ママのケア

産後母乳出ない、痛い原因はどうして?3つの効果的な解消法を紹介!

母乳を飲んでいる赤ちゃん

出産をした後は、母乳がスムーズに出ないことも多く、お母さんがおっぱいの張りを感じたり、痛いという苦痛を感じることがあります。

母乳育児が軌道に乗ってからでも、赤ちゃんとのリズムが合わなくなってくると胸が張って痛い…。ということもありますよね。

胸が張って痛いのは母乳が分泌されている証拠でもあるのですが、どうして母乳が出ないんだろう?また、赤ちゃんが乳首を吸う力が強くて痛い…。という悩みもありますよね。

そこで今回は、産後母乳出ない、痛い原因はどうして?3つの効果的な解消法を紹介していきます。

産後母乳出ない、痛い原因はどうして?

母乳を飲んでいる赤ちゃん産後1~2日ほどするとおっぱいが全体的にパンパンに張って硬くなります。まだ母乳が十分に出ないのにとても痛い…。という状態になるママがほとんどです。

おっぱいが張るだけでなく、さらにおっぱい全体が熱を帯びたり、痛みを感じることもあります。

私も産後1日後の夜中から急におっぱいが張り始め、ナースコールで「おっぱいが痛いんですけど…。」と看護師さんを呼んでしまいました。

この乳房全体が張って硬くなっている状態は「乳房緊満」と呼ばれており、この原因としてうっ血や乳汁のうっ滞があります。

産後すぐに胸が張って痛いのは、「うっ血」 によるものだと言われており、母乳がいっぱいになって貼っているのではなく、 血液が胸に溜まって張っているのがほとんどだと言われています。

産後の胸の張りや痛みはどれくらい続く?

産後は体のあちこちが痛い時期で、母乳が出ない… 更におっぱいの張りなどでしんどい時を過ごしているという方も多いと思います。

多くのママが産後の入院中の間から張りや痛みを感じることが多いようですが、 産後の胸の張りがあり痛い状態はどれくらい続くものなのでしょうか?

おっぱいが張りすぎて痛い状態は、個人差がありますが、産後すぐから1ヶ月から2ヶ月後頃まで続くことがあります。

母乳育児が軌道に乗ってくると、張りや痛いという状態がだんだんと治まってくるので安心してくださいね!

授乳間隔をあけすぎないように注意!

また、産後のうっ血による胸の張りや痛みが治まってきて、母乳育児が軌道に乗った後でも授乳の間隔が空きすぎたりすると、乳汁のうっ滞が原因として再び張りが強く出て痛いこともあります。

日頃から授乳間隔が空きすぎないように気を付け、もし4時間以上の授乳間隔が空いてしまう場合は、搾乳することで胸の張りや痛みを和らげることができますよ。

母乳育児をしていて、おっぱいが張って痛みを感じたりするのは続くとつらいですよね。

では、胸が張って痛い時にはどのようなことをすると改善されるのでしょうか?

母乳が出ない、痛い時の対処方法とは?

母乳を飲んでいる赤ちゃん次に、母乳育児をしていて母乳が出ない、胸が張って痛い時にできる対処法を紹介します。

①授乳をこまめにする

母乳は赤ちゃんにたくさん吸ってもらうことで刺激を受けて作られる、というのはご存知の方も多いと思いますが、産後すぐは母乳がまだしっかり出なくて当然の時期なんですよ。

この時期でもできるだけ頻繁に赤ちゃんに授乳するようにして、こまめに吸ってもらい刺激を与えましょう。

出産後から生後3ヶ月頃までは、赤ちゃんとの授乳のリズムがなかなか一致しないため、初めは赤ちゃんが泣くたびに母乳をあげるようにすることがポイントと言えます。

また母乳がよく出るようになってきても、 母乳が作られる量と授乳の間隔が合わなくなると、母乳が乳房内に溜まりすぎて胸が張って痛いことがあるので、2~3時間おきに授乳をすることをお勧めします。

3ヶ月頃までは寝ていても起こして授乳が◎

中には、3時間以上も眠り続けるよく眠る赤ちゃんもいて、起こしてまで授乳すべきか?迷うこともあると思います。

この時期は睡眠も大切なので、起こしてまで授乳するのは少し可哀想に感じるかもしれませんね。

でも、生後3ヶ月頃までは授乳間隔を空けすぎない方が良いため、寝ていても起こしてこまめに授乳するようにすると良いでしょう。

しっかりと赤ちゃんが乳房を吸うことで、母乳の量が増えていき胸の張りも和らいでくるため痛みも軽減されてきますよ!

②産後、胸が張って痛い時は冷やすのも◎

また、母乳をこまめにあげたくても、とにかく胸が張ってしまったり、痛い、熱を帯びたようになっている場合は胸を優しく冷やしてあげるようにしましょう。

おっぱい全体が熱を持っている場合は、冷湿布を軽く張るのがおすすめです。

湿布を貼る時は、乳房の上部から脇の下にかけて冷やすことで効果が得られやすくなりますよ!

冷やしすぎには注意!

また、胸が張って痛い場合でも、冷やしっぱなしにするのではなく、必ず3時間以内には授乳か搾乳をして母乳を外へ排出するようにしましょう。

そして強く冷やしすぎてしまうと乳腺を硬くしてしまうので、保冷剤や氷を使用するときはタオルに包むなどして優しく冷やしてあげるようにしましょう。

胸をクールダウンしながら、何度も赤ちゃんに授乳して母乳をたくさん飲んでもらうようにすると改善されるでしょう。

③たんぽぽ茶で母乳の分泌量を増やそう!

産後すぐは母乳育児が軌道に乗らずに胸の張りや痛い状態に悩まされますが、母乳の出が良くなってくれば、おっぱいトラブルに悩む ことも減ってくると思います。

でも、順調に行くまではコツや工夫が必要な場合もありますよね。

胸の張りや痛みが辛い時には、母乳育児の定番でもある「タンポポ茶」を試してみてはいかがでしょうか?

このタンポポ茶には、母乳の手を良くする効果や乳腺炎を予防する効果が期待できるということで昔から多くのママに飲まれてきている健康茶です。

たんぽぽ茶にはビタミンやミネラルが多く含まれており、血液をサラサラにしてくれたり母乳の質を向上してくれる効果も期待できますよ!

産後、母乳育児をしていて張りや痛い状態に悩まされている場合は、他の対処法と合わせて、普段飲んでいる飲み物からたんぽぽ茶に変えてみるのもいいかもしれませんね。

まとめ

ママと赤ちゃん今回は産後母乳出ない、痛い原因はどうして?3つの効果的な解消法を紹介!と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

出産後は妊娠中とは違う、新たな悩みが増えてきますよね。

産後はで体のあちこちが痛い中、さらに母乳育児をしていておっぱいも痛いとなると辛いと感じることもあるかもしれません。

おっぱいの張りを落ち着かせて痛みを和らげるためには、とにかく赤ちゃんにしっかりと吸ってもらうこと、授乳間隔をあけないことが大切です。

また、熱を帯びている時には優しく冷やしてあげることを心がけてみてください。

これらの対処法と一緒にたんぽぽ茶も飲みながら、是非母乳育児を楽しめるようにしてくださいね。

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆




おすすめ記事