秋生まれ

秋生まれ│ツーウェイオールは何枚必要?生地の素材の選び方も紹介!

ツーウェイオールを着ている赤ちゃん

ツーウェイオールは新生児の頃から着られるベビーウェアで、秋生まれの赤ちゃんにも重宝するアイテムなので、出産準備として用意しておきたいですよね。

スナップボタンの付け替え方によって、ドレスオールとカバーオールの2通りの着せ方ができるのでとても便利なアイテムですが、秋生まれの赤ちゃんには何枚用意しておけばいいのでしょうか?

また、色々な素材のツーウェイオールが販売されていますが、秋生まれの赤ちゃんにはどんな記事を選んだらいいのか迷ってしまうママも多いようです。

ここでは、秋生まれのツーウェイオールは何枚必要?生地の素材の選び方も紹介していきます☆

秋生まれ│ツーウェイオールは何枚必要?

ツーウェイオールを着ている赤ちゃん秋生まれ(9~11月)生まれの赤ちゃんの出産準備品として用意しておきたいくツーウェイオールの枚数は、50-60㎝の新生児用サイズのものを4~6枚準備しておきましょう。

色々な素材のツーウェイオールが販売されていますが、秋物の少し厚手の素材のものや、オールシーズン使えるスムースニットなどの柔らかい素材のものがおすすめです。

ツーウェイオールはウェアなので、その下に短肌着も着せなければならないので、肌着も忘れずに準備しておくようにしましょう。

ツーウェイオールの着せ方のポイント

秋は寒暖の差が激しく、暑い日もあれば急に肌寒くなる日もあるので、服装選びがとても難しい時期です。

肌着を着せた上にツーウェイオールの着せてあげるのが基本の着せ方ですが、秋生まれの赤ちゃんは体温調節機能がまだ未熟なので、赤ちゃんの様子を見ながら肌着の枚数を調整してあげる必要があります。

暖かいの日の赤ちゃんの服装は短肌着+ツーウェイオールでも大丈夫ですし、肌寒い日にはツーウェイオールの上にベストを羽織らせるなどすて、赤ちゃんが冷えないように注意してあげてくださいね☆

おすすめのツーウェイオール

矢印アイコンツーウェイオールの人気ランキング

大きすぎないサイズを選ぼう!

ツーウェイオールは70cmまでのサイズ展開がありますが、生まれたばかりの秋生まれの赤ちゃんにはジャストサイズの50-60cmのものを選んで着せて上げるようにして下さい。

赤ちゃんはすぐに大きくなるから、大きめのベビー服を買っておいた方が経済的!という意見も頷けますが、それは少し先の話です。

生まれたばかりの赤ちゃんに大きいサイズのベビー服を着せてみるとわかりますが、袖は折り返さなければならないし、丈は長すぎてブカブカで、見ていて少し可哀想な感じがしてしまうのです。

また、赤ちゃんの手足の動きを妨げないためにも、秋生まれの赤ちゃんのツーウェイオールはジャストサイズのものを買って着せてあげるようにして下さいね。

Sponserd Link

秋生まれ│退院時の服装はベビードレスを用意すべき?

新生児の赤ちゃん秋生まれの赤ちゃんが退院するときの服装は、純白のベビードレスを買わなくちゃいけないのかな?と悩んでいるママもいるのではないでしょうか?

退院するときの服装はオシャレをさせる必要はないので、わざわざ高価なベビードレスを購入する必要はありません。

そうは言っても、可愛い何かを着せたい!という方は、おくるみをオススメします。

ここでは、秋生まれの赤ちゃんにおすすめの退院時の服装を紹介します☆

ツーウェイオール+おくるみでOK

秋生まれの赤ちゃんの退院時の服装は、肌着+ツーウェイオール+おくるみが可愛くて普段使いもできるのでおすすめです!

赤ちゃんが退院する時には純白のベビードレスのイメージがありますが、実際の所ベビードレスは普段の生活ではほとんど使うことがないので、わざわざ用意する必要はないですし、もったいないです。

ツーウェイオールには退院時にも使えるしっかりしたものもあるので、秋生まれの赤ちゃんの退院時には少しフォーマルっぽい服装のツーウェイオールもおすすめです☆

大人気!おしゃれなおくるみ

おくるみに包まれている赤ちゃん秋生まれの赤ちゃんのベビーグッズの中でも、最近のキーアイテムはおくるみなので、どんなものを用意しようか?チェックしているママも多いと思います。

キャサリン妃も退院のときには、赤ちゃんをおくるみで巻いていましたよね!

オールシーズン使える素材の良いおくるみがありますので、退院時の服装の上から包むおくるみとしてはもちろん、授乳の時にも使えますし、お昼寝のときにブランケットとしても使えて便利なので1枚持っているとマルチに使うことができて重宝しますよ☆

おすすめのおくるみ

矢印アイコンおくるみの人気ランキング

SponserdLink

過ごしやすい服装をさせることが大切!

今回は秋生まれ│ツーウェイオールは何枚必要?生地の素材の選び方も紹介!と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

秋は気温差が大きく、汗ばむような陽気の日もあれば、肌寒い日もあるので、秋生まれの赤ちゃんの肌着・服装選びは慎重になってきますが、赤ちゃんは大人よりも体温が高いので、赤ちゃんの様子を見ながら暑すぎない服装をさせてあげることが大切です。

“]新生児の赤ちゃんの服装の着せ方は、必ず肌着を一番最初に着せます。秋生まれの赤ちゃんは気温の高い日にはたくさん汗をかいてしまうので、こまめに着替えをさせて汗疹を予防しましょう。

また、退院時の服装は「記念だから!」と意気込むのも素晴らしいことですが、秋生まれの赤ちゃんが過ごしやすいツーウェイオールを選んであげてくださいね。

これから冬に向かって寒くなっていくので、ツーウェイオール+ベスト+おくるみを出産準備として用意しておくのもおすすめです☆

*関連記事*  【秋生まれ】退院時の服装の選び方!出産準備しておきたいアイテムも!
Scroll Up