梅雨の服装とケア

赤ちゃんの梅雨の過ごし方!おすすめの5つの室内遊びの方法を紹介!

雨が降り続く梅雨時期は、小さな赤ちゃんがいると雨に濡れて風邪を引かせてしまうのも可哀想だし、あれこれ支度をするのも面倒になってしまい、ついつい家の中で過ごしがちになってしまいますよね。

でも、赤ちゃんは常に何らかの刺激を求めているので、雨で外に出る機会が少ない梅雨は、ストレスがたまって機嫌が悪くなることも多いですよね。

また、グズグズしがちでママもイライラしがちで悪循環…

そんな時は、雨の日だからできる過ごし方をして赤ちゃんとママのストレスを発散しましょう!

今回は、梅雨時期の赤ちゃんとの過ごし方と、家の中で楽しめる5つの遊びの方法について詳しく紹介します☆

梅雨の赤ちゃんとの過ごし方はどうする?

窓の外を見ている赤ちゃん梅雨の時期になり雨の日が続くと、赤ちゃんとの過ごし方に困ってしまいますよね。

外は雨続き。体を動かしたり外の空気を吸って自然を感じることができる日が少なくなるこの時期、赤ちゃんのストレスを室内でどうやって発散してあげればいいのでしょうか。

雨続きで外に出たくても出れず、赤ちゃんもお母さんもストレスがたまってしまう…

そんな時にこそ過ごし方を少し工夫して、室内で楽しめる遊びをして、赤ちゃんに新しい刺激を与えてみましょう!

①手軽な新聞紙遊び

梅雨の時期に赤ちゃんと自宅での過ごし方でお勧めなのが、新聞紙を使った遊びです。

新聞紙と言えば読んでしまえば後はリサイクルに出すだけと言った人も多いのですが、この新聞紙が実は赤ちゃんが子供との遊びに大活躍してくれますよ。

児童館などでもよくされる新聞紙を使っての遊び方は、とにかく新聞紙をびりびり破る! これが思いのほか小さな子どもたちに大人気です。

新聞紙をとにかくやぶって小さくしてそれを雪のように上にばらまいてかぶってみたり、ちぎったものを寝転がった自分の上にひいてお布団にしてみたり・・・。

新聞紙一つで赤ちゃんや子供たちはたくさんの遊びを見つけるだけでなく、新聞紙を破るという動作は手先の発達にもつながります。

大人も意外とストレスが発散できるのでぜひ、梅雨の時期の赤ちゃんとの過ごし方に使ってみてはいかがでしょうか。

②折り紙で色のお勉強☆

カラフルではっきりしたものが大好きな赤ちゃんには、折り紙も雨の日の室内遊びとしてオススメです。

折り紙を折って楽しむのもいいですが「どれがスキ?」などと話しかけて、色のお勉強をしてみるのもいいですよ。

梅雨時期はストレスが溜りがちなので、折り紙をくしゃくしゃに丸めて投げたりして遊ぶのも、赤ちゃんが喜ぶ楽しい過ごし方です☆

③ビニール袋で音遊び♪

赤ちゃんはビニール袋が出る音が大好きですよね。

なぜならビニールのガサガサする音は、お腹の中にいたときの感覚に似ているからのようです。

ビニール袋を膨らませずに手で丸めて音を出すだけも赤ちゃんは楽しめますが、膨らませれば風船にもなりますよ。

中にカラフルなボールや鈴などを入れてあげても喜ぶので楽しい過ごし方です。

④段ボールでごっこ遊び!

ダンボールを捨てずにとっておくと、雨の日の室内遊びとして大活躍してくれます。

赤ちゃんを段ボール箱の中に入れて電車ごっごや、お船さんごっこをするのも梅雨時期の楽しい遊びの1つです。

子供は狭いところが好きと言いますが、段ボールが一つあれば意外と夢中で遊んでくれたりしますよ。

そのほかにも、段ボールに絵を書いてお家に見立てたり、ままごとごっこをするのもおすすめです☆

⑤児童館で楽しく過ごす

外に出られない梅雨時期の赤ちゃんとの過ごし方に困ったら、児童館に出かけてみましょう!

児童館には同じくらいの年齢や月齢の赤ちゃんや子供たちが遊んでいるので、赤ちゃんは様々ないい影響を受けます。

また、児童館に行くとお母さんたちとのコミュニケーションも自然と取れるようになるので、母子でリフレッシュできておすすめですよ。

雨が続く梅雨時期は、赤ちゃんを連れての外出は億劫になりがちですが、たまには外出をするのもストレス発散になりますよ☆
Sponserd Link

赤ちゃんと梅雨時期に外出する時の雨対策はどうする?

傘をさしているママ赤ちゃんとの梅雨対策や、雨の日の過ごし方について周りのお母さんたちはどんなふうに過ごしているのか気になりますよね。

梅雨の時期はじめじめして、赤ちゃんと過ごすには何かと対策が必要です。

例えば、雨が降っていたとしても外出しなければいけない時は、赤ちゃんが雨に濡れてしまわないように移動手段ごとの対策が必要になりますよね。

また、雨続きで外出するのが億劫になってしまいがちですが、家にこもっているより気分転換がてら工夫をしながら赤ちゃんと外出してみましょう!

ベビーカーの雨対策はレインカバーが大活躍!

赤ちゃんと梅雨時期に外出する時の雨対策は、ベビーカー用のレインカバーや、抱っこ紐用のレインカバーが人気です。

レインカバーを付けると雨から濡れずに済むので、梅雨時期でも赤ちゃんを連れて外出することができますよ。

ベビーカーにさっとかぶせるだけで雨風から守ってくれるので、とても便利です。

梅雨時期の雨対策だけでなく、年間を通して使える雨対策としても1つ持っていると重宝するアイテムですよ☆


 

SponserdLink>

まとめ

いかがでしたか?ここで紹介した遊びは、家で赤ちゃんと簡単にできるものなので、雨続きで家の中で何をしたらいいんだろう…と困った時に是非参考にしてみてくださいね!

でも、雨が降っていても家の中にずっといると赤ちゃんだけでなくママもストレスがたまってしまいます。

そんな時は児童館や室内遊具があるスペースに赤ちゃんを連れ出してリフレッシュすることも大切ですよ、

とは言え、雨が強い時は無理をして外出せずに、お家の中でお風呂で水遊びをしたり、いつもはできないふれあい遊びをしてあげましょう。

梅雨対策として何かをしなければいけない!という事はないのですが、赤ちゃんとママがリフレッシュできることを探して楽しく梅雨時期を乗り切りましょう☆
Scroll Up