ベビーグッズ

スリングと抱っこ紐の比較と、安全に使うための使い方のポイント

スリングで抱かれている赤ちゃん

新生児期~2歳頃まで長く使えるスリングは、長期間使う物なので満足できるものを選びたいですよね!

でも、新生児の赤ちゃんから使えるスリングには様々な種類があり、どれを選んだらいいのか?使い方はどうなんだろう?また、抱っこ紐とどちらがいいんだろう?と迷ってしまっているママも多いのでしょうか。

スリング・抱っこ紐には色々なタイプ・素材があり、使い方もそれぞれ違うので、購入前に比較して納得いくものを選ぶのがおすすめです!

ここでは、人気のスリングと抱っこ紐の比較と使い方のポイントを紹介していきます。

スリングと抱っこ紐の比較をしてみよう!

スリングで抱かれている赤ちゃんまず、スリングの比較から紹介しますね!

スリングにはリング式と肩掛け式の2つのタイプがあります。

リング式は使用者に合わせてリングで長さを調節できるというメリットがありますので、 ママもパパも同じスリングを使い回しできるのが特徴です。

肩掛け式はリングがついていないので、長さを調節することはできませんが、自分に合ったサイズのものを選べばフィット感は抜群ですし、リングがずれてしまう恐れもないので安心な所が特徴です。

どちらがいいのか?は好みによるので実際使用してみないとわかりませんが、どちらのスリングでも新生児の赤ちゃんから使える上に、基本的な抱き方を始めとする様々な抱き方ができますよ!

これから紹介する色々なタイプ・使い方を比較して選んでみてくださいね![/chat]

抱っこ紐との比較

抱っこ紐(ベビーキャリー)で新生児を抱くときには、新生児用インファートインサートが必要となりますが、スリングは特に何も用意しなくても安全に新生児の赤ちゃんを抱っこしてあげられることです。

また、使い方によっては授乳や家事もできるので、やっと寝かしつけたのにお布団に降ろした途端に目を覚まして泣いてしまうような、新生児の赤ちゃんとの毎日に大活躍!

特に新生児のころは、頻繁に授乳しなければいけないために外出が億劫になりがちですが、 スリングに赤ちゃんを入れたまま授乳することが可能です。

スリングは布一枚でできているので、抱っこ紐と比較するとコンパクトなので、持ち運びがとても楽なので、 何かと荷物が多い赤ちゃんとのお出かけの時にも便利なのも大きなメリットですね。

スリングは使い方も簡単で赤ちゃんも安心してよく眠ってくれるだけでなく、柄や生地も豊富なため自分好みの一品が必ず見つかりますよ☆

新生児の赤ちゃんを抱くときは縦抱きが◎

スリングで抱かれている赤ちゃんスリングは新生児~2,3歳のお子さんに使うことのできる、布状の抱っこひものことで、使い方は、輪になった布を肩にかけ、ポーチと呼ばれる部分に赤ちゃんを入れるのが基本的な使い方になります。

使い方次第で、縦抱き・カンガルー抱きなど様々な抱き方ができますが、まだ首のすわらない新生児の赤ちゃんには縦抱きが最も安全な抱き方です。

縦抱きの方法はとても簡単で、スリングを肩にかけて装着してから赤ちゃんを片手でそっと抱き、空いてる方の手でスリングの袋になっている部分を開き、赤ちゃんを袋の中にそっとおろしてあげるだけです。

まだ首のすわっていない新生児の赤ちゃんには、横抱きでは?と思うかもしれませんが、首のすわらない赤ちゃんを横抱きにすると、万が一衝撃が加えられたときの危険性が高くなってしまいます。

新生児の横抱きを禁止しているメーカーも数多くあるので注意が必要ですが、安全な使い方さえすればとても便利なアイテムです☆

Sponserd Link

抱っこ紐とスリングの違いは?どっちがおすすめ?

スリングで赤ちゃんを抱いているママ赤ちゃんが生まれるに当たり、ほとんどの方が購入を検討する抱っこ紐とスリングですが、赤ちゃんを抱っこする物という点以外にはどう違うのでしょうか?

どちらも人気のアイテムなのですが、どちらも似たようなアイテムなので、はじめて出産を迎える方はよく分かりませんよね。

次に、抱っこ紐とスリングの違いについて詳しく紹介していきます☆

多機能で使いやすい!抱っこ紐

抱っこ紐はベビーキャリーとも呼ばれ、ていて街で目にすることも多いですよね。

スリングとの違いは、抱っこ紐の方がしっかりしている作りでハイスペックで長期間使えますが、その分値段が高くなります。

最近は新生児から使える抱っこ紐も増えてきているので、使用開始可能月齢で見るとスリングと違いがなくなってきました。

抱っこ紐は、両手があきますし、抱っこしている人の肩や腰に負担がかかりにくくなっているのでお出かけも楽ちんです☆

赤ちゃんが安心できるスリング

スリングは布でできた袋の中に赤ちゃんを入れて片方の肩にかけて抱くので、ママと密着できるので落ち着いてよく寝てくれるアイテムということで人気があります。

スリングと抱っこ紐の違いは、スリングの方が早い時期から使うことができますし、コンパクトにたためるのでバッグの中にも入れやすく、お値段が安いことですね。

抱っこ紐とスリングは装着方法に違いがあるので、慣れるまでに時間がかかってしまうかもしれませんが、色々な抱き方ができますし、慣れてしまえば簡単ですよ☆

SponserdLink

まとめ

スリングで抱かれている赤ちゃん今回はスリングと抱っこ紐の比較と、安全に使うための使い方のポイントと題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

抱っこ紐もスリングも色々な種類があり、メリットとデメリットがあります。

スリングは抱っこ紐よりも使える期間が短いので長く使いたい方は抱っこ紐がおススメですし、赤ちゃんの寝かしつけをスムーズにしたい方にはスリングが最適です。

どちらも使い方に違いがあるので、ご自身の生活スタイルに合わせてどちらも検討してみると良いかもしれませんね!

あると便利な抱っこ紐&スリングは、色々なアイテムをチェックしてみてお気に入りのアイテムを見つけてくださいね☆

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました!

*関連記事*  抱っこ紐にヘッドサポートはいつまで必要?選び方と使い方のポイント
Scroll Up