秋生まれ

秋生まれの赤ちゃんの肌着の着せ方!準備しておく肌着の種類と素材も!

秋生まれの赤ちゃん(9月~11月)は寒暖の差が激しい時期に新生児期を過ごすので、肌着で体温調節をしてあげることが大切になってきます。

新生児用の肌着には短肌着・コンビ肌着・長肌着がありますが、秋生まれの赤ちゃんにはどんな着せ方をしてあげたらいいのか?迷ってしまいますよね。

基本的な新生児の肌着の着せ方は、短肌着の上にコンビ肌着を重ね着させ、汗をかいたら体が冷えないようにこまめに着替えをさせてあげます。

秋物の肌着には半袖と長袖のものがありますが、寒冷地以外にお住まいの方は半袖の方が着せやすく、体温調節もしやすいのでおすすめです。

ここでは、秋生まれの赤ちゃんの肌着の着せ方と選び方のポイントを紹介します☆

秋生まれの赤ちゃんの肌着の着せ方のポイント

肌着姿の赤ちゃん秋生まれの赤ちゃんの肌着の着せ方は、基本的に短肌着をまず着せ、その上にコンビ肌着を重ね着せてあげます。

秋とひとことで言っても、過ごしやすい10月、肌寒くなってくる11月とでは肌着の素材も変わってくるのでは?と思うかもしれませんが、オールシーズンに対応している通年用のものを選んでおけば大丈夫ですよ!

秋になり涼しくなっても赤ちゃんは体温が高く暑がりなので、長袖の肌着や厚手の肌着を着せると汗をたくさんかいてしまいまうので注意が必要です。

肌着には汗取りの役割もあるので、汗をかいたらこまめに交換してあげることでデリケートな赤ちゃんのお肌を清潔に保ち、汗疹を予防することができますよ!

秋生まれの赤ちゃんの肌着の準備枚数の目安は、短肌着:6~8枚コンビ肌着:4~6枚を用意しておき、必要に応じて買い足していくのが経済的でおすすめです☆

気温に合わせた着せ方が◎

秋生まれの新生児の赤ちゃんの肌着の基本の着せ方は、短肌着の上に長肌着またはコンビ肌着を重ね着させますが、その日の気温によって着せ方を変えてあげましょう。

気温が高い日は、肌着は重ね着させると汗をたくさんかいてしまい可哀想なので、室内で過ごす場合はコンビ肌着1枚が快適です。

また、肌寒い日の外出時には、ベビーウェアの下に長袖の肌着を着せてあげると冷えを防いで防寒にもなり暖かく過ごせますよ~

秋生まれの赤ちゃんの肌着を選ぶときは、オールシーズン使えるフライス素材やスムース素材がおすすめです☆
おすすめの肌着セット

矢印アイコン肌着セットの人気ランキング

Sponserd Link

秋生まれの赤ちゃんの出産準備に揃える肌着の種類

肌着姿の赤ちゃん秋生まれの新生児の赤ちゃんのための出産準備としてそろえておきたい肌着は、短肌着・長肌着・コンビ肌着の3種類です。

まず一番下に腰丈の長さの短肌着を着せて、その上に長肌着またはコンビ肌着を着せます。

長肌着とコンビ肌着は見た目は似ているのですが、大きな違いはコンビ肌着には股下にスナップボタンが付いているので赤ちゃんが動いても肌着がはだけにくく便利な所です。

長肌着は人によっては使いにくい!という場合もありますが、コンビ肌着で代用できるので、秋生まれの赤ちゃんのための出産準備として最低限の枚数(2枚程度)を用意しておけば大丈夫ですよ☆

肌着の種類と必要枚数

秋生まれの新生児の赤ちゃんのための肌着は、お肌がデリケートな赤ちゃんのためにお肌に優しい綿100%の素材できた短肌着・コンビ肌着・長肌着を出産準備として用意してあげるのがおすすめです。

肌着の素材の種類は、フライス・スムースなど通気性・吸湿性に優れた、生地が厚すぎない年中タイプのものを選び、サイズは新生児用(50-60cm)のものを購入しましょう。

新生児用肌着は短期間しか着ることができないので、もったいない!と思うかもしれませんが、新生児の赤ちゃんに大きなサイズの肌着を着せるとブカブカすぎて可哀相です。

着られる期間は短くても新生児用のサイズを準備してあげてくださいね☆

長肌着って必要??

秋冬生まれの赤ちゃんの出産準備リストに「長肌着」の記載があるものがありますが、必要なのでしょうか?

長肌着はどういう物かというと、短肌着の丈の長いバージョンのもので、ふくらはぎ位の位置までカバーしてくれる長い肌着のことを指します。

足元にスナップボタンがついていないので、コンビ肌着よりオムツの交換が楽な利点もありますが、生後1ヶ月を過ぎて赤ちゃんの足がバタバタと元気に動くようになると、はだけやすくなり扱いにくくなるのが難点です。

先輩ママに聞くと、ほとんどのママが「使いにくいから結局使わなかった」と言うので、わざわざ長肌着を準備しなくて大丈夫ですよ。

コンビ肌着が長肌着の代わりとして使えますよ!
おすすめのコンビ肌着

矢印アイコンコンビ肌着の人気ランキング

まとめ

今回はいかがでしたか?秋生まれの赤ちゃんは、気温差が激しく暖かい日もあれば、冬のように寒い日もある時期に新生児期を過ごすので、肌着は半袖のもので暑すぎず・寒すぎない通年タイプのものを用意してあげましょう。

また、新生児の赤ちゃんは基礎代謝が活発で汗をたくさんかくので、1日に何度も肌着を着替えさせてあげる必要があるので、特に一番下に着る短肌着は洗濯分も含めて多めに準備しておくと安心です。

秋はそんなに暑くないから…と肌着の着替えを怠ってしまうと、デリケートな新生児の赤ちゃんのお肌にはすぐにあせもなどの湿疹ができやすいので、赤ちゃんのお肌を守る!という意味でも、上質な肌着を選んでこまめな着替えを心掛けるようにしてくださいね☆

Scroll Up