秋の服装と過ごし方

秋│赤ちゃんの室温の適温は何度?体を温める上手な体温調節方法

7ヶ月の赤ちゃん

秋になると、だんだん朝晩は涼しくて過ごしやすくなってきますが、日中は夏のように暑いひもあれば、空気がひんやりして肌寒く感じるような日もありますよね。

そんな秋は、大人でも体温調節が難しく感じるので、赤ちゃんにはもっと注意を払ってあげる必要があります。

赤ちゃんが快適に過ごせる室温の適温は、20~23℃が適温ですが、秋の入り口の9月は平均気温が20℃前後なのでまさに適温です。

10月に入ると平均気温が20℃を下回る日も増えてくるので、赤ちゃんが風邪をひいてしまわないように、上手に体温調節をしてあげましょう!

ここでは、赤ちゃんが快適に過ごせる秋の室温の適温と、風邪を引かせないための体温調節方法について紹介していきます!

秋の赤ちゃんの室温の適温は何度?

7ヶ月の赤ちゃん先ほども紹介したように、赤ちゃんが快適に過ごせる室温の適温は、秋だけでなく年間を通して20~23℃ですが、9月の日中はまだ残暑が残り、気温が30℃を超えるような日もあります。

残暑が厳しいかと思えば、雨が降ると急に気温が下がることも多く、体温調節が難しいですよね。

室内で過ごす場合は、室温の確認だけでなく、赤ちゃんが汗をかいていないかを確認して、もし暑そうにしているようならエアコンを弱くかけて、過ごしやすい温度にしてあげましょう。

秋になったから、もうエアコン(冷房)なんて・・・と思うかもしれませんが、最近は秋でも気温・湿度が高い日が増えているのに伴い、熱中症になってしまう方も増えてきています。

赤ちゃんの体のためにも、暑かったら無理をせずにエアコン(冷房)、寒かったら暖房を上手につかって、室内を適温にしてあげるのがおすすめです。

そして、涼しくなると水分補給を忘れがちになってしまうので、意識してこまめに水分を摂取させるようにしてくださいね。

アウターで上手に体温調節!

10月に入ると、お住まいの地域によっては平均気温が20℃を下回る日も増え、肌寒く感じることが多くなってきますが、すぐにエアコンの暖房機能を使ったり、ストーブを使って赤ちゃんの過ごすお部屋を暖めてあげるのはNG!

その理由は、基礎代謝が活発な赤ちゃんは、大人よりも体温が高く、例え大人が肌寒く感じていても、逆に暑い!と感じていることも多いからです。

確かに赤ちゃんが快適に過ごせるとされる室温の適温の20~23℃は下回っていますが、秋物の暖かいベビー服を着て、暖かいお布団をかけて寝かせてあげていると暑くなってしまいます。

また、活発にハイハイや伝い歩きで動き回っていると、赤ちゃんは体温が上昇して汗をたくさんかいてしまい、秋でも汗疹の原因にもなってしまいまいます。

秋は、基本的には薄手のベビー服+カーディガンなどのアウターで上手に体温調節をしてあげましょう!
おすすめのカーディガン

矢印アイコンカーディガンの人気ランキング

秋の赤ちゃんの体温調節はレッグウォーマーが◎

レッグウォーマーを履いている赤ちゃん暑かったり、涼しかったり、肌寒かったり、毎日の温度の変化が激しい秋ですが、赤ちゃんの体温調節を手軽にできるレッグウォーマーが大活躍してくれる季節です。

秋になると「赤ちゃんに靴下を履かせなさい!」とおばあちゃん世代から言われることもあるかもしれませんが、現代の育児では秋冬でも赤ちゃんに靴下を履かせるのはNG!

体内の熱の放出を妨げてしまい、よくないとされていますし、履かせても脱いでしまう赤ちゃんが多いと思います。

そんな時は、レッグウォーマーを履かせてふくらはぎをあげればOK!ふくらはぎは第二の心臓と言われているんですよ。

レッグウォーマーをはかせることで体内の血流が良くなり、体温が0.5℃上昇すると言われているので、レッグウォーマーをはかせるだけで体温調節を手軽にできるのでおすすめです☆

おすすめのレッグウォーマー

矢印アイコンレッグウォーマーの人気ランキング

15℃を下回ったら暖房を検討しましょう。

こういうことから、秋でも基本的に薄着でOKな赤ちゃんですが、万が一風邪をひかせてしまわないか心配な場合は、カーディガンやスリーパーなどさっと羽織れるアイテムを準備して、体温調節をしてあげるのがおすすめです。

秋はまだ薄手のもので大丈夫なので、外出時にはコンパクトに丸めてバックの中に入れておくことで、急な寒さにも対応できますよ。

暖房を使い始める時期は、お住まいの地域や環境によって異なってきますが、1つの目安として15℃を下回った時に弱い設定温度で使い始めましょう。

暑すぎるのも赤ちゃんには負担になってしまうので、様子を見ながら適温を見つけてあげるようにしましょう!

まとめ

今回は秋の赤ちゃんの室温の適温は何度?体を温める上手な体温調節方法と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

毎日の気温の変動が激しく。暑かったり、肌寒かったり、冬のように寒い日もあるように、めまぐるしく気温が変化する秋ですが、赤ちゃんが快適に過ごせる温度は20~23℃ということを頭に入れ、エアコンやアウターなどで上手に体温調節してあげましょう。

お店には可愛い秋用のベビー服が並ぶようになり、ついつい厚手のものや、モコモコのジャンプスーツなどを着せてあげたくなってしまいますが、赤ちゃんは体温が高くて暑がりなので注意が必要です。

秋でも大人の洋服の枚数-1枚くらいが適温なので、着せすぎないように注意して下さいね。

また、秋は体温調節のつもりでたくさん厚着をさせてしまいがちですが、赤ちゃんは秋でも汗疹ができやすいので、夏に引き続き汗をかいていないかをこまめに確認しましょう。

もし肌着が汗で濡れていたらこまめに着替えをさせて、トラブルを未然に防ぎながら、過ごしやすい秋を満喫してくださいね☆




おすすめ記事