肌着と服装

短肌着は半袖と長袖のどっちがいい?新生児の肌着の着せ方のポイント

短肌着を着ている赤ちゃん

新生児~生後3か月くらいのことに使う短肌着は、長袖と半袖の2パターンが販売されていますが、どっちを買えばいいのかな、と悩んでしまったことはありませんか?

短肌着は長袖か?半袖か?は生まれた季節と住んでいる場所にもよりますが、基本的に短肌着は1枚で着せるものではなく、短肌着+コンビ肌着、短肌着+2wayオールなど重ね着をするものです。

ベビーウェアの下に着る肌着なので、短肌着を準備する時は季節に関係なく半袖のものを準備しておけば大丈夫ですよ。

ここでは、短肌着は半袖と長袖のどっちがいい?新生児の肌着の着せ方のポイントと、赤ちゃんの色々な肌着の種類について紹介します☆

短肌着は半袖と長袖のどっちがいい?

短肌着を着ている赤ちゃん生まれたばかりの新生児の赤ちゃんから着せることが出来る短肌着には、長袖のものと半袖のものがありますが、年間を通して基本的に半袖のものを準備しておけばOKです。

赤ちゃんは繊細でか弱いから、たくさん着せてあげなきゃ!と思わず長袖の短肌着に長袖の長肌着、そのうえからカバーオールを重ね着させてしまうママがたくさんいます。

確かに赤ちゃんはか弱く繊細な存在ですが、実はとても汗かきです。

もともと大人よりも暑い、と思っているのに、大人より重ね着をたくさんさせられて余計暑くなってぐずってしまう、というケースが意外とたくさんあります。

極寒地の冬産まれの赤ちゃんなら話は別ですが、基本的には半袖の短肌着と、そのうえから長肌着もしくはコンビ肌着を重ね着する、という方法がベストなんですよ。

上質な短肌着を選ぼう!

短肌着は赤ちゃんのお肌に直接触れる肌着なので、デリケートなお肌をしっかり守ってくれるように上質なものを選んであげたいですよね。

赤ちゃんの肌は大人の肌の半分の薄さであると言われています。

短肌着は、現在様々な素材でつくられたものが販売されていますが、汗かきな赤ちゃんのためには、空気を通しやすい通気性、汗を素早く吸収してくれる吸湿性に優れた綿素材のものを選んであげるのがおすすめです。

綿100%のダブルガーゼのものや、オーガニックコットンで作られたものはデリケートな肌に優しく、とてもおすすめです。

短肌着の着せ方と選び方のポイント

肌着姿の赤ちゃん一般的な育児書には、短肌着のうえに長肌着、もしくはコンビ肌着を重ね着させてあげるのがよいと書いてあります。

しかし、これはあくまでも一般論です。

あなたの赤ちゃんが夏産まれだったり、暑いところに住んでいる人は、必ずしもこの通りにする必要はありません。

環境によっては、赤ちゃんが暑くなりすぎないように短肌着、もしくはコンビ肌着1枚のみで過ごすことも正しい判断です。

逆に寒い場合には、しっかり重ね着してあげるなど、今置かれている環境をしっかり見極めて、ケースバイケースで肌着を着せて
あげましょう。

また、冬の寒い時期は長袖の短肌着を着せるのも、防寒効果があるのでおすすめです。出産準備として短肌着を準備するときは6~10枚あれば安心です。

こまめな着替えでお肌を清潔に保とう!

出産準備をするにあたって、短肌着は10枚程度用意しておくと安心です。

え?そんなに?と思うかもしれませんが、赤ちゃんは本当によく汗をかきます。

それに、ミルクの吐き戻しや、まれにオムツ汚れ等があって本当によくお着替えをすることになります。

おまけに育児中は赤ちゃんのお世話が大変で、なかなか家事まで手が回らず、洗濯がすぐにできないという可能性も…。

洗い替えも含めて、10枚程度もっておけば、いざという状況に対応できるとおもいます。

短肌着を使う期間はそう長くはないのですが、はじめての赤ちゃんに短肌着を準備するときは、基本的に半袖のものを選び、季節に応じて長袖が必要な場合は買い足すのがおすすめです。

SponserdLink

赤ちゃんの短肌着・長肌着・コンビ肌着の違いと選び方

コンビ肌着を着ている赤ちゃん産まれてくる赤ちゃんのために、出産前に肌着や服装、ベビー用品を揃えるのも1つの楽しみですよね!

その中でも肌着は必需品なので早めに購入を検討するプレママも多いと思いますが、短肌着・長肌着・コンビ肌着など色々な種類があり、違いと選び方が分からないママも多いはず。

どれも同じように見える新生児の赤ちゃん用の肌着にも、特徴と着せ方に違いがあります。

次に、短肌着・長肌着・コンビ肌着のそれぞれの特徴・違いについてご紹介します☆

 肌着の定番!短肌着と長肌着の違い

ベビー用品を準備していると必ず目にするこの3つの肌着。一体なにが違うのか、しっかり把握できていますか?

まずは短肌着。これは新生児期に使う一番主となる肌着で、丈が腰くらいまであり、打掛タイプで紐を使ってとめられるようになっている肌着です。

主に赤ちゃんの汗を吸い、清潔に保つための肌着で、寒いときにはこの上に何かを重ね着するのが一般的です。

そして、長肌着とは、短肌着と同じように着る肌着ですが、丈が足ほどまであり、主に短肌着の上に着て寒さを和らげるためのものに
なっています。

これらはどちらも、紐を引けばすぐに前がおおきく開くので、オムツを頻繁に変える新生児期には特に重宝する肌着です。

動いてもへっちゃら!コンビ肌着

コンビ肌着は見た目は長肌着とよく似ていて、丈が長い肌着です。

長肌着と違い裾が分かれていて、赤ちゃんの足の形に沿うように広がっていることと、スナップで股下を止められることが大きな違いです。

しかし、赤ちゃんがよく動くようになってくると、紐だけでは結びにくくまた、ほどけやすいのが難点です。

そうなってしまった時に登場するのがコンビ肌着です。

コンビ肌着はボタンで股下を留めることができるようになっているので、赤ちゃんの動きで下着がまくれ上がることはなく、お腹が出てしまうこともありません。

最近よく足をバタバタするようになったなあ…と思ってきたら、コンビ肌着に変えてみるといいかもしれませんよ

おすすめのコンビ肌着

CHECK【秋冬用】コンビ肌着のおすすめ5選│選び方・着せ方ののポイントも紹介!

まとめ

今回は短肌着は半袖と長袖のどっちがいい?新生児の肌着の着せ方のポイントと題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

新生児の赤ちゃんの基本の服装の着せ方は、「短肌着」+「コンビ肌着」+「ベビー服」になりますが、暑い時には「短肌着」+「ベビー服」にしたり、臨機応変に肌着の種類を変えていくようにしましょう。

また、赤ちゃんは大人よりも体温が高く汗をかきやすいので、背中に手を入れて短肌着がじんわり湿っているようならすぐに肌着を着替えさせてあげるようにしてくださいね、

短肌着・長肌着・コンビ肌着それぞれの違いを上手に活用して、赤ちゃんが快適に過ごせるようにしてあげましょう☆

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました!

*関連記事*  カバーオールとフィットオールの違いとは?着せ方と選び方のポイント
Scroll Up