肌着と服装

カバーオールは新生児はいつから着れる?サイズの選び方のポイント

カバーオールを来ている赤ちゃん

新生児の赤ちゃんから着ることのできるベビーウェアは色々な種類がありますが、一番よく耳にするのが「カバーオール」ですよね。

カバーオールとは、一般的に上着部分とパンツが一体になったつなぎタイプのベビーウェアのことですが、いつからいつまで着せてあげるのが最適なのでしょうか?

赤ちゃんらしいシルエットなので、新生児期から使えるように見えますが、実はカバーオールの使用時期は、足が良く動き出した4ヵ月ごろから最適なのです。

また、新生時期から着れるカバーオールに似たタイプのベビー服にツーウェイオール・フィットオールがあります。

ここでは、カバーオールは新生児はいつから着れる?サイズの選び方のポイントについて紹介します☆

カバーオールは新生児はいつから着れる?

カバーオールを来ている赤ちゃんカバーオールは可愛くサイズも様々なので、いつから着られるかというと「新生児期から」と思っている方もいらっしゃるかもしれませんね。

でも、カバーオールはツーウェイオールとは違いスカートタイプにはならないので、使用するなら、赤ちゃんが足をよく動かすようになった生後4か月ごろからが最も適しています。

すっきりしとしたデザインのカバーオールは、赤ちゃんが足を動かしてももたつかないので、寝返りやズリバイの練習の邪魔にもならず赤ちゃんにとってもストレスの少ないベビーウェアです☆

新生児にはツーウェイオールが最適!

カバーオールは新生児期に使用してはいけないというわけではありませんが、サイズも70㎝からがほとんどなので、新生児の赤ちゃんにはあまり適していないと言えるでしょう。

このタイプのベビー服はいつから着せると明確に決まっている訳ではないのですが、新生児期に最適のベビー服はカバーオールではなく、ツーウェイオールがオススメです。

ツーウェイオールはスナップを付け替えただけで、スカートにもズボンにもなるので、おむつ替えが頻繁な新生児期にはとても便利!

ズボンタイプにすれば長く活用できるので、新生児期にはツーウェイオールを使用して、赤ちゃんが良く動くようになったら、ツーウェーオールからカバーオールに切り替えているのが良いでしょう。

カバーオールとツーウェイオールはオムツ換えが楽なのはどっち?

生後1ヶ月の赤ちゃんまた、カバーオールとは全身を包み込むつなぎタイプのウェアで股下のスナップボタンの数が多いので、オムツ替えが頻繁な新生児期には少し手間がかかってしまうのが難点です。

カバーオールを着させてみたけど、オムツ替えの時が面倒だな・・・

という人には、スナップボタンを付け替えるだけでドレスオールトカバーオールの2通りの着せ方ができるツーウェイオールがオススメです!

フィットオールも着せやすくて◎

あまり聞き慣れない名前かもしれませんが、【フィットオール】は新生児の赤ちゃんが動きやすく、体に優しくフィットしてくれるカバーオールタイプのベビーウェアです。

ツーウェイオールやカバーオールに比べて、余分なゆとりをなくしたカッティングなので、赤ちゃんの動き、成長を妨げないように考えて作られているので、 筆者は2人の子どもの新生時期に着せていました。

小さな赤ちゃんだからこそ、小さくて可愛いベビー服を着せてあげたい!と思うママには、カバーオールではなくフィットオールがおすすめです☆

カバーオールを選ぶ時のポイント

カバーオールは全身をすっぽり覆うタイプの暖かいベビーウェアなので、新生児の赤ちゃんの外出時の防寒着としても最適です。

袖と裾にゴムが入っているタイプorリブ仕立てになっているものや、前開き部分をスナップボタンで留めるタイプorファスナーオープンタイプのものなど、カバーオールには色々なタイプがあり、選ぶ楽しみが広がりますよ!

よく、ツーウェイオールとどちらがいいの?と悩む人が多いのですが、ツーウェイオールはスナップボタンを留め替えるとボディオールとカバーオールの2通りの着せ方ができるので、新生児期にはツーウェイオールの方がおすすめです。

カバーオールは赤ちゃん時期にしか着せられない可愛いベビーウェアで、デザインも可愛いものが多いので、生後6ヶ月頃を目安に着せてあげるようにしましょう☆

SponserdLink

カバーオールはいつまで着せる?

カバーオールを来ている赤ちゃんベビーウェアの定番のカバーオールは、赤ちゃんらしくて可愛いウェアなので、できるだけ長く着せてあげたい!と思ってしまいますが、いつまで着せられるのでしょうか?

カバーオールは「いつまで着せる」という決まりはないので、ママのお好みの時期でカバーオールから卒業して上下別々の服に移行してOK!

]最近はカバーオールのサイズ展開も広がり、100センチくらいまで豊富にサイズ展開されているので、サイズアウトしない限り着せてあげて大丈夫です。

ここでは、カバーオールはいつまで着せていいの?の疑問と、選び方のポイントと卒業のタイミングについてお話します☆

ママが着せやすい服を選ぼう!

赤ちゃんにカバーオールをいつまで着せたか?はママによって時期の違いが大きいようです。

赤ちゃんらしくて可愛いベビー服なので長く着せたい!というママは2歳頃まで着せていますし、早く上下が分かれた洋服を着せてあげたい!と生後7~8月頃でカバーオールを卒業させるママもいますよ。

上下別々の洋服のサイズは80cm~がほとんどなので、サイズが合う時期が来たら徐々にカバーオールから移行していくパターンが一番多いです。

いずれは上下が分かれた洋服を着るようになるのだから、赤ちゃんらしくて可愛らしいカバーオールをいつまでも着せたい!と思うかもしれませんが、歩き始めるとオムツ交換にてこずってしまいまうという難点があります。

その点、ズボンを履かせていると立ったままオムツ交換ができるので、つかまり立ち~一人歩きの時期にカバーオールを卒業するのも1つの目安ですが、サイズアウトしない限りはママが着せやすい服を着せてあげればOKですよ。

体に合ったベビー服を着せてあげましょう

出産前に可愛いカバーオールを準備しておいたのに、実際に出産後にサイズが大きすぎたことに気づいた!なんてこともありますよね。

新生児の赤ちゃんのベビー服のサイズは50-60なので、70cmのカバーオールは大きすぎてブカブカなので、無理矢理着せると赤ちゃんの手足の動きを妨げてしまいます。

70cmが着れるようになるのは、だいたい5ヶ月~なので、それまでは赤ちゃんの体の大きさに合わせたベビー服を着せてあげるようにしましょう!

まとめ

今回はカバーオールは新生児はいつから着れる?サイズの選び方のポイントと題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

カバーオールは大き目の物が多いので、新生児の赤ちゃんにはツーウェイオールかフィットオールがおすすめです。

赤ちゃんのサイズに合わせたベビー服選びをする事で、より快適に過ごせるので無理に大きいカバーオールを着せないようにしてくださいね。

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆

*関連記事*  ボディ肌着とボディスーツの違いとは?ボトムスとのコーディネート例
Scroll Up