生後1ヶ月

    1ヶ月検診│母親の検査内容と目的・費用・持ち物は?服装の選び方

    1ヶ月の赤ちゃん

    赤ちゃんを出産して、ほとんどの方が初めて赤ちゃんを連れて外に出るのは、1ヶ月検診なので、心待ちにしていた!という方も多いのではないでしょうか?

    でも、赤ちゃんの検診は体重などの成長をチェックするものとはわかっていても、母親の1ヶ月検診の内容はどんなことをするの?と疑問に思いますよね。

    また、どんな服装で行くべきか?費用はいくらかかるのか?など、わからないこともたくさんあると思いますまね。

    そこで今回は、母親の1ヶ月検診の内容や、持ち物や費用、服装などについてまとめてみました。ぜび、参考にしてみてくださいね。

    1ヶ月検診 母親の検査内容と目的とは?

    母親の1ヶ月検診の目的は、産後の身体の健康状態・精神状態の確認が主な目的として行われます。

    内診で子宮の戻りを確認したり、産後は心身ともに不安定であるので、ストレスから産後鬱になる人も中にはいるので、医師との問診があります。

    1ヶ月検診は赤ちゃんだけでもいいのでは?と思うかもしれませんが、母親にとっても大事な検査なので必ず受診しましょう。

    次に1ヶ月検診の母親の内容について説明していきます。

    1ヶ月検診で母親の検査は何をする?

    1ヶ月検診で母親の検査項目は主に、これらの内容の検査をします。

    ・血圧測定
    ・体重測定
    ・尿検査
    ・採血
    ・内診
    ・問診

    内診で産後の子宮が元に戻っているか?悪露の状態などは大丈夫か?を確認して正常であれば、母親も外出が許可されます。

    もし、何らかの異常があると診断された場合には、消毒や抗生剤の内服薬を処方される場合もありますし、ひどい場合は入院になるケースもあります。

    母親の1ヶ月検診は法律で義務付けられている訳ではないのですが、産後の体の回復を診てもらうためにも、必ず1ヶ月検診は受診するようにしましょう。

    問診で聞かれる内容は何?

    そして、1ヶ月検診の母親の検査内容の項目に「問診」がありますが、一体何を聞かれるんだろう?と不安に思っているママも多いようですが、問診というのは要するに、「ママの心の検査」です。

    産後はホルモンの乱れから些細なことで不安になったり、泣きたくなったりするものですが、それを放っておくと鬱状態になることもあります。

    産後鬱は「自分は大丈夫!」と思って頑張りすぎてしまう人ほどなりやすい傾向にあるので、この問診のときに医師や助産師さんに相談したいこと悩み事があれば、聞いてみるのがいいでしょう。

    心の検査も1ヶ月検診で母親にも行うのは、大事な検査の一つだからなんですよ。

    一ヵ月検診を受ける際の母親の費用や持ち物は?

    赤ちゃんとママ母親が一か月検診にを受ける際に、必要な持ち物はこのようなアイテムになります。

    ・母子手帳
    ・赤ちゃんとママの二人分の保険証
    ・乳幼児医療証
    ・乳児検診無料券
    ・おむつ、おしりふき
    ・授乳ケープ・ミルク
    ・検診費用
    ・赤ちゃんの着替え

    この他にも、赤ちゃんのガーゼやハンカチ、おむつを入れるゴミ袋などを持っていくと安心ですよ。

    また、ママと赤ちゃんで行かなければならない場合には、スリングや抱っこ紐も持っておくと安心です。

    そして、1ヶ月検診は病院で受診するものなので、必ず赤ちゃんとママの保険証を持ち物に入れておくようにしてくださいね。

    1ヶ月検診での母親の費用は?高いって本当?

    気になる費用ですが、一般的に1ヶ月検診は保険適用外になるため、母親の検査費用は実費になります。

    お住まいの地域によっては、自治体の補助があったり、病院によって費用が異なるため、いくらです!と言い切ることができませんが、実費負担になので費用が高い場合もあるので、事前に自治体に確認をしてみることをおすすめします。

    私の場合は、退院時に1ヶ月検診について日にちや時間の予約が必要で、費用についてや持ち物などの書類を貰っていました。

    そして、母親の費用は1万円程実費で「高い…。」と思いましたが、お住まいの地域によっては数百円だったり数千円だったり費用はそれぞれ違うようです。

    ?一ヶ月検診の費用が気になるのであれば、自治体や病院に確認してみてくださいね。

    赤ちゃんの保険証が間に合わない場合はどうする?

    1ヶ月検診の持ち物の中には赤ちゃんの保険証も必要ですが、保険証が手元に届くのは、役所に届け出を提出してから、早くても2週間ほどは掛かってしまいます。

    もし1ヶ月検診に保健証が間に合わないという場合は、2つの方法があります。

    1. 一ヶ月検診の日を延期する
    2. 一ヶ月検診の費用はひとまず実費で支払い、後日返金手続きをする

    一ヶ月検診の予約は退院時にする場合が多いので、保険証が間に合わないために予約の変更などが必要になってきます。

    変更手続きなど面倒ですし、1ヶ月検診の予約が取りにくくなる事もあるようなので、都合がつく限り役所への届け出は早めに提出することをおすすめします。

    1ヶ月検診に母親はどんな服装で行ったらいい?

    赤ちゃんとママ最後になりますが、1ヶ月検診に母親はどんな服装で行くのがいいのかというと、どんな検査でも楽に受けれるように、簡単な服装を心がけましょう。

    母親の検診の内容の中に「内診」があります。

    内診は、産後の子宮の戻り具合を確認するために行いますが、産前までに検診を受けに行っていた時に座っていた台に座って受けるので、その頃と同じような脱ぎ着しやすい服装で行くのがベストです。

    1ヶ月検診での母親の検査内容には、内診だけではなく血圧や尿検査などもありますし、母乳育児であればおっぱいのチェックなどもしてもらうこともあります。

    また、授乳のタイミングがいつきてもいいように、前開きのシャツワンピースや、授乳用のワンピースなどが脱いだり履いたりするのも楽ですよ!

    まとめ

    いかがでしたか?母親の1ヶ月検診の内容や、費用、着ていく服装について紹介しましたが、初めての1ヶ月検診では、不安なことが沢山あると思います。

    赤ちゃんの健康状態ももちろん大切ですが、産後のママの身体そして心がボロボロでは育児も更につらくなってしまいます。

    この1ヶ月は赤ちゃん優先で自分のことは後回しにしてきたママが多いはずなので、一か月検診で、ママの身体の状態、心の状態を検査してもらうことも大切ですよ。

    何か心配なこと、不安なことがある場合は医師でも助産師さんでも相談して一人で抱えこまないようにしてくださいね。この記事があなたの役に立つことを祈っています☆






    ー子供服、ベビー服の人気ブランドが最大80%オフな通販アプリ

    smarby(スマービー) ママのための通販アプリ

    smarby(スマービー) ママのための通販アプリ

    無料

    ★★★★★★★★★★

    おすすめ記事