母乳の悩み

搾乳器が痛い時の対処法とは?上手に搾乳する方法とトラブル改善方法

母乳を飲んでいる赤ちゃん

おっぱいが張って痛い時、やむを得ない事情で搾乳器を使用いなければいけない場合もありますが、搾乳機が痛い…対処法は何かあるのかな?と悩んでいるママも多いですよね。

授乳をしていると乳首に傷が出来たりなどして直接授乳が辛い時もありますし、赤ちゃんを預けて出かけなければならない時など、搾乳器を使わなければいけないのに痛いと、気が滅入ってしまいますよね。

この搾乳器にも色々なタイプがありますが、正しい方法でやらなければ痛い思いをしてしまうこともあります。

そこで今回は、搾乳器が痛い時の対処法と、痛くない正しい搾乳方法を紹介していきます。

搾乳器が痛い時の対処法とは?

母乳を飲んでいる赤ちゃん搾乳をする場合は手でするか、 搾乳機を使ってするかの二種類ですよね。

搾乳器を使うと手でする必要がないので手が痛くなるということもありませんが、搾乳器の方が痛いけど効率がいい、という場合もあります。

まず、搾乳器は手動でするものと電動でするものがあります。

仕事復帰などの理由で搾乳をする期間が長くなったりする時は、手動のもので搾乳すると腱鞘炎になってしまうこともあるため、電動の搾乳器を使うこともおすすめです。

しかし、「搾乳器が痛い…」というレビューも多く、悩んでいるママも多いのも確かです。

搾乳器を使う場合は次のようなやり方・対処法を参考にしてくださいね。

すぐにできる対処法と注意点

まず、搾乳器が痛いと感じた場合は無理に使用し続けることは避け、母乳が出ない時や痛みを感じる時は無理に搾乳しないことも大切なことです。

そして、搾乳口を乳頭に当てて少しずつ角度を変えながら色々な乳腺からまんべんなく搾乳をするようにすることが痛みの対処法として有効です。

母乳が一番よく出るのは赤ちゃんに吸ってもらうことが大切ですが、 時と場合によって搾乳器を使用しなければいけないこともありますよね。

電動のものは特に手で搾乳をしたり手動の搾乳機と比べても、簡単に母乳を絞ることができるのですが、 必要以上に母乳が出てしまったり、乳頭を 傷つけてしまうこともあるので注意が必要です。

Sponserd Link

搾乳器で母乳の出が悪くなることもある?

悩む女性搾乳器の使用を続けていると、おっぱいが痛くなってしまったり母乳が詰まって手が悪くなってしまうということがあります。

そんな時には搾乳している間隔を一度見直してみましょう。

基本的に搾乳をする間隔は、赤ちゃんに授乳する感覚と同じ3時間から4時間おきにします。

搾乳をする時間が開いてしまうとおっぱいに母乳が溜まってしまいおっぱいの詰まりや乳腺炎などの原因にもつながります。

まずは、搾乳間隔を一定にするようにしましょう。

痛みがある場合は無理に使わない事も大切!

そして搾乳器を使っていると、どうしてもおっぱいに痛みを感じることがあります。

もし搾乳器が必要ない状態な時に搾乳機を使ってしまうと、反対におっぱいトラブルのきっかけを作ってしまうことがあります。

またもう直接授乳することができない時や、 おっぱいトラブルがひどくて直接授乳をすることが難しいという方には搾乳機はとてもおススメなものです。

ただし、正しく使わなければさらにおっぱいトラブルにつながってしまうこともあるので注意が必要です。

搾乳器のタイプを見直してみるのも◎

現在ではよく研究されている搾乳機が販売されており、赤ちゃんの自然な哺乳に近い働きをするものがあるようです。

搾乳するのが痛いと感じているママも、痛くないと好評になっているようですよ。

搾乳器を使うこと自体が痛いと感じる方は、使用している搾乳機を一度変えてみるのもありですね。

手動のものは比較的安く販売されていますが、電動のものは金銭的にお金がかかってしまうことがあります。

電動のものはレンタルもされているので、搾乳に使う搾乳機を電動のものに変えたりレンタルをするなどして負担を減らしてみてはいかがでしょうか。

電動のものも、搾乳する強さを変えることができるので、 自分に合わせて痛みを感じずに搾乳することも可能になりますよ。

SponserdLink

手で搾乳をする方法は?

母乳を飲んでいる赤ちゃん搾乳器が痛い場合は無理に使用せずに、手で搾乳する方法も対処法としては有効なので簡単にできる搾乳方法を紹介していきます。

手で搾乳する場合は自分で力加減も変えることができるので、おっぱいトラブルの時にもおっぱいに負担が少なくなります。

搾乳をする前には乳房を上下左右優しく動かしてマッサージをしてから搾乳をすることでスムーズに出来ますよ。

①まずはおっぱい全体を蒸しタオルで拭く

②片方の手で搾乳した母乳を入れる容器を持って、反対の手で手の親指と人差し指の腹で乳輪の外側から乳頭へゆっくりをしていきます。

③搾乳をする時間は15分から20分程度にしておきましょう。

片岡はずつ時間を決めて搾乳をするよりも、短い時間左右交互に搾乳を繰り返していく方が母乳が出やすくなります。

長時間の搾乳はNG!

また長時間搾乳をしてしまうと、おっぱいを傷つけてしまうことがあるので気をつけましょう。

また、母乳をいっぱい出そうと激しくしたり強くすると痛くなってしまいます。

搾乳することでさらにおっぱいトラブルに繋がらないように、 優しく搾乳をして長時間はやめましょう。

まとめ

赤ちゃんとママ今回は搾乳器が痛い時の対処法とは?上手に搾乳する方法とトラブル改善方法と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

様々な理由で直接授乳をすることができず搾乳をしなければいけない状況になってしまうこともあると思います。

搾乳方法には手でする方法や搾乳器を使う方法がありますが、搾乳をすること自体が痛いと感じてしまうこともありますよね。

正しい方法で、優しく搾乳することで痛みを感じず、おっぱいトラブルも防ぐことができますが、場合によっては、 搾乳によって手に痛みを感じてしまうこともあります。

そんな時は手動でできる搾乳機を使ったり、電動の物をレンタルするなどして上手に搾乳をしていき、なるべくおっぱいトラブルを抱えないようにしてくださいね!

*関連記事*  母乳が出ないのに哺乳瓶拒否を起こす4つの原因と、効果的な対処方法
Scroll Up