ママのケア

母乳育児中にしこりが激痛の時の対処法!痛くないしこりのケア

赤ちゃんを抱いているママ

母乳育児をしていると、しこりができて痛い…。など、おっぱいトラブルの経験をしたことがあるというママがたくさんいます。

この記事を見ていただいているママは、現在おっぱいトラブルで悩んでいる可能性も高いですよね。

母乳育児のおっぱいトラブルの中でも多いのが、授乳中にできやすい「しこり」の悩みです。

「乳房ににしこりがあるけど、痛くないけど大丈夫かな?」
「しこりが痛いけど、ほぐす方法はあるのかな?」
「しこりが取れないけど、マッサージした方がいいの?」

など、悩んでいることはありませんか?

乳房にしこりができると気になりますし、痛いと授乳が辛くなってしまうこともりますし、このしこりを放っておくと乳腺炎になってしまう可能性もあるのです。

今回は、母乳育児中にしこりが激痛の時の対処法!痛くないしこりのケアについて紹介していきます。

母乳育児中にしこりが激痛の時の対処法

赤ちゃんを抱いているママ母乳育児をしているときに起こりやすい、おっぱいトラブルの一つでもある「胸にしこりができてしまう」症状は、授乳中のママの多くが経験しています。

しこりができると痛いこともあったり、熱っぽくなることもあり、心配になったり、乳がんなのでは?と不安になってしまいますよね。

また、しこり自体に痛みはなくても、しこりができてなかなか取れない…。ということもあります。

では、どうして母乳育児中にしこりができてしまうのでしょうか?

痛みのあるしこりは乳腺炎の可能性がある?

触ったりするだけで痛いと感じるしこりは、乳腺炎になる一歩手前の初期症状の一つと考えられます。

乳腺炎になる原因は、様々です。

  • おっぱいの中に飲み残しの母乳がまだ溜まっている
  • 授乳間隔が普段より空きすぎている
  • 赤ちゃんが飲む量よりも母乳が作られる量の方が多い
  • 授乳中の姿勢や飲ませ方が間違っている
  • 乳口が入稿をふさいでしまっている

などがあります。そして 母乳が通る乳管に脂肪の塊(乳栓)ができてしまうと、しこりができて腫れてしまうということがあるのです。

そのため、しこりができて熱を帯びた痛い場合は乳腺炎を疑う必要があります。

痛くないしこりは乳管閉塞の可能性も。

しこりが乳房にできてしまい、痛くないけどなかなかしこりが取れない…。という場合は、「乳管閉塞」の可能性が考えられます。

これは授乳中に乳管が詰まってしまうことにより、痛くないしこりができてしまうのです。

はっきりとした原因は分かっていませんが、カルシウムや脂肪、繊維質などが何らかの理由で凝縮され、母乳が塊になってしまったものだと言われています。

ただ乳腺炎とは違い痛くないですし、熱を帯びることがないため、しこりができてしまっていることに気づかないことがあります。

痛みがあるしこりも、 痛みを感じないしこりも、放っておくと乳腺炎の悪化や 、おっぱいトラブルの原因になってしまうので、しっかりとケアをしましょう。

母乳育児中のしこりが取れない時の対処方法は?

母乳を飲んでいる赤ちゃん授乳中にママの胸にしこりができてしまった時は、母乳に影響を及ぼしたり、重症化する前にしっかりとケアをすることが大切です。

次に、母乳育児中にしこりができてしまった時の対処法を紹介します、

授乳間隔を短くする

しこりが取れない時には、授乳をすることで痛いこともあるかもしれませんが、赤ちゃんにしっかり母乳を飲んでもらうことが大切です。

授乳間隔が長くなってしまうと、 さらに母乳が詰まりやすくなってしまうため、しこりができやすくなってしまいます。

外出時や赤ちゃんが寝る時には特に授乳間隔に気をつけて、 頻繁に授乳するように心がけましょう。

授乳中の姿勢や飲ませ方を正しくする

おっぱいにしこりができてしまうのは、赤ちゃんが飲み残した母乳がおっぱいの中に残ったままになっていることが多いです。

授乳の際には飲ませ方や授乳中の姿勢を工夫するなどして、 おっぱい全体からまんべんなく飲ませるように気をつけましょう。

しこりを解消するためには、母乳を飲ませる時の姿勢も関係しています。

外側にしこりがある時

しこりがおっぱいの外側にある場合は、赤ちゃんの口を少し外側に向くようにして授乳をするように授乳してみてください。

内側にしこりがある時

反対に内側にしこりがある場合には、内側に赤ちゃんの口がむけて授乳するようにしましょう。

上側にしこりがある

おっぱいの上側にしこりがある場合は赤ちゃんを横に寝かせた後、 ママは赤ちゃんの上に四つん這いになって授乳をすると効果があります。

授乳方法がうまくいくと、つまりが取れてしこりも解消するので、色々な授乳の姿勢を試してみてしこり解消を目指してくださいね!

母乳育児中のしこりは、食生活を見直すことも重要!

和食母乳の質や量はママの食事の影響を大きく受けます。

授乳をしている間は脂っこいものや高カロリーのものをママが食べ過ぎていると、 母乳がドロドロになって詰まりやすくなります。

そして、おっぱいにしこりができやすくなり、痛いといった乳腺症の症状が出やすくなると考えられています。

また、特に母乳の出が多いママはしこりができやすいので、注意が必要です。

普段の食事のカロリーを減らしたり、 和食中心のあっさりとした食事を心がけるようにしましょう。

食事と一緒に水分もこまめに摂取することが大切ですが、体を冷やさないためにも温かい飲み物を飲むようにしてくださいね。

しこりを解消するためのマッサージをしよう!

胸にしこりができたときは、適切なマッサージをすることで、しこりが取れて痛みもなくなることがあります。

ただし、しこり自体をもみほぐそうとするマッサージは乳腺を傷つけてしまう恐れがあるのでしてはいけません。

色々なマッサージ方法がありますが、 痛みを伴っている時など自分でマッサージをするのが難しい場合は、母乳外来や助産師さんなどプロの方にお願いをしてマッサージをしてもらうようにしましょう。

そして、しこりから悪化して乳腺炎にならないように気をつけてくださいね!

まとめ

母乳を飲んでいる赤ちゃん今回は母乳育児中にしこりが激痛の時の対処法!痛くないしこりのケアと題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

母乳を授乳していると、しこりは多くのママが経験する可能性があるおっぱいトラブルですが、しこりの中でも痛い場合や、痛みがない場合がありそれぞれ原因・対処法が異なります。

特にしこりが痛い場合は乳腺炎の手前なので、すぐに対処しなければ悪化しやすくなってしまい、母乳育児に影響が出てしまいます。

また痛みがない場合でも、 放っておくとおっぱいトラブルにつながることがあるので、授乳する時の体勢に気を付けたり、マッサージをしてしこりを解消しましょう。

なかなかしこりが取れない時や痛みがある時なども、 なるべく早く対処をしてしこりを解消できるように日頃から心がけるようにしてくださいね!




おすすめ記事