冬生まれのお世話

    冬生まれ│赤ちゃんの肌着は長袖と半袖はどっちの方がいいの?

    新生児の赤ちゃん

    新生児の肌着のには、長袖のものと半袖のものがあるので、冬生まれの赤ちゃんにどちらを着せてあげるべきか?何枚準備しておいたらいいのか?迷ってしまいますよね。

    冬は寒いので防寒のためにも長袖の肌着がいいのでは?と思いがちですが、暖房でお部屋を暖めていたり、暖かいお布団の中で眠る新生児の赤ちゃんに長袖の肌着を着せてしまうと、暑くて汗をたくさんかいてしまうことがあります。

    新生児の赤ちゃんのお肌はデリケートなので、汗をかいたままにしておくと冬でも汗疹ができてしまうので、冬生まれの赤ちゃんには半袖の肌着を準備しておけば大丈夫です!

    ここでは、冬生まれ│赤ちゃんの肌着は長袖と半袖はどっちの方がいいの?と題してお話していくので参考にしてくださいね。

    冬生まれ│赤ちゃんの肌着は長袖と半袖はどっちのがいいの?

    新生児の赤ちゃん冬生まれの赤ちゃんの肌着は、長袖でなく半袖がおすすめのの理由は、赤ちゃんは新陳代謝が活発で暑がりだからです。

    また、冬は赤ちゃんを肌着一枚で過ごすことはなく、基本的に短肌着+防寒を兼ねたベビードレスなどを重ね着するので、敢えて長袖の肌着を準備する必要はないのです。

    寒い季節だからと言って、長袖の肌着の上に何枚も長袖のベビー服を着せてしまうと、赤ちゃんは暑くて汗をたくさんかいてしまい、汗疹ができてしまうこともあるので着せすぎないように注意しましょう。

    肌着はあくまで汗を吸い取ることと、温度調節の役割を果たすものなので長袖のものでなく半袖のもので大丈夫です!

    もし、半袖の肌着では寒くないか?と心配なようなら、暖かい素材のベビー服を着せてあげるようにしましょう☆

    肌着は多めに準備!

    冬生まれの赤ちゃんは、寒い時期だからそんなに汗をかかないだろうから、肌着は少ない枚数でもいいかな?と思いがちですが、短肌着は汗だけでなくミルクの吐き戻しやヨダレで汚れてしまった時も着替えをする必要があります。

    また、冬はなかなかお洗濯ものが乾かない!といういこともあるので、冬生まれの赤ちゃんに肌着を何枚準備すべきか迷ったら、多めに用意しておくことをおすすめします。

    また、肌着には色々な素材のものや、長袖・半袖、紐タイプ・マジックテープタイプなど色々な種類のものがありますが、冬生まれの赤ちゃんには綿100%のコットン素材の半袖の短肌着を6~8枚準備しておきましょう☆

    おすすめの肌着セット

    矢印アイコン肌着セットの人気ランキング

    上質な素材の肌着を選んであげよう!

    肌着は新生児の赤ちゃんのお肌に直接触れるものなので、デリケートな赤ちゃんのお肌を守るためにも、上質な素材のものを選んであげたいですよね。

    先ほども冬生まれの赤ちゃんには、長袖でなく半袖の肌着が最適!とお話ししましたが、もしお住まいの地域が寒い地方の場合や、夜中の室温が極端に冷え込むような場合には、状況に応じて長袖の肌着を着せてあげてもOK!

    ただし、短肌着は赤ちゃんの汗取りの役目もある肌着なので、長袖のものを着せた時にはこまめに汗をかいていないか?を確認して、もし汗をかいているようならすぐにお着替えをさせてあげるようにしてましょう。

    真冬の寒い時期に新生児期を過ごす冬生まれの赤ちゃんには、長袖・半袖の肌着を臨機応変に使い分けて、快適に過ごせるようにしてあげてくださいね☆

    冬生まれ│赤ちゃんの肌着は何枚用意しておけばいい?

    肌着姿の赤ちゃん冬に生まれる赤ちゃんのための肌着の準備枚数は、短肌着を6~10枚、コンビ肌着を4~6枚準備しておきましょう。

    冬は夏より汗をかかないから汗取りの役目をする短肌着も少なくていいかな?と思いがちですが、冬は暖房を使うので赤ちゃんはたくさん汗をかきます。

    また、短肌着は汗をかいたときに交換してあげるだけでなく、ミルクを吐いてしまったときや、ヨダレで汚れてしまった時もすぐに短肌着を交換してあげなければいシーンが増えてきます。

    新生児のうちは肌着は多めに準備しておくのがおすすめです☆

    短肌着+コンビ肌着が基本!

    新生児の赤ちゃんは体温調節が難しいので、生後すぐは短肌着+コンビ肌着を重ねて着させてあげます。

    冬生まれの赤ちゃんは、短肌着の上にコンビ肌着(股にボタンがついているタイプ)を重ねて、さらにその上に防寒を兼ねたカバーオールを着させてあげるシーンがとても多いと思います。動きが激しくなってきた赤ちゃんには、短肌着→厚手のコンビ肌着へ移行してあげましょう☆

    新生児用の肌着は、新生児期~生後3ヶ月位まで使える赤ちゃんの肌着の基本となるものです。

    短肌着は外側と内側にそれぞれ1本づつ紐がついていて、紐を結んで着せてあげるタイプの肌着です。

    赤ちゃんのお肌はとてもデリケートで、汗疹やかぶれができやすいので、赤ちゃんのお肌に直接触れる肌着は吸汗性のが高くてお肌に優しいコットン100%の素材でできたものを選んであげましょう☆

    まとめ

    今回は冬生まれ│赤ちゃんの肌着は長袖と半袖はどっちの方がいいの?と題してお送りしてきましたがいかがでしたでしょうか?

    冬用の肌着と言えば長袖のものを思い浮かべるかもしれませんが、赤ちゃんには半袖の通年用素材の肌着を準備しておけば大丈夫です。

    また、お住まいの地域によっては冬の寒さが厳しい時には、長袖の肌着を着せてあげてもいいのですが、その場合はベビー服を薄いものにするなどして調節してあげてくださいね。

    今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆






    ー子供服、ベビー服の人気ブランドが最大80%オフな通販アプリ

    smarby(スマービー) ママのための通販アプリ

    smarby(スマービー) ママのための通販アプリ

    無料

    ★★★★★★★★★★

    おすすめ記事