ベビーグッズ

バウンサーでお昼寝させても大丈夫?何時間まで?寝かせる時の注意点

バウンサーに乗っている赤ちゃん

お昼寝の時間にバウンサーに赤ちゃんを乗せ、ゆらゆら揺らしていると、いつの間にかスースー寝息をたてて寝ている赤ちゃん。

気持ちよさそうに寝ている様子を見ると、そのままバウンサーの上で寝かせてもいいのか?それとも、下ろしてお布団に寝かせた方がいいのか?迷ってしまいますよね。

バウンサーは長時間寝かせるのは体に負担がかかり良くないのですが、短時間の昼寝なら赤ちゃんを寝かせたままでも大丈夫ですよ!

ここでは、赤ちゃんをバウンサーで寝かせる時に注意したいポイントを紹介します☆

バウンサーでお昼寝させても大丈夫?

バウンサー新生児の赤ちゃんは、少しの刺激ですぐに目が覚めてしまうので、せっかくバウンサーでお昼寝をしてくれたのなら、わざわざ起こさずにそのまま寝かせてあげて大丈夫です。

しかし、新生児から使えるバウンサーでも角度がついているものが多く、長時間の使用は背骨~腰へ負担が大きくかかるので、お昼寝させるのは2時間程度までにしましょう。

もし、2時間を過ぎても赤ちゃんが起きない場合は、そっと抱き上げてお布団へ移動させて寝かせてあげるようにすると、体へ負担がかからずに安心です。

バウンサーでお昼寝するメリット

赤ちゃんのお昼寝にバウンサーがおすすめなのは、ウトウトしはじめたらバウンサーに乗せてゆらゆら揺らしてあげるだけで眠ってくれるので、寝かしつけが楽になるということです。

バウンサー自体がコンパクトで場所を取らないのでお部屋において置いても邪魔にならないので、赤ちゃんが眠そうな時にさっと寝かせてあげられるのも便利ですね!

また、バウンサーはフラットではなく、緩やかな角度がついているので、赤ちゃんに授乳した後そのまま寝かせても吐き戻しをしにくくなるというメリットもありますよ。

また、床にでお昼寝をさせると、埃や汚れが気になったり、犬や猫などのペット、小さなきょうだいがいて赤ちゃんが踏まれてしまう心配がある場合にも、床から少し高さのあるバウンサーが大活躍しますよ☆

おすすめのバウンサー

矢印アイコンバウンサーの人気ランキング

いつまでバウンサーでお昼寝してくれる?

お昼寝する時に寝かし付けも簡単で、ベッドとしても使用できる便利なバウンサーですが、個人差はありますがあまり長期間使うことはできません。

その理由として、寝返りやおすわりなど自分で動けるようになると、赤ちゃんはバウンサーの上でベルトで固定されて動きを制限されるのを嫌がってしまうからです。

こういう理由から、いつまでバウンサーでお昼寝ができるのかというと、生後4ヶ月~6ヶ月までの赤ちゃんが多いようです。

ただし、メーカー表記では2歳頃まで使用できる物が多いですし、バウンサーが大好きな赤ちゃんはもっと長くお昼寝用ベッドとして使用できることもあるのでります。

バウンサーをいつまで使えるかは、あくまで1つの目安として「長い間お昼寝用として使えないかも」と捉えておきましょう☆

Sponserd Link

バウンサーでぐっすりお昼寝させる方法

バウンサーで寝ている赤ちゃん初めて育児をしているママは、「赤ちゃんがなかなか昼寝してくれない!」 とストレスを感じてしまうことが多いようです。

赤ちゃんが眠いはずなのに、寝てくれなくてグズグズ・・・なんてこと、よくありますが、バウンサーがあるとなかなか寝てくれない赤ちゃんも、すぐに 寝てくれるんですよ!

バウンサーはゆらゆら揺らすことができるので、眠たい赤ちゃんを バウンサーにのせてゆらゆらしてあげると、そのままウトウト 眠ってくれるので、短時間のお昼寝ならそのまま寝かせてしっまってもOK!

バウンサーがあると、何かと大変な赤ちゃんのお世話から少しの間でも手が離せるので、お昼寝以外にも家事や少し一息つきたい時にもおすすめです☆

バウンサーは育児に必要??

心地よい揺れで赤ちゃんをお昼寝へと誘ってくれるバウンサーですが、長時間の使用は背骨へ負担がかかるのでよくないと言われていますし、発達が遅れる、という指摘もあり気になりますよね。

使用期間も短いので、本当に必要なのかな?と迷っている方も多いと思います。

バウンサーは、お昼寝の時のベッド代わりとしての使用以外にも、ママが手が離せないとき(お料理やお風呂など)に乗せておくと、安全かつご機嫌でいてくれるので特に1人で赤ちゃんを見る事の多いママにはとても助かるアイテムです。

育児の必需品ではないですが、実際に「バウンサーがあって良かった!」とい先輩ママの声も多いのも事実です。

口コミで人気商品もたくさんあるので、忙しいママのサポート役として重宝してくれますよ!

SponserdLink

まとめ

今回はバウンサーでお昼寝させても大丈夫?何時間まで?寝かせる時の注意点と題してお話してきましたが、いかがでしたか?

バウンサーでお昼寝をさせる時間は、赤ちゃんの体の負担のことを考えると2時間程度までにしておきましょう。

バウンサーは新生児の赤ちゃんにお昼寝をさせる時だけではなく、ご飯のときやママがが赤ちゃんから少し離れなければいけない時にも便利ですし、揺らしているだけで簡単に寝かしつけができるので助かります。

バウンサーがある生活とない生活では、ママの余裕の持ち方が違ってくるので、育児ストレスに悩まされる前に使ってみるのもおすすめです。

育児は長いですから、ママの負担が減るアイテムは積極的に活用して、無理をしないようにしましょう☆

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆

*関連記事*  おくるみをバスタオルで代用する方法!巻き方とサイズ選びのポイント
Scroll Up