生後1ヶ月

    生後1ヶ月抱っこ紐はいつから安全に使える?エルゴの使い方のポイント

    抱っこ紐で抱かれている赤ちゃん

    赤ちゃんの育児の必需品!という方も多い抱っこ紐は、お出かけや買い物、抱っこしないと寝てくれない時など色々な場面で大活躍してくれるアイテムですよね。

    抱っこ紐は首が座っている赤ちゃんに使うイメージが大きいですが、生後1ヶ月の首が座っていない時期の赤ちゃんを抱っこ紐で縦抱きするには、どうするといいのでしょうか。

    また、いつから抱っこ紐で安全に縦抱きができるのか?抱いた時の赤ちゃんの足の位置、どれくらいの時間使ってもいいのか?など、わからないことがたくさんありますよね。

    今回は、生後1ヶ月の赤ちゃんの抱っこ紐の使い方のポイントと、大人気のエルゴベビーの抱っこ紐についてご紹介するので参考にして下さいね!

    生後1ヶ月 抱っこ紐はいつから使えるの?

    抱っこ紐で抱かれている赤ちゃん抱っこ紐には色々な種類があり、いつから使えるのか?も異なってくるので、、どれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。

    横抱きにできる抱っこ紐もありますが、最近ではエルゴをはじめとする新生児から縦抱きすることが可能な抱っこ紐が人気を集めています。

    いつから抱っこ紐を使えるか?はメーカー・種類によって異なります。

    生後1ヶ月の赤ちゃんを縦抱きをする場合は、「新生児からでも縦抱きができる」と表示がある抱っこ紐を選ぶことが大切です。

    新生児から使える抱っこ紐とは?

    「新生児から使えるタイプの抱っこ紐」の特徴は、不安定な首をしっかりサポートしてくれるサポート機能が付いています。

    また、エルゴエビーオリジナルの場合、オプション(別売り)の新生児用インサートを装着することで安全に新生児を縦抱きにすることができますよ!

    このサポート機能のおかげで、まだ首がすわっていなくて首がグラグラしている状態の生後1ヶ月の赤ちゃんでも、安心して縦抱きをることができますよ。

    また、新生児を抱っこ紐で抱く場合は、ママと密着するので顔が埋もれて苦しくなっていないか?足がちゃんと出ているか?など必ず確認するようにしてくださいね。

    そして、慣れないうちは赤ちゃんやバックルの位置を確認するために、鏡を見ながら装着するのがおすすめですよ。

    生後1ヶ月 抱っこ紐で縦抱きをする時間はどれくらい?

    抱っこ紐で抱かれている赤ちゃん生後1ヶ月頃には1ヶ月検診もあり、許可が出れば少しずつお外にも出られるようになってくるので、赤ちゃんとのお散歩や外出にも抱っこ紐はとても役立ちます。

    そんな時に、新生児から使用できる抱っこ紐はとても便利ですが、どのくらいの時間使ってもいいのか?気になりますよね。

    新生児はまだ骨が固まっていないため、長時間の縦抱きは、抱っこ紐を使っていても赤ちゃんにどうしても負担がかかってしまいますので、長い時間縦抱きをするのは控えましょう。

    目安としては、慣れるまでは30分~1時間程度にとどめておきましょう。

    赤ちゃんが嫌がったら無理に使わないように!

    生後1ヶ月の赤ちゃんを抱っこ紐で縦抱きにしよう!とせっかく抱っこ紐を買ったのに、抱っこ紐で抱いた途端に嫌がって泣き出してしまう赤ちゃんもいます。

    嫌がる理由は様々で、抱っこ紐の肩紐の調節がうまくできていなくて窮屈な場合や、蒸れて暑い場合、単純に抱っこ紐が嫌いなこともあります。

    そんな時は無理に抱っこ紐を使うと余計に嫌いになってしまうこともあるので、使用するのはやめるようにして、抱っこ紐なしで抱っこしてあげるようにしてくださいね。

    生後1ヶ月の赤ちゃんはまだ首も座っておらずとても不安定なので、縦抱きをする場合はしっかりと首や背中を支えてあげて、苦しくないようにしてあげてくださいね。

    新生児から使えるオススメの抱っこ紐は?

    抱っこ紐で抱かれている赤ちゃん抱っこ紐は色々なメーカーから販売されていますが、新生児から安全に縦抱きができて人気が高いものは、皆さんも聞いたことがあったり、実際に持っているという方もいる「エルゴベビー」です。

    エルゴベビーはハワイで誕生した抱っこ紐で、今では50ヶ国以上で販売されている人気の商品です。

    赤ちゃんにとって安全・快適なのはもちろん、ママやパパなど抱っこ紐を利用する人への長時間の抱っこも負担が少ないという特徴がありますよ。

    赤ちゃんの動きやすさや快適性にもこだわられているエルゴの抱っこ紐ですが、新生児からでも使用が可能なことから、世界中のママから人気を集めています。

    エルゴベビーの種類と使い方

    エルゴベビーにはいくつか種類がありますが、定番のものは生後4ヶ月頃から使えるもので、オリジナルや、オーガニックシリーズがあります。

    そして、この定番のシリーズに「インファントインサート」と呼ばれる、新生児用パッドを使うことで、新生児期から使用可能になります。

    生後1ヶ月の赤ちゃんもまだ首が座っていないため、定番シリーズにインファントインサートを使用することで、長期間使用することができますよ!

    インサートなしの「アダプト」が人気!

    そして、最近ではインサートを使用しなくても新生児から使うことができる抱っこ紐の「エルゴベビーアダプトシリーズ」も販売されていて、定番のオリジナルを凌ぐ人気があります。

    定番シリーズにインサートを使う場合は、オプションとして別売りだったり、取り付け方が分からなかったり、時期によっては蒸れて暑いこともあり、不便さを感じる方もいました。

    しかし、エルゴアダプトはインサートなしで使用できて、頭と首を支えてくれるものが本体に付属されているので、生後1ヶ月の赤ちゃんも暗線に縦抱きをすることができます。

    更に、赤ちゃんの成長に合わせて形状を変えることもできる「ポジションサポート」も付いているため、首が座るまでの短い期間だけではなく、2~3歳頃まで長く使用することが可能なんですよ!

    まとめ

    抱っこ紐で抱かれている赤ちゃんいかがでしたか?生後1ヶ月の赤ちゃんの子育てをしている時、抱っこ紐は色々なシーンで使えてとても便利なアイテムですよね。

    新生児から抱っこ紐を使用して縦抱きをする場合は、正しい抱き方や足の位置、使用時間を取り扱い説明書で確認して、赤ちゃんにもママにも負担がかからないようにしましょう。

    また、抱っこ紐(ベビーキャリー)と併せて人気なのが、一枚の布でできていて赤ちゃんを優しく包み込むスリングです。

    こちらも生後1ヶ月前から使え、寝かし付けに便利なアイテムなのでチェックしてみてくださいね。

    抱っこ紐は2歳頃まで長く使うアイテムなので、赤ちゃんと自分に合った抱っこ紐を選ぶようにしましょう。






    ー子供服、ベビー服の人気ブランドが最大80%オフな通販アプリ

    smarby(スマービー) ママのための通販アプリ

    smarby(スマービー) ママのための通販アプリ

    無料

    ★★★★★★★★★★

    おすすめ記事