に向けて暖かいパジャマの買い換えを検討しているママも多いと思いますが、秋~冬はどんなパジャマを用意したらいいのか?迷ってしまいますよね。

秋は毎日の寒暖差が激しく、寝るときは20℃前後でも、朝方15℃以下まで冷え込む日も増えてきます。

赤ちゃんは体温調節機能がまだ未熟で温度の変化で体調を崩してしまいがちなので、その日の気温と朝方の冷え込みを見越しながらパジャマ選びをしましょう。
おすすめの長袖パジャマ

矢印アイコンベビーパジャマの人気ランキング

朝方の冷え込みが強くなったら厚手のパジャマが○

生後10ヶ月の赤ちゃんの秋用のパジャマは、基本的に長袖の「秋物」の中厚のコットン素材のカバーオール、上下に分れたパジャマで大丈夫です。

朝方冷えるようになったら暖かいパジャマに変えてあげよう

10月を過ぎると朝方の冷え込みがだんだん強くなってくるので、厚手のスエット・ベビーキルト素材の暖かいパジャマがおすすめです。

この頃の赤ちゃんは寝相が悪く、気づいたらお布団から出てしまっていた!なんてこともよくあるので、パジャマの下にはボディ肌着を着せてあげましょう。

また、上下が分れたパジャマの場合は、お腹を冷えから守ってくれる腹巻付きのものが最適ですよ☆

生後10ヶ月│秋のお布団の掛け方のポイント

寝ている赤ちゃん寝るときは快適な温度でも、夜中~朝方にかけては気温が下がり肌寒くなることが多い秋の夜は、パジャマ選びだけでなくお布団選びにも気を遣う時期ですよね。

でも、生後10ヶ月の赤ちゃんは暑がりなので、暖かいお布団をかけてもすぐに蹴飛ばしてしまうので、大人よりも薄いお布団を選んであげることが大切です。

「秋」とひとことで言っても、9月~11月では気温が全然違います。

毎日の寒暖差・朝方の冷え込みの強さを見越しながら、生後10ヶ月の赤ちゃんのお布団を選んでいくことが大切ですよ。

スリーパーをパジャマにプラスするのも◎

秋の夜は快適な気温のようで、朝方になると肌寒くて目を覚ましてしまうこともありますよね。

夜中に赤ちゃんを見たら、布団を蹴飛ばして体が冷えていた!と驚いてしまった経験があるママも多いのではないでしょうか?

これから冬にかけては「寝冷え」が心配な時期ですが、そんな時はパジャマの上から羽織るスリーパーがあれば安心ですよ!

スリーパーさえ着ていれば、例え寝相が悪くて布団を蹴飛ばしてしまう赤ちゃんも、朝まで冷えることなくグッスリ眠ることができます。

ママも「布団をかけていないかな?」と気にする心配もないのは嬉しい!と口コミでも評判が高いので、是非チェックしてみてくださいね☆

おすすめのスリーパー

矢印アイコンスリーパーの人気ランキング

冷え込みを考慮してお布団を選ぼう!

例えば、気温が20℃前後は赤ちゃんが一番快適に眠れる温度なので、薄手のベビーケット1枚で大丈夫です。

だんだん朝方の冷え込みが強くなり、肌寒く感じるようになったら、バスタオルを追加して冷えを防いであげましょう。

気温が15℃前後になり寝るときも肌寒くなってきたら、朝方ももっと冷え込むようになるので、中綿入りの綿布団にして様子を見て、更に寒くなってきたら毛布を追加するようにしてくださいね。

また、いくら秋のお布団選びを慎重にしても、暑がりな生後10ヶ月の赤ちゃんは寝ながらお布団を蹴飛ばしてしまう事が多いので注意が必要です。

寝冷えが心配な場合は、先ほど紹介したベストタイプのスリーパーを着せてあげるのがおすすめですよ☆
生後10ヶ月
【生後10ヶ月】服装とお世話のまとめ気記事ランキング生後10ヶ月の赤ちゃんの服装の選び方・着せ方や、お世話の方法や悩みのまとめ記事ランキングを紹介します☆ ...

まとめ

今回は【生後10ヶ月】秋の服装の選び方!お出かけ・部屋着・寝る時の服装も!と題してお送りしてきましたが、いかがでしたか?

一年で一番過ごしやすいと言われる秋ですが、寒暖の差が激しいので、生後10ヶ月の赤ちゃんが体調を崩してしまわないように、服装・パジャマ・布団をその日の気温を見ながら臨機応変に選んであげることが大切です。

とは言え、赤ちゃんは基本的に体温が高くて暑がりなので、着せすぎると暑くて汗をたくさんかいて秋でも汗疹の原因になってしまうので、薄手の服装+カーディガンやパーカー、スリーパーで体温調節をしましょう。

秋は過ごしやすい気候でお散歩にも最適な時期なので、暖かい日中を選んで赤ちゃんを連れ出し、外の空気をたくさん吸わせてあげましょう。

そうすると適度に疲れて、夜ぐっすり寝てくれることもあるので、生後10ヶ月の赤ちゃんと積極的に秋のお出かけを楽しんで下さいね☆

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました!




ーママと赤ちゃんの成長記録アプリ
ミルケア / 妊娠・出産・子育て情報

ミルケア / 妊娠・出産・子育て情報

無料

ー子供服、ベビー服の人気ブランドが最大80%オフな通販アプリ

smarby(スマービー) ママのための通販アプリ

smarby(スマービー) ママのための通販アプリ

無料

★★★★★★★★★★

おすすめ記事