ベビーグッズ

赤ちゃんに抱っこ紐を使える時間は連続何時間くらい?長時間はOK?

抱っこ紐で抱かれている赤ちゃん

赤ちゃんをあやしたり抱っこするのに便利な抱っこ紐ですが、どれ位の時間連続で使ってもいいのかと言うと、日本の製品安全協会の基準では、だいたい2時間連続使用が可能となっています。

メーカーによっても異なりますが、ほとんどの抱っこ紐の説明書に「2時間を目安に使用してください」と注意書きがされていますが、抱っこ紐でお出かけする時は2時間を超えてしまう場合も多くありますよね。

ここでは、赤ちゃんに抱っこ紐を使える時間は連続何時間くらい?長時間はOK?と題してお話していきます☆

赤ちゃんに抱っこ紐を使える時間は連続何時間くらい?

抱っこ紐で抱かれている赤ちゃん泣いてばかりの赤ちゃんが抱っこ紐を使うとすぐに泣き止んだり、外出する時にご機嫌でいてくれる抱っこ紐を使う場面が多くありますが、長時間の使用は赤ちゃんに負担がかかるので避けるようにしましょう。

抱っこ紐は赤ちゃんが疲れにくいように設計されていますが、2時間以上同じ体勢でいると血行が悪くなったり腰や背中に負荷がかかって疲れてしまいます。

もし赤ちゃんに長時間抱っこ紐を使わなければいけない場合は、おむつ・ミルクのタイミングの2時間で一度抱っこ紐から下して、ゴロゴロさせたり体を伸ばして体をリフレッシュさせてあげましょう!

長時間の使用はママの体に負担がかかるので注意!

最近の抱っこ紐はママの体への負担が少ないように設計されていますが、それでも赤ちゃんの重さは新生児でも3キロ以上あるので、長時間抱っこ紐を使っていても、あまり疲れた感じはしなくても、肩や腰に大きな負担がかかってしまっていまうものです。

赤ちゃんと同様に、2時間使ったらママも体を伸ばして肩や腰をリフレッシュするようにすることで、腰痛を防ぐことができます。

どうしても赤ちゃんを抱っこ紐で抱っこして長時間移動しなければならない場合は、腰ベルトをしっかり締めて赤ちゃんを高い位置(おでこがママの口につくくらい)にすると、肩や腰への負担が軽減できるのでおすすめです☆

Sponserd Link

新生児から縦抱きできる抱っこ紐と、使い方のポイント

抱っこ紐で抱かれている赤ちゃん新生児の赤ちゃんは首が座っていないので、縦抱きは絶対にNGとされてきていましたが、近年では新生児から縦抱きできる抱っこ紐が主流になりつつあります。

新生児から縦抱きにする抱っこ紐には、専用の新生児用のインサート(補助用のパッドやシート)が付いているので、安心・安全に使うことができるようになりました

ここでは、抱っこ紐で新生児から縦抱きをする時のポイントと注意点を紹介します☆

新生児パットで縦抱き可能!

新生児から縦抱きをするためには、抱っこ紐専用の新生児パットが必ず必要になります。この新生児用パットを使って新生児から縦抱きをする利点は、赤ちゃんの内臓をまっすぐにすることができて成長を促すことができると言われています。

そして、縦抱きをしていると足も自由にバタバタ動かすことができるので足の発達を促してくれます。使い方のポイントは、首がすわっていない赤ちゃんは体がまだやわらかいので、そっと優しく新生児パットに包んで抱っこ紐に装着してあげることです。

色々なメーカーから新生児から縦抱きができるパット付きの抱っこ紐が販売されているのでチェックしてみてくださいね☆

使用開始月齢を必ず確認!

多くの縦抱きの抱っこ紐にオプションとして新生児用パットが付いています。

新生児用パットを使わないと生後4ヶ月くらいからしか縦抱きできません、という抱っこ紐がほとんどなので購入する前にいつから使えるのか?どれくらいの時間使うことができるのか?をチェックしましょう!

また、新生児から縦抱きにするのが不安があって躊躇してしまう方は、横抱き・縦抱き・おんぶの3通りに使える抱っこ紐がおすすめです!

SponserdLink

抱っこ紐は口コミ人気ランキングでも話題!

抱っこ紐で抱かれている赤ちゃんd新生児から使える抱っこの口コミランキングを見てみると、使われている布地は肌に優しいので口に入れても大丈夫なものが多いのが特徴です。

健康に悪影響を与えたり、アレルギーを誘発する物質は含まれていない抱っこ紐は、お母さんも安心ですね!

また、新生児の赤ちゃんとのお出かけはベビーカーを使う日もあると思いますが、そんなときにもコンパクトに畳むことができる抱っこ紐は便利なので口コミでも評価が高くて大人気です。

実際に試してから購入することができない抱っこ紐だからこそ、口コミを参考に選んでみるのもおすすめです。

練習してコツを掴もう!

慣れてきたら一人でも新生児の赤ちゃんを簡単に抱っこ紐で装着することができるのですが、慣れるまでは練習したり、手伝ってもらうのがおすすめです。

また、低い位置で装着したり、ベッドなどクッションのある上で抱っこ紐を装着すると良いでしょう。

いきなり新生児の赤ちゃんを抱っこするのは危険を伴いますので、人形などで練習してコツをつかむようにするのがおすすめです。

新生児から使えるおすすめの抱っこ紐はたくさんあるので色々チェックしてみてくださいね!

まとめ

抱っこ紐で抱かれている赤ちゃん今回は赤ちゃんに抱っこ紐を使える時間は連続何時間くらい?長時間はOK?と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

抱っこ紐は今、ほとんどの育児中ママが使っていると言っても過言ではなく、日本でも町中で見かけると言っても過言ではありません。

お出かけにもとても便利ですが、長時間の使用は赤ちゃんとママの両方に負担がかかってしまうので、適度に休憩を入れながら使うようにしましょう。

また、同じ抱っこ紐ばかりでが嫌だな、と思う方はnapnap・マンジュカ・アップリカなど色々なメーカーから新生児から使える物が販売されているのでチェックしてみて下さいね。

また、気を付けたいのは抱っこ紐は見た目は同じでも安値の「偽物」も多く流通していて、安全性が低くて危険な物も多くあるので、購入の際は「正規品」と記載のあるものを購入するようにして、赤ちゃんを危険から守りましょう!

*関連記事*  バウンサーで寝る時間はどれくらい?長時間寝かせることの影響は?
Scroll Up