冬の服装と過ごし方

赤ちゃんが冬に布団から肩が出る時の対処法!おすすめの寝冷え対策も

布団で寝ている赤ちゃん

冬になると気になるのが、赤ちゃんの寝冷えですよね。冷えないようにしっかりお布団をかけても、気づいたら赤ちゃんや子供の肩がお布団から出てしまってる・・・

なんて経験があるママも多いと思います。お布団から肩が出てしまうと、冷えちゃいそうで心配ですよね。

また、冬の夜寝るときにはどんな服装をさせて、どんなお布団を何枚掛けたらいいのか?迷ってしまうことがたくさんありますよね。

ここでは、赤ちゃんが冬に布団から肩が出る時の対処法!おすすめの寝冷え対策を紹介します☆

赤ちゃんが冬に布団から肩が出る時の対処法

布団で寝ている赤ちゃんぐっと気温が冷え込む冬の夜は、赤ちゃんや子供を暖かく寝かせてあげようと肩の上までお布団をしっかりかけてあげたくなりますよね。

でも、あんまり肩の上の方までお布団をかけてしまうと、お布団で赤ちゃんの口が塞がれて苦しくなりそうで心配ですよね。

かと言って、ベビーの肩がお布団から出ていると寝冷えをさせてしまいそう…そんな時におすすめの対処法は、赤ちゃんにスリーパーを着せて寝かせてあげることです。

スリーパーは生後2ヶ月位の新生児~子供に使える、寝るときに着せるベストタイプのウェアで、冬の寒い夜に肩がお布団から出ていても冷えることがないのでおすすめです☆

冬におすすめのスリーパーの選び方

冬の赤ちゃん・子供用スリーパーは色々なタイプのものが販売されていますが、人気が高いものは裏地がメッシュタイプになっていて保温性と通気性を兼ね備えたスリーパーです。

保温性はもちろん通気性も高いので、赤ちゃんや子供が汗をかいても素早く乾燥してくれるので、寝冷えの心配がないのもポイントです。

ベビー用品店にはキャラクター物のアクリル製のスリーパーが安値で販売されていますが、アクリル製のものは通気性・吸湿性が悪いので、できれば綿100%の素材の肩が布団から出ても安心なベストタイプを選ぶようにしましょう☆

おすすめのスリーパー

矢印アイコンスリーパーの人気ランキング

ブランケット+掛け布団の2枚でOK!

布団をかけている赤ちゃん続いて、冬に赤ちゃんや子供が寝る時の布団のかけ方ですが、ブランケット(毛布)+掛け布団(中綿入り・羽毛布団)の2枚だけで大丈夫です。

身体を冷やしてしまわないように、と3枚、4枚と布団を重ねてしまうと、赤ちゃんや子供は暑くなるだけでなく、小さな体に重い布団がかかることで体への負担が大きくなってしまういます。

それだけでなく、熱を逃がすことができずに暑くなりすぎてしまうのです。

基本的に乳幼児や子供は、大人より体温が高くて暑がりなので、冬の夜は寝る時に寒いからとたくさんお布団をかけても、暑くて蹴ってしまって寝冷えの原因になってしまうので注意が必要です。

寝る時のお布団は室温や服装によっても種類・枚数が変わってくるので、赤ちゃんや子供の様子をこまめに確認しながらスリーパーを併用して、暑すぎず寒すぎないように調整してあげてくださいね!

冬の赤ちゃんが寝る時の服装と布団のかけ方

布団で寝ている赤ちゃんベビーが初めて迎える寒い冬の季節は、寝る時にはどんな服装をさせていいのか?また、お布団は何を何枚くらいかけてあげたらいいのか?迷ってしまうママが多いのではないでしょうか。

一番困るのが寝る時に寒くて寝冷えをしたり、風邪を引かせてしまう事!ですが、そもそも赤ちゃん~幼児期にかけては新陳代謝が活発で、大人より体温が高いので温めすぎには注意が必要です。

赤ちゃんや子供が寝る時に暖かい服装をさせすぎてしまったり、厚手の布団をかけすぎてしまうと、暑くて布団を蹴って寝冷えの原因になってしまったり、汗をたくさんかいて汗疹の原因になってしまうことも。

ここでは、冬の季節に赤ちゃんが快適な寝る時の服装と、お布団のかけかたのポイントを紹介します☆

必要以上の厚着は逆効果!?

