赤ちゃんのお世話

寝返り返りはいつからできる?練習の方法と注意したいポイント

寝返りは赤ちゃんの成長過程の一つで、一般的に5~7ヶ月頃に出来るようになる赤ちゃんが多く、仰向けの状態からうつ伏せの状態へ体を捻らせて反転することを言います。

赤ちゃんが上手に寝返りが出来るようになったら、次のステップである「寝返り返り」の番ですが、いつからできるのが一般的なのでしょうか?

「寝返り返りって何?最近耳にしたけど、意味がわからなかった・・・」「寝返りは上手にできるけど、寝返り返りの練習方法がわからない・・・」というママもいらっしゃるかもしれませんね!

ここでは、赤ちゃんの「寝返り返り」についてと、いつからできるのか?簡単にできる練習方法について紹介します☆

寝返り返りはいつからできる?

寝返りをしている赤ちゃん赤ちゃんが仰向けの状態から、うつぶせになるのを「寝返り」というのに対し「寝返り返り」とは、うつぶせの状態から、仰向けの状態に戻ることをいいます。

つまり、横にコロコロに転がるということになりますね!

寝返り帰りはうつ伏せの状態からただ戻るだけとは言え、うつ伏せから仰向けになるためには、腕や腰、足の筋肉がしっかりと発達していないと出来ないため、いつからできるかは個人がが大きいものです。

赤ちゃんにとっては、寝返りよりも難しい事なのですが、少しサポートしてあげるだけで上手にできるようになるので、練習をしてみましょう!

寝返り返りの練習方法

赤ちゃんが寝返りが上手にできるようになったら、寝返り返りの練習をはじめましょう!

いつから寝返り返りの練習をはじめるかについては、寝返りが左右両方できるようになってからスタートするのがおすすめです。

練習方法は、赤ちゃんをうつ伏せにし、顔が向いている方向と反対側の肩が下になるようなイメージで、腰を支えて優しくユラユラと揺すり、横向きにします。

次に、肩と腰を手で支えてあげながら、ゆっくりと仰向けの状態に戻します。これで寝返り返りの完成です!

簡単にできる練習方法ですが、赤ちゃんに早く寝返り返りをさせたいからと言って無理にさせたりするのはやめましょう。

力を入れて体をひねらせてしまうと肩が脱臼したり、腰を痛めてしまうことがあるので注意してくださいね!

決して目を離さないようにしましょう!

寝返りをしている赤ちゃん寝返りが上手に出来ても、寝返り返りが出来ないようでは、赤ちゃんはうつぶせのまま体を起こすことが出来ないため、窒息や乳幼児突然死症候群などの危険が伴います。

寝返り返りがしっかりと出来るようになるまでは、万が一の事故を防ぐためにも決して赤ちゃんから目を離さないようにしましょう。

どうしても、目を離さなくてはならない時には、寝返り防止クッションを使用するのがオススメです。

寝返り防止クッションは円柱型のクッションで、赤ちゃんを挟み込み寝返りを阻止してくれるのでとても便利ですよ!

寝返り返りするのはいつ頃が平均的?

寝返りをしている赤ちゃん赤ちゃんの成長段階の一つとしてよく耳にする「寝返り」「寝返り返り」ですが、いつからできるようになるのか?と、楽しみにしているママが多いと思います。

しかし、なかなか寝返り・寝返り返りができずに不安に思っているママもいらっしゃると思います。

では、赤ちゃんが寝返り・寝返り返りを出来るようになるのは、いつ頃が平均的なのでしょうか?

ここでは、寝返りが出来るようになる時期についてご紹介します。

寝返りができる時期は、4~6ヶ月頃が平均的

「寝返り」とは、首が据わり、お座りが出来るようになるなるまでに行われる、赤ちゃんの成長過程の一つです。

赤ちゃんは、生まれてからしばらくは仰向けの状態を続けますが、首が据わり、手足の動きが活発になると、体をねじりながら仰向けの状態からうつ伏せの状態へと体を反転させ、寝返りをします。

赤ちゃんが初めて寝返りをする時期は、個人差がありますが、平均的に生後4ヶ月~6ヶ月と言われています。

寝返り返りは寝返りができるようになってから、1~2ヶ月でできるようになる子が多いようですが、個人差があるのであまり気にしすぎないようにしてくださいね。[/chat]

「いつ頃できるか?」は、個人差が大きい

寝返りをしている赤ちゃん体が軽く活発な赤ちゃんですと、3~4ヶ月頃に寝返りができるようになり驚くこともあります。

逆にぽっちゃりとした赤ちゃんは、体が重くてなかなか反転できず、生後6~7ヶ月頃に寝返りができるようになることもありますよ。

寝返りをしないでそのままお座りをする子もいるように、赤ちゃんが寝返りができる時期はいつから、というのはあくまでも1つの目安なので、気にしすぎなくても大丈夫です!

仰向けの状態の赤ちゃんが足の指を掴んだり、体をねじらせるようになったら、もうすぐ寝返りができるサインなので、優しく足首を持って寝返りをする方向に動かしてサポートしてあげましょう。

ただし、早く寝返りをさせたいからと言って、無理に寝返りの練習をさせると、赤ちゃんが寝返りに対して恐怖心を持ってしまいますので、あくまで赤ちゃんの成長スピードに合わせるようにしてくださいね☆

まとめ

寝ている赤ちゃんとママ今回は寝返り返りはいつからできる?できない時の練習方法と注意点と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

多くの赤ちゃんが生後5~6ヵ月くらいには寝返りができるようになりますが、8~9ヶ月で寝返り返りができるようになる事もあり、個人差が大きく出るのが寝返り・寝返り返りの特徴です。

なかには、お座りを始めるまで寝返りをしない子もいますが、それも1つの個性ですよ。

なかなか寝返りをしないからといって、「いつまでもできないのは、障害があるのかも?」などと、あまり神経質にならないようにしましょう!

また、寝返りをせずにお座りにいったとしても、お座りがしっかり出来ているようなら、問題ありませんので、心配せずに赤ちゃんの成長を見守ってあげてくださいね♪

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました!

Scroll Up