生後3ヶ月

生後3ヶ月│服のサイズは70がベスト?80はいつから着れる?

3ヶ月の赤ちゃん

生後3ヶ月の赤ちゃんは新生児の頃と比べて手足を動かす事が増えてきますし、早い子だと寝返りしようと体を左右に捻ってみたりもしますよね。

また、体も随分大きくなってきたので服のサイズ選びなど、新たに迷うことが増えてきくる時期だと思います。

赤ちゃんの成長には個人差があるので、成長が早く体重身長の伸びが多くて70サイズの服が着られるようになった子もいれば、成長がゆっくりで60サイズの服をまだ着れる子など、赤ちゃんによって様々です。

また、活発に動く子は洋服がはだけたりなどの悩みも出てくる頃なのでサイズ選びも大切になってきますよね。

今回は、生後3ヶ月の赤ちゃんには肌着・ベビー服のサイズの選び方と、帽子・靴下・おむつのサイズ選びのポイントについてご紹介していきます。

生後3ヶ月│服のサイズの選び方

生後3ヶ月生後3ヶ月の赤ちゃんの「服と肌着のサイズ」は成長に個人差が出てくる頃なので、70cmにすべきか?長く着られる80cmのサイズにするか?迷ってしまうお母さんが多いと思います。

国内メーカーでは70がちょうど良いのに、海外メーカーだと足や手の丈が長くて折って使用しなきゃいけなかったりする場合もありますよね。

また、折角買ったのにサイズが微妙に合わなくて着せにくい…。と、着せる頻度が下がってしまうベビー服もあると思います。

生後3ヶ月の赤ちゃんを連れてベビー服売り場に行くのもなかなか大変なので、通販に頼ってしまいがちなお母さんも多いですよね。

 でも、サイズが合わない…ということを防ぐためには、店頭でピッタリのサイズを選んであげるのがおすすめですよ。

生後3ヶ月のサイズは70が標準的

一般的に生後3ヶ月の赤ちゃんのベビー服・肌着のサイズは70cm~となっています。

メーカーごとで多少サイズ感が異なり、「他のメーカーは70cmで丁度良かったのに、このメーカーのは70cmじゃ小さい!」なんて事もあるのが落とし穴ですよね。

誕生時に大きめに生まれてきた赤ちゃんは成長が早い子が多いので、ワンサイズ上を選ぶとちょうど良い事がよくありますよ。

まだまだ成長が著しい頃なのですぐにサイズアウトしてしまいますが、ベビー服・肌着共に月齢にあったサイズを着させてあげる事が大切です。

生後3ヶ月│サイズ80はいつから着れる?

生後3ヶ月子育てをしている中で子供の成長はとても嬉しいことですが、「ベビー服」この頃はとくにサイズアウトするのが早いことがありますよね。

お気に入りの服が直ぐに着れなくなった!と悲しい気持ちにもなることもあるので、「次に買うのは長く着られる80cmのサイズ!」と決めているお母さんも多いと思います。

赤ちゃんにジャストサイズの服を着させてあげたいですが、やっぱりなるべく長く着せたい…。というのが本音ですよね。

赤ちゃんの成長には個人差がありますが、生後3ヶ月で80cmのサイズの肌着やベビー服は少し大きいような気がしますが、いつから80cmのサイズを着せてもいいのでしょうか?

80cmのサイズは長く着られる分、デメリットも

生後3ヶ月頃の赤ちゃんの成長は個人差が大きく、中には80cmのサイズの肌着やベビー服がジャストサイズ!という子もいるかもしれませんが、ほとんどはまだ70cmのサイズが丁度いい位だと思います。

70cmの肌着やベビー服と、80cmのものを比べてみると、すごく大きく感じると思います。

実際に70cmがジャストサイズの生後3ヶ月の赤ちゃんに、80cmのサイズを着せるとブカブカで、袖口を折り曲げてもだぼついてしまうようであれば、赤ちゃんの手足の動きを妨げてしまうデメリットもあります。

もちろん、長く着せたいから大きめの80cmのサイズを買うのも経済的ですが、まだ体の小さな赤ちゃんはジャストサイズの肌着・ベビー服を選んであげてくださいね。

オムツ替えの回数がまだ多い時期なので、服の種類は股下にスナップボタンが付いているタイプの「ロンパース・カバーオール」などがお世話がしやすいですよ!

生後3ヶ月│帽子と靴下・おむつのサイズは?

生後3ヶ月生後3ヶ月になると、新生児の頃と比べ赤ちゃんと一緒に外に出る機会が増えてくると思います。

冬場は防寒対策として、夏場は紫外線対策として必須な帽子は、小さいうちから外出時に帽子をかぶる習慣をつけておくと、「嫌がって被ってくれない」という事態を防ぐことができますよ。

また、靴下は家で過ごすときは素足が推奨されていますが、冬の外出時などはサイズが合った靴下をはかせてあげてくださいね。

おむつ選びは赤ちゃんの体つきやメーカーとの相性があるので、選ぶのが難しいですが、お腹周りがきつくなく、漏れのないサイズのものを選ぶことが大切です。

次に、帽子・靴下・おむつのそれぞれのサイズ選びのポイントを詳しく紹介します。

帽子のサイズ

生後3ヶ月頃の赤ちゃんの平均的な帽子のサイズは42~44cmです。

頭囲の発育には個人差が大きく、頭の大きい子・小さい子がいるので、あるのであくまでも目安としてのサイズとなります。

「小さくて被れなかった…。」という事態を防ぐためにも、店頭で試着してから購入するのがオススメですよ。

靴下のサイズ

生後3ヶ月頃の靴下のサイズは9cm~10cmが平均的です。

帽子と同様で、足のサイズには個人差があり、足の大きい子・足の小さい子がいるので、赤ちゃんに合ったサイズを選んであげましょう。

まだ一人で座れない赤ちゃんの足のサイズを測るのは難しいので、お店や通販などで目安のサイズが記載されていると思うので参考にしてみるといいですね!

おむつのサイズ

オムツのサイズは、大きく分けて「新生児・S・M・L・ビッグ」の5つのサイズがあります。

メーカーによって記載されいる対象の体重と使用してみた時のサイズ感がそれぞれ異なるのでオムツのメーカー・サイズ選びはどのママも迷いますよね。

サイズ選びで悩んだ時は、パッケージに記載されているサイズ表の体重を基準に選んであげるのが一番です!

生後3ヶ月の赤ちゃんは「6~12kg向けのMサイズ」が適していますが、小柄な赤ちゃんだと、SサイズからMサイズの間くらいになり、サイズ選びがさらに難しいですよね。

おむつはサイズアップするタイミングが難しいと思いますが、目安として約6kgに近くなったらMサイズにサイズアップしてあげるといいかもしれませんね。

まとめ

今回は生後3ヶ月│服のサイズは70がベスト?80はいつから着れる?と題してお送りしてきましたが、いかがでしたか?

生後3ヶ月の赤ちゃんの「洋服・靴下・オムツのサイズ」についてご紹介しましたが参考になりましたでしょうか?

この頃の赤ちゃんはまだまだ成長が著しいので、あっという間にサイズアウトしてしまうこともあるので、サイズ選びは慎重になってしまいますよね。

長く着られる80cmのサイズの肌着・ベビー服を買いたい!という気持ちはわかりますが、大きすぎても赤ちゃんにとって負担になってしまうこともあります。

なるべく肌着はジャストサイズ、ベビー服は長く切れる1サイズ上のものを選ぶのも1つの方法ですよ!

赤ちゃんが直接肌に身につける物なので、より適した物を選んであげてくださいね。




おすすめ記事