冬の服装と過ごし方

赤ちゃんに冬の夜は帽子をかぶせた方がいいの?寝かせ方と注意点

冬の赤ちゃん

冬の寒い夜、赤ちゃんに暖かい服装をさせて寝かせてあげたけど・・・ 頭はお布団から出てるし、まだ髪の毛は薄いから、頭が冷えてしまって、風邪をひかせてしまうのでは?と、心配になってしまいますよね。

それなら、頭を冷やさないように赤ちゃんに帽子を被せてあげよう!と思いついたものの、寝る時に帽子をかぶせてもいいのでしょうか?

冬の夜は気温も下がるから赤ちゃんの頭が冷えたら可哀想!と言って、帽子をかぶせて寝かせるのは赤ちゃんにとってよくないことなので、避けるようにしましょう。

ここでは、赤ちゃんに冬の夜に帽子はかぶせた方がいいの?寝かせ方と注意点を紹介します☆

赤ちゃんに冬の夜に帽子はかぶせた方がいいの?

冬の赤ちゃん冬の夜に赤ちゃんに帽子をかぶせるのが良くない理由は、昔から「頭寒足熱」と言われているように、赤ちゃんも大人と同じで頭を温めるのはよくないとされているからです。

頭に帽子をかぶせて寝かせてしまうと、頭と足に熱が溜まる=全身が熱くなってしまうので、汗をたくさんかいてしまいます。

また、赤ちゃんは体温調節機能が未熟で、手のひら・足の裏・頭皮からも熱を放出させて体温を調節しています。

冬の夜は寒いからといって帽子をかぶせて寝かせてしまうと、体に熱がこもりすぎてしまい、暑くて布団を蹴ってしまい、結果的に寝冷えをしてしまう原因にもなってしまうのです。

でも、赤ちゃんが寝冷えをしてしまうのではないかと心配な場合は、冬の夜の防寒対策として、帽子でなく、スリーパーを着せて寝かせてあげるのがオススメです。

どんなに寝返りを打っても、スリーパーははだけることがないので、朝まで暖かくて安心です☆

スリーパーのとは?選び方のポイント

色々なタイプのスリーパーが販売されていますが、人気が高くおすすめなのは、冬だけでなく年間を通して使うことができる、5重または6重ガーゼで作られたベストタイプのスリーパーです。

冬でも赤ちゃんは寝ている時に沢山の汗をかくので、赤ちゃんが寝るときに着るスリーパーは吸湿性の高い綿製(ガーゼ)のものなら、素早く汗を吸収して熱を逃がしてくれます。

もちろん保温性も高いので赤ちゃんを冷やすことなく快適に寝かせてあげることができますよ!

また、アクリル性のスリーパーの方が暖かそうな気がしてしまいますが、フリースなどの科学繊維は吸湿性が低いので、赤ちゃんが汗をかいて冷えてしまう原因になるので注意してくださいね。

おすすめのスリーパー

矢印アイコンスリーパーの人気ランキング

赤ちゃんの温めすぎには注意しましょう!

寝ている赤ちゃんとママ冬の夜は寒いので、赤ちゃんが冷えないように厚着をさせたり、帽子をかぶせたり、靴下をはかせてあげたくなってしまいますよね。

でも、生後半年までの赤ちゃんに厚着をさせたり帽子をかぶせて温めすぎたりすると、SIDS(乳幼児突然死症候群)の発症の恐れがあるので注意が必要です。

赤ちゃんは大人より代謝がよくて体温も高いので、夜寝るときは帽子と靴下・ミトンなどの防寒アイテムは必要ありませんが、寝冷えが心配な場合はスリーパーを着せてあげると安心です。

寒い冬の夜でも赤ちゃんに帽子をかぶせずに、様子を見ながら、室温と服装を決めてあげてくださいね☆

Sponserd Link

冬、赤ちゃんが寝相が悪い理由と寝冷えを防ぐ対処法

布団で寝ている赤ちゃん赤ちゃんは寝ている時もコロコロ転がって、驚く程寝相が悪いですよね。冬は特に寝相が悪いと、朝起きると布団を何もかけていない!ということがあり、驚いてしまうことも多いのではないでしょうか。

冬は室温も下がるので、赤ちゃんが冷えないように暖かいお布団をかけて寝かせても、寝相が悪いとすぐに蹴ってしまいますよね。

そんな時にまず考えてみたいのは、どうして赤ちゃんは寝相が悪いのか?ということです。

ここでは、冬の時期に赤ちゃんが寝相が悪い時の寝冷え対策方法について紹介します☆

寝相が悪いのは暑いから?

実は、赤ちゃんが寝相が悪く布団を蹴ってしまう理由は、「暑いから」なのです。

赤ちゃんは普段でも大人より体温が高いのですが、寝ている時は更に体温が上昇するので、暖かい布団を何枚もかけると暑くて布団を蹴ってしまう=寝相が悪い、ということなんですよ。

冬に寝相が悪い赤ちゃんの対処法としては、布団を薄手のものにしたり、枚数を減らして暑くなりすぎないようにしてみましょう。

それでも寝相が悪い赤ちゃんにはベストタイプのスリーパーを着せ寝かせてあげると、どんなに動いてもはだけることなく朝まで体を冷やさずに眠ることができるのでおすすめです☆

オールシーズン使えるスリーパーが人気!

スリーパーを着て寝ている赤ちゃん寝相が悪い赤ちゃんに大活躍してくれるスリーパーは、冬だけでなくオールシーズン使えるものが人気があります。

冬用のスリーパーはボアやダウンが使われていてモコモコしているので、寝相が悪い赤ちゃんには暑すぎるかもしれないので、年中快適な温度で眠ることができるガーゼ素材のスリーパーがおすすめです。

冬にスリーパーを着せて寝れば、寝相が悪い赤ちゃんが毛布を蹴ってしまっても安心ですよ!また、赤ちゃんは冬でもあせもができやすいので、着せすぎには注意してくださいね。

薄手のパジャマ+スリーパーでも、赤ちゃんはスヤスヤ寝てくれるので、寝相が悪い赤ちゃんにぜひお試し下さい☆

SponserdLink

まとめ

今回は赤ちゃんに冬の夜に帽子はかぶせた方がいいの?寝かせ方と注意点と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

寒い夜はついつい赤ちゃんに帽子をかぶせてあげたくなりますが、赤ちゃんは頭からも熱を放出しています。

このことから、体温調節のために冬でも帽子をかぶらないことがおすすめです。

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆

*関連記事*  赤ちゃんに冬用の布団をかけると窒息する?布団の選び方と注意点
Scroll Up