冬は夜中~朝方にかけて気温がぐっと下がり寒くなるので、赤ちゃんや子供が寝冷えをしないように!とついつい厚着をさせたくなってしまいますよね。

でも、先ほどもお話ししたように赤ちゃんや幼児が寝る時に厚着をさせすぎるのは、かえってよくないことがたくさんあるので冷やさないようにすることと同じくらい、注意が必要です。

夜寝る時の服装は、トレーナーなどの起毛素材・キルトニットなどの温かい素材でできたカバーオールを肌着の上に着せてあげるだけでOK![/chat]

夜中に寒くて体を冷やしてしまうのでは?と心配にな場合は、ベビー服の上に着せてあげるベストタイプのスリーパーを着せてあげることで、朝まで寝冷えを防ぐことができるのでおすすめです!

赤ちゃんの冬用の掛け布団は何を使えばいい?

布団で寝ている赤ちゃん冬になると、赤ちゃんや子供の掛け布団は何を使えばいいのか?迷ってしまいますよね。

一般的な赤ちゃん用のお布団セットの中には、オールシーズン用の中綿入りの掛け布団が入っていますが、それだけだと寒いので中綿入りの掛け布団にプラスして暖かくしてあげましょう!

次に、赤ちゃんと子供の冬用の掛け布団の選び方のポイントをを紹介します☆

お肌に優しい綿毛布が◎

冬の夜は気温がぐっと下がり寒くなるので、赤ちゃんや子供が冷えないように冬用の掛け布団も暖かくしてあげたいですよね。

でも、小さな身体の乳幼児に厚い布団をかけてしまうと、赤ちゃんは重くて苦しそうでかわいそうですし、赤ちゃんや子供は暑がりで汗かきなので暑くて汗をたくさんかいたり、布団を蹴飛ばしてしまいます。

冬用の掛け布団のおすすめは、オールシーズン用の掛け布団の下にタオルケットやガーゼケットをプラスしてかけあげることです。

タオルケット・ガーゼケットは保温性・吸湿性ともに優れているので、赤ちゃんの掛け布団としてだけでなく、冬用のシーツ代わりとしても使えて便利ですよ!

もし、それだけだと寒くて寝冷えしてしまうのでは?と心配な場合は、吸湿性・保温性に優れたお肌に優しい綿毛布がおすすめです☆

赤ちゃんと添い寝している場合は何を掛ける?

寝ている赤ちゃんとママママと一緒に添い寝をしている場合は基本的にはママと同じ掛け布団でOKですが、冬用の厚手の布団を使っている場合はできれば赤ちゃん用の掛け布団を別に用意してあげるのがおすすめです。

小さな体の赤ちゃんに重いお布団をかけてしまうと、最悪の場合窒息の可能性もあるので注意が必要です。

もし別の掛け布団を用意するのが難しい場合は、一番上の軽い布団だけ赤ちゃんにかけるようにして、小さな体に負担がかからないようにしてあげてくださいね![

まとめ

今回は赤ちゃんが冬に布団から肩が出る時の対処法!おすすめの寝冷え対策もと題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

冬に赤ちゃんが布団から肩を出してしまっているときには寝冷えが心配になってしまいますよね。

でも、赤ちゃんは暑くて肩や手を出してしまっているので、快適に眠れるようにお布団や服装を調節してあげましょう。

また、赤ちゃんは大人より暑がりなので、大人は寒くても赤ちゃんは暑い!ということもあるので、時々背中を触って赤ちゃんが汗をかいていないか確認するようにしてあげてくださいね☆

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました!




ーママと赤ちゃんの成長記録アプリ
ミルケア / 妊娠・出産・子育て情報

ミルケア / 妊娠・出産・子育て情報
無料
posted withアプリーチ
ー子供服、ベビー服の人気ブランドが最大80%オフな通販アプリ
smarby(スマービー) ママのための通販アプリ

smarby(スマービー) ママのための通販アプリ
無料
posted withアプリーチ
おすすめ記事