秋の服装と過ごし方

【生後8ヶ月】秋の服装の選び方│お出かけ・部屋着・寝る時の服装も!

生後8ヶ月

秋は朝晩の気温の変化も激しいので、生後8ヶ月頃の赤ちゃんにどんな服装をさせたらいいのか?迷ってしいますよね。

秋になって大人は涼しく感じるようになっても、お部屋の中で元気に動いている赤ちゃんは汗をたくさんかくので、暑すぎない服装選びをしてあげることが大切ですが、何を着せたらいいのか?迷ってしまいますよね。

また、寒暖差が激しい秋の夜は寝るときにどんなパジャマを着せたらいいのか?どんなお布団を何枚かけたらいいのか?悩んでしまう事もあると思います。

ここでは、【生後8ヶ月】秋の服装の選び方!お出かけ・部屋着・寝る時の服装も!と題してお送りしていきます。

生後8ヶ月│赤ちゃんの秋の服装の選び方

生後8ヶ月生後8ヶ月の赤ちゃんの秋の服装は、部屋着としての基本スタイルとお出かけ用にアウターを準備しておくことをおすすめします。

基本スタイル(部屋着)

・ボディ肌着+カバーオール
・ボディ肌着+ズボン+カーディガン
・ボディ肌着+ズボン+カットソー

ここにボックスタイトルを入力

基本スタイル+ウィンドブレーカー
・基本スタイル+パーカー

生後8ヶ月頃の赤ちゃんは、ズリバイやハイハイでお腹を床につけることが多くお腹が出やすいので、ボディスーツタイプ・ロンパースなどの上下が繋がった肌着がおすすめです。

薄着+羽織り物で体温調節が◎

毎日の気温の変化が大きい秋は、生後8ヶ月頃の赤ちゃんの服装選びはその日の気温に合わせて選んであげることが大切です。

汗ばむような日には半袖の服装でも大丈夫ですが、朝晩は冷え込むことがあるので長袖の羽織りものを準備しておくと安心ですよ。

また、肌寒い日には厚手の長袖の服装が最適ですが、活発に動く8ヶ月の赤ちゃんは汗をかきやすいので、汗が冷えて体を冷やさないようこまめに肌着を着替えさせましょう。

秋になって涼しくなってきても、活発に動く生後8ヶ月の赤ちゃんにはなるべく薄着を心がけ、動きやすく伸縮性の高い素材の服装を選んであげてくださいね。

また、急な冷えに対応できるようにカーディガンやベストで体温調節をするようにしてくださいね☆
おすすめのカーディガン

矢印アイコンカーディガンの人気ランキング

こまめな着替えで汗疹を防止

秋の肌着は基本的に半袖で大丈夫ですが、暖かくて過ごしやすいような日は長袖の肌着一枚でも動きやすくて快適に過ごせますよ!

また、秋になり涼しい日も増えてきますが、活発に体を動かす8ヶ月頃の赤ちゃんはたくさん汗をかくので、こまめに肌着を着替えさせて汗疹を防ぐようにしましょう!

生後8ヶ月頃の赤ちゃんはしっかり腰も座って上下が分かれた服装も着せやすくなってきますが、まだまだ赤ちゃんらしいカバーオールなども大活躍してくれますよ!

特にズリバイやハイハイをし始めた赤ちゃんは、すぐにズボンが脱げてしまうこともあるので、お腹が出ないボディ肌着+カバーオールの方が秋は冷えないのでおすすめです。

また、外出の際は、秋は外出自に寒くなくても急に冷え込んで寒くなってくる事もあるので、パーカーやウィンドブレーカーを持って行くと安心です☆

生後8ヶ月│秋の寝るときの服装は何を着せる?

8ヶ月秋の夜は寝るときは快適な室温でも、朝方急に冷えて肌寒くなることもあるので、生後8ヶ月の赤ちゃんが寝るときのパジャマはどんなものを着せたらいいのか?迷ってしまいますよね。

また、そろそろ冬を見越して、暖かい上下がわかれたパジャマの購入を検討しているママも多いのではないでしょうか?

