ママのケア

産後に骨盤矯正ガードルはいつからつける?必要ある?つけなくてもいい?

赤ちゃんとママ

出産後は骨盤の歪みなどから、自分の体型に悩む方も大勢いますよね。

骨盤ベルトやニッパーなどを使用して歪んでいる骨盤を整えようとしても、お腹やお尻のたるみなどが改善できなくて悩むママも大勢います。

そんな悩みを持っている方には「産後ガードル」をお勧めします。

その産後ガードルについてつける必要性があるのか、産後ガードルはいつからつけるものなのか紹介していきます。

産後ガードルにはどんな効果がある?つける必要は?

ママと赤ちゃんおすすめする産後ガードルには、 出産による骨盤の歪みを整えてくれ、たるんだお腹周りやお尻、 太ももシェイプアップしてくれる効果が期待できます。

妊娠前と出産後では体型も変わってしまい、妊娠前の服が着れなくなったという方も大勢いると思います。

そのような方でもボディラインを補正してくれて服を着やすくしてくれる効果も期待できます。

まずは骨盤ベルトや産褥ニッパーを使用して、歪んでいる骨盤を整えた後に、産後ガードルを使用するといいでしょう。

骨盤ベルトや産褥ニッパーを使用して骨盤が整ってきたら、産後ガードルを使用すると整ってきたままを維持しながらさらにお腹やお尻や太ももも同時に引き締めてくれるダブル効果が期待できます。

産後ガードルは引き締めが強いした気になっているので、まずは産後の子宮の回復や体力の回復などを優先にして問題がなければ使用するようにしてみましょう。

産後ガードルはいつからつけるもの?

赤ちゃんとママ骨盤矯正をしたいと考えている方は、 産後すぐから始めたいと思う方が多いと思います。

骨盤矯正と同時にシェイプアップを期待できる産後ガードルは、早くても産後2週間以上経過してから使用するようにしましょう。

ただし産後の子宮の回復や悪露の状態も個人差があるため、自分の体と相談しながら使用する時期を考える必要があります。

中には子宮の回復や悪露の状態によっては産後1ヶ月から2ヶ月経過してから使用し始めるという方も大勢います。

そして効果が期待できるのも個人差があります。

一般的には体と相談しながら着用をはじめ、体型が妊娠前の状態にほとんど戻った時に着用やめます。

効果が期待できるのもそれぞれスピードも異なるため、3ヶ月で元に戻った方もいれば1年ほど使用したという方もいます。

そして、 骨盤矯正がうまくいき元の体型に戻った後でも、赤ちゃんのお世話で腰に負担がかかり痛みが出てくる方もいます。

そんな時にも痛みをサポートしてくれる効果が期待できるので、使用し始めるのは早くても産後2週間以上経過してから体調と相談し、体型が戻ってからでも腰の負担を軽減するために使用し続けても良いでしょう。

骨盤矯正のために産後ガードルを着用する注意点は?

ママと赤ちゃん産後の骨盤矯正ガードルを着用する際に、注意したいポイントがあるのでご紹介しますね!

締め付けすぎない

早く元の体型に戻したいという方は、 無理をしてでも早く骨盤が閉まるように締め付けようとしてしまうかもしれません。

しかしあまり締め付けすぎてしまうと、血流が悪くなったり、気分が悪くなってしまうことがあります。

ひどい時は子宮脱になってしまうことも考えられます。

血の巡りが悪くなることで新陳代謝も低下してしまい、冷え性やむくみなどの原因になってしまうので、締め付けすぎないように気をつけましょう。

長時間着用し続けない

骨盤矯正のためには、お風呂以外の間はずっと着用しなければいけないものだと考えがちですよね。

今回紹介している産後ガードルは、骨盤矯正をしながら元の体型に戻し、痩せやすい体や太りにくい体にすることが目的として使用するものです。

妊娠中に太ってしまい、早くダイエットして痩せたいと思うかもしれませんが、着用すればするほど痩せるのが早くなるものではありません。

それよりも適切な時間着用しているか、正しい位置で着用しているかどうかで効果が発揮できるものなのです。

日中にずっとつけている場合は、 寝る時は外して寝るなど一日中つけっぱなしということはしないようにしましょう。

産後ガードルに頼りすぎない

また骨盤矯正のためだけではなくダイエットのために、産後ガードルに頼りすぎることで地震の筋肉が衰えてしまう可能性もあります。

産後ガードルと見た目を細くすることができても、 筋肉の衰えからしばらくするとすぐボディラインが崩れてしまうということも考えられるのです。

そのためまずは産後ガードルで骨盤矯正をしながら、運動ができる時期になってきてからは適度なストレッチや食生活の改善なども取り入れて使用するようにするといいでしょう。

まとめ

赤ちゃんとママ今回は産後に骨盤矯正ガードルはいつからつける?必要ある?つけなくてもいい?と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

妊娠前と妊娠をして出産を終えた後の、自分の体型が変わりすぎて戸惑ってしまう方もいると思います。

骨盤矯正をして、早く元の体型に戻したい、出産を機会に元の体型よりももっと理想の体型になりたいなどという気持ちから、 無理をして骨盤矯正に励む方もいると思います。

無理をしすぎて体調を崩してしまったりしては意味がありませんよね。

骨盤矯正で産後ガードルはお勧めですが、 適切な時間や正しい位置で着用することを心がけ、少しずつ効果を実感できるように使用してください。

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆




おすすめ記事