秋は毎日の気温差が激しく夜の気温も毎日変化しますが、気温が20℃以上ある時は、肌着の上に薄手の長袖のロンパースやカバーオールをパジャマとして着せてで大丈夫ですよ。

20℃以下になり肌寒く感じるようになってきたら、秋物と呼ばれる少し厚手の素材のものにしてあげましょう。
おすすめの長袖パジャマ

矢印アイコンベビーパジャマの人気ランキング

足元の冷えが心配ならレッグウォーマーが◎

生後8ヶ月の赤ちゃんは寝相が悪い子が多く、夜中に気付いたら手足が布団から出ていて冷たくなっていた…なんてこともよくありますよね。

そうなると心配になってくるのが足元の冷え、ですよね。

足元が冷えると寝冷えをしてしまうのでは?と心配になり、ついつい靴下を履かせてしまいたくなりますが、赤ちゃんは足の裏から熱を放出して体温調節をしています。

このことから、赤ちゃんが布団から足を出していても大丈夫なのですが、もし足元の冷えが心配な場合は、靴下ではなくレッグウォーマーを履かせてふくらはぎをあたためてあげましょう。

ふくらはぎを温めると体温がプラス1.5℃上昇すると言われているので、これからの秋冬の季節には重宝するアイテムです☆

生後8ヶ月│秋のお布団の掛け方のポイント

寝ている赤ちゃん秋になり夜も涼しく感じられるようになると、パジャマ選びと合せて生後8ヶ月の赤ちゃんのお布団は何を何枚かけてあげたらいいのか?悩んでしまいますよね。

そんな秋に気をつけて欲しいのは「お布団のかけすぎ」です。

赤ちゃんは大人より体温が高いので、秋になり少し肌寒くなったから・・・とお布団を何枚もかけてしまうと熱がこもって体温が上がってしまいます。

そして、結局布団を蹴飛ばしてしまい、そして寝冷えをしてしまうことにもなりかねません。

スリーパーで寝冷え防止!

生後8ヶ月の赤ちゃんは、寝ているときも寝返りをしたり寝相が悪い子が多く、お布団をはいでしまいがちです。

上下が分れたパジャマを着せる時は、肌着はお腹が出ないボディ肌着を着せてあげましょう。

そして、なるべくズボンに腹巻が縫い付けてあるパジャマがお腹が冷えずに安心ですし、さらにスリーパーを着せると寝冷えを防ぐことができますよ☆

様々な素材で作られたスリーパーが販売されていますが、秋冬だけでなく春夏も使うことができる5重または6重ガーゼのものならオールシーズン使う事が出来て重宝しますよ!

おすすめのスリーパー

矢印アイコンスリーパーの人気ランキング

何の布団を何枚かける?

生後8ヶ月の赤ちゃんには、秋の入り口の20℃以上気温がある夜はベビーケット1枚、朝方少し肌寒くなってきたらお腹にバスタオルを追加してかけてあげましょう。

秋も深まり寝るときも肌寒く感じるようになってきたら肌毛布と綿布団を準備し、様子を見ながら綿布団1枚で寝かせてみて、更に冷え込みが強くなったら肌毛布をかけて暖かくして寝かせてあげるようにしましょう。

それでも、いくら秋のお布団選びに気を配っても、生後8ヶ月の赤ちゃんは寝相が悪くてすぐにお布団を蹴飛ばしてしまいます。

そんな時は、パジャマの上にベストタイプのスリーパーを着せてあげると、どんなに寝返りをしてもお布団を蹴飛ばしても脱げることがないので安心ですよ☆

生後8ヶ月
【生後8ヶ月】服装とお世話のまとめ気記事ランキング生後8ヶ月の赤ちゃんの服装の選び方・着せ方や、お世話の方法や悩みのまとめ記事ランキングを紹介します☆ ...

まとめ

今回は【生後8ヶ月】秋の服装の選び方!お出かけ・部屋着・寝る時の服装も!と題してお送りしてきましたが、いかがでしたか?

秋は過ごしやすい気候ですが、その反面毎日の気温差、朝晩の寒暖差が激しい時期なので、生後8ヶ月の赤ちゃんが体調を崩してしまわないためにも、その日の気温に合わせた服装を選んであげることが大切です。

寝るときも同様に朝方ぐっと冷え込んでくると寝冷えをしてしまう確率が高くなってくるので、お布団は暖かいものを選び、スリーパーを着せて寝冷えを防ぎましょう。

また、秋の日中はお散歩には最適な気候なので、積極的に生後8ヶ月の赤ちゃんをお散歩に連れだしてあげましょう。

柔らかな日差しをたくさん浴びさせてあげたり、色々な景色を見せてあげることで刺激を受け、どんどん成長に繋がっていきますよ!秋はあっという間なので、赤ちゃんとのお出かけを楽しんで下さいね☆

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました!




おすすめ